FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 流れは変わるか? ポスト鳩山で小沢氏周辺が樽床氏を支持、そして韓国統一地方選で与党のハンナラ党が大敗
2010年06月03日 (木) | 編集 |



民主党代表選への出馬を表明した
樽床伸二衆院環境委員長(写真左)と菅直人副総理兼財務相。
4日昼には新代表が決まる運びだ(3日夕、東京・永田町の同党本部) 
【時事通信社】




■民主党代表選挙の下馬評では菅副総理が優勢になっているので
今朝Twitterに「ポスト鳩山。かつてロシアのエリツィン大統領が後継にプーチンを
指名して、世界中が Who is Putin? と驚いたように、思い切った斬新な人事が必要だ。
私が民主党の幹部だったらそうするが…。 」と書き込んだ。

その後テレビを見たら、樽床伸二衆議院環境委員長も立候補したとのこと。
これには私の方が、Who is Tarutoko? だわ (;^_^A
名前は知っているが、どういう人物かまではわからない。
顔が森田健作に似ているのでちょっと萎えたが、エリートでないところは好感度大か。

さらに夜のニュースで、小沢幹事長に近いグループがこの樽床氏を支持する方針と聞いて
エエッと驚いた。自分で思い切った人選をと書いて驚くってのも変だけど。
いずれにせよ、もうすぐ決着がつくわけだし、さらに一波乱あるのかどうか…。
う〜ん。それにしても小沢氏、おそるべし(^^)


    NHK 6月3日
      http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100603/t10014889471000.html 

        菅氏と樽床氏 立候補を表明

 鳩山総理大臣の辞任表明を受けて、4日に行われる民主党代表選挙をめぐって、菅副総理兼財務大臣と樽床伸二衆議院環境委員長が記者会見して立候補を正式に表明しました。また、動向が焦点となっていた小沢幹事長に近いグループは、樽床氏を支持する方針を決めました。(中略)

 菅副総理は、記者会見し、「日本再生というたいまつを鳩山総理大臣から引き継いでそれを実現につなげていくために代表選挙に立候補する」と述べ、立候補を正式に表明しました。
 一方、三井国会対策委員長代理や松本衆議院議院運営委員長ら、衆参の国会議員およそ40人が会合を開き、樽床伸二衆議院環境委員長を推すことで一致しました。そして、樽床氏は、記者会見し、「去年8月の政権交代で、自民党的な政治にノーがつきつけられ、民主党に対して新しい政治が期待されている。わたしが代表に就任した際には、最初に衆議院の定数を80議席減らすことに取り組みたい。世代交代を進め、過去のしがらみと慣習にとらわれない社会を作っていきたい」と述べ、代表選挙への立候補を表明しました。
 また、樽床氏は、普天間基地の移設問題に関連して「日米合意の内容は守っていかなければならないが、同時に、着実に沖縄の負担を減らす方向で究極の理想に向けて根気強く、のみとトンカチで穴を開けていきたい」と述べました。 さらに樽床氏は、小沢幹事長との関係について「親小沢か反小沢かという二極に分ける考え方には立たず、それを乗り越えていかなければならない。どういうグループに居ようと仲間だ」と述べました。
 こうしたなかで、小沢幹事長に近い議員グループでは「民主党が変わったことを国民に示すことが必要だ」として、鳩山内閣で副総理を務めている菅氏ではなく、樽床氏を支持する方針を決めました。(中略)

 樽床伸二氏は、大阪12区選出の当選5回、50歳。松下政経塾の出身で、平成5年の衆議院選挙で旧大阪7区に、当時の日本新党から立候補して初当選しました。民主党では、国会対策委員長代理や民主党「次の内閣」の国土交通大臣を歴任し、現在は、衆議院環境委員長を務めています。








    

両方とも東京新聞より
写真右:韓国の統一地方選を終え、辞意を表明したハンナラ党の鄭夢準代表(右)
=3日午前、ソウル市内で(聯合・共同)



■もう1つの特筆すべきニュースがこれ。
2日に投票が行われた韓国の統一地方選挙は、事前の予想に反して与党のハンナラ党が
大敗した。あの哨戒艦沈没事件で北朝鮮への強硬姿勢を取りすぎたイ・ミョンバク政権
への反発が招いた結果という分析だ。
韓国の人々は政府やメディアの扇動にだまされず、冷静にこの事件を見ていたわけだ。
米軍基地問題も、同じ悩みを抱える国同士、日本と韓国は協力し合って米国に対抗して
いけば、解決への糸口もより早く見えてくるのではないだろうか。


    NHK 6月3日
      http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100603/t10014873761000.html

        韓国の統一地方選 与党が大敗

 韓国で2日に投票が行われた統一地方選挙は、3日午前までの開票の結果、与党のハンナラ党が大敗し、哨戒艦沈没事件を受けて強硬策に転じたイ・ミョンバク政権は北朝鮮に対する政策の見直しを迫られる可能性も出ています。

 韓国の統一地方選挙は、首都ソウルなど7つの大都市の市長と、日本の県に当たる9つの道の知事などを決めるもので、2日に投票が行われ、3日午前までに開票作業を終えました。このうち、ソウルの市長選挙は、与党・ハンナラ党の現職、オ・セフン候補が接戦の末、野党・民主党の女性候補ハン・ミョンスク元首相を破りました。しかし、ハンナラ党は、主な16の首長ポストのうち、獲得できたのは、4年前の前回選挙の半分の6つのポストにとどまるなど、大敗を喫しました。
 今回の選挙では、哨戒艦沈没事件を受けての対応など、対北朝鮮政策が最大の争点となり、与党側は、南北の交流の中断を決めたイ・ミョンバク政権の姿勢をアピールしました。これに対して、野党側は、沈没原因をめぐる調査の結論を告示の日に合わせて発表するなど、与党が事件を選挙に利用しているなどと批判した結果、軍事境界線に接するカンウォン道で野党の知事が誕生するなど、今の政権の強硬策に不安を抱く人が少なくないことが浮き彫りになりました。 イ・ミョンバク政権は、当面、北朝鮮に対する圧力を緩めない方針ですが、今回の選挙での大敗を受けて、今後、政策の見直しを迫られる可能性も出ています。





■ところが韓国内のこうした変化の一方で、オバマ大統領は未だに北朝鮮非難に
言及している。
地方選の結果を見たあとで、この発言がどう変化していくのか、日本の基地問題
も含めて見守っていきたい。


    時事通信 6月3日
      http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010060300225

      「北の責任追及」と強調=哨戒艦事件で米大統領

【ワシントン時事】オバマ米大統領は2日、米民間団体コリア・ソサエティーの晩さん会にビデオメッセージを寄せ、韓国の哨戒艦沈没事件について、「北朝鮮によるいわれのない侵略行為」と非難、国連安保理などを通じ、同国の責任を追及していく方針を改めて表明した。
 大統領はこの中で、李明博大統領と韓国国民が今回の事件で「すばらしい忍耐と自制を見せた」と称賛。韓国の対応を全面的に支援するとした上で、「韓国の安全保障と防衛に対する米国の決意は決して揺らがない」と強調した。







スポンサーサイト