FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 船橋の猫たちと再開(=^・^=)
2010年01月18日 (月) | 編集 |

■所用のついでに、実に5年ぶりに実家を訪れた。
東京駅まではしばしば行けるのに、そのちょっと先の千葉県には
旅館という仕事時間の制約があって、なかなか足を伸ばせないのが辛い。
わずか30分ほどしか滞在できなかったが、ずっと一緒に過ごしてきた猫たちとも再会して、
ちょっぴりハッピーな気分にひたれたのだった







今年の7月で御年12歳になる女王ミラさま
家の中で一番えらい?
以前は美人猫と評判だったが
最近は毛艶も衰え、ミカン箱暮らしがお好みになったとか
なんか鼻が擦り切れてるし…。
湯河原の外猫のチャチャや内猫のハナによく似ている。
ただしプライドの高さと気難しさでは、ミラがダントツで一番。






   

ミラさまの配下たち。
私の姿を見かけて、いっせいに物置部屋へと逃げ込んだ
長年の恩を忘れた薄情ものめらっ!
左:父のお気に入りのアーニャ。動物病院で生まれたのを譲り受けた。
病院ではアーニャの父母と祖母の猫も暮らしている。
避妊手術後に巨大化したが、庭で小動物を捕らえるのが得意。
中:もっとも年若いコタマ。外猫のタマオの娘。
タマオ(元の名はスズキムネオ)は、外に置いたムネオハウスならぬ
ダンボールのタマオハウスでしばらく暮らしていた。
コタマはうちのキキによく似ているが、キキより大胆で物怖じしない性格とか。
右:私が根気よく手なずけて飼い猫にしたプーチン。唯一のオス猫。
ロシアのプーチン大統領(当時)の名前をもらった(^^;
子猫だった頃、外猫のボスのノナカヒロムとカメイシズカにいじめられた
トラウマで異常に用心深い。
この日は物置部屋の隅に隠れてとうとう姿を現さなかったので
仕方なく昔の写真をアップ。
おまえが一番薄情ものだわ







スポンサーサイト