FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 民主党の生方副幹事長解任は当然である
2010年03月19日 (金) | 編集 |

生方逝き夫




■本日はクロマグロの禁輸案が否決された朗報を書くつもりだったが
上のヒトがテレビ画面でも暴れまくっているらしいので(健康のため、この顔が出る前に
テレビを消した) ちょっとだけ記してみたい。


■発端は、17日にこのヒトが産経新聞のインタビューでペラペラしゃべったことにある。
読売新聞出身のヒトが産経新聞にチクるとは、これいかに。ま、お仲間同士だけど。

生方「地方分権にしようと言っていたのに、民主党の運営はまさに中央集権です。
   今の民主党は権限と財源をどなたか一人が握っている」

「どなたか」って回りくどい言い方しないで、ズバッと名前を出せばいいのに。
「権限と財源をどなたか一人が握っている」って、結局オレにも回してくれって駄々こねでしょ。


■さらにこんなことも。

生方「鳩山総理大臣は、小沢幹事長を呼んで、党が中央集権になっていることをきちんと
   注意してほしい」

なんで鳩山首相が注意しなくちゃならないわけ? 
自分こそ副幹事長という立場にあるくせに、なぜ直接小沢幹事長に言わないのか不思議。
あ、怖くて面と向かって言えないから、同じ名前のゆきおちゃんに頼んだわけか。


■さらに驚くべきことに、このヒトに辞任するよう求めた高嶋筆頭副幹事長とのやりとりを
ICレコーダーにこっそり録音してテレビ局に流したらしい。確信犯か。
こんな卑怯なスパイもどきのことをしちゃあ、誰だって怒るのが当然。


■NHKニュースが、民主党の閣僚たちの反応を報じている。

   NHK 3月19日
     http://www3.nhk.or.jp/news/k10013306461000.html

        生方氏解任 閣僚から発言

(略)直嶋経済産業大臣は「副幹事長は、言いたいことがあれば直接言える立場であり、まずは幹事長室の中で発言することが先ではないか。慎重に立場を踏まえて発言するべきだ」と述べました。
小沢環境大臣は「幹事長代理を辞任した自民党の園田博之氏のやり方が、職業人としてのやり方だ。生方さんも園田さんのように、みずから辞めてけじめを取ってから発言したほうがよかった。解任はしかたがないのではないか」と述べました。

前原国土交通大臣は「議員の言論は自由でなければいけないが、組織人としての一定のルールというものもある」(略)
原口総務大臣も「自由な発言の中にも、立場というものがある。お互いにチームを信じ、建設的な議論をするのが民主党だ」と述べました。

一方で、枝野行政刷新担当大臣は「生方さんの発言のどこに副幹事長を直ちに辞めなければならない部分があったのか、首をかしげている。民主党や民主党政権に対する支持率には、プラスに働かないのはまちがいない。また、何か言ったらポストを外されるのではないかと発言を抑制するような人は、政治家の資格がない」と述べました。

川端文部科学大臣は「党が一体となって一致結束していることが大事であり、民主的な運営をしっかりとやってほしい」と述べました。(後略)




■最初の直嶋、小沢両氏の発言が最も的を得ていると思う。
真ん中で、いつもながらの浮いた発言をしているヒトもいるけど。

それにしても、自ら辞する覚悟もないのにペラペラと外部で党内批判するとは。
議員の皆さんが好きな坂本龍馬がいた時代なら、間違いなく切腹ものでしょ。
いつまでも中でグタグタ言ってないで、反小沢議員の諸君はさっさと民主党から出て行って
自分たちの理想の(もし理想があるなら)党を作って、思う存分政治手腕を発揮していただき
たい。
そこで小沢氏以上の素晴らしい実績を上げられれば、私たち有権者も納得できるだろうから。




スポンサーサイト