FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 人間のための経済 新たな経済成長戦略「輝きのある日本へ」
2009年12月30日 (水) | 編集 |



成長戦略策定会議であいさつする首相(左手前から2人目)。
「日本はこの道を進めば大丈夫だという自信、希望を(国民に)持っていただく。
人間のための経済に変えていかないといけない」と述べた(30日、官邸)
(時事通信)






NHKニュースより。



■大手メディアによる鳩山政権ネガティブ・キャンペーン(反鳩山・反小沢)が
連日繰り返し放送されているため、すっかり気分もになっていたが
ようやく明るい話題がドンと出た。
こういう元気が出る、前向きな指針を国民は待ち望んでいたのだ(^-^;


    時事通信 12月30日
     http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&rel=j7&k=2009123000223

     100兆円超の需要創造=成長戦略、400万人を新規雇用-政府

 政府は30日、臨時閣議を開き、鳩山政権の新たな経済成長戦略「輝きのある日本へ」の骨格となる基本方針を決定した。2020年までに環境、健康、観光の3分野で100兆円超の需要を創造して400万人以上の新規雇用を創出する目標を提示。基本方針の冒頭で、政治的リーダーシップで新成長戦略を実行する決意を「新需要創造・リーダーシップ宣言」として掲げた。
 今後、目標達成に必要な施策の具体化作業を進め、実行計画となる行程表を作成。複数年度予算を視野に入れた中期財政フレームの策定と合わせて来年6月をめどに新戦略をまとめる。
 鳩山由紀夫首相は、臨時閣議に先立って開いた成長戦略策定会議で「日本はこの道を進めば大丈夫だという自信、希望を(国民に)持っていただく。『人間のための経済』に変えていかないといけない」と述べた。
 新戦略は、地球温暖化、少子高齢化という二つの課題を解決する対策を、需要と雇用を生み出す機会と位置づけた。日本の技術やシステムを輸出してアジアの経済成長を後押しし、外需を獲得していく方針も示した。その上で、「環境・エネルギー」のほか、「健康」「アジア」「観光・地域活性化」「科学・技術」「雇用・人材」を戦略分野と位置付け、20年までの達成目標と主な施策の方向を示した。
 経済成長率については、年平均で名目3%、物価変動の影響を除く実質で2%以上を実現し、20年度の名目GDP(国内総生産)を現在の1.3倍超の650兆円程度へ高めることを目指す。国民の「幸福度」を表す新たな指標も開発する。  環境・エネルギーでは、50兆円超の需要と140万人の新規雇用、日本の技術で世界の温室効果ガスを13億トン以上削減する目標を示した。医療・介護・健康関連では約45兆円の需要と約280万人の新規雇用を目指す。
 これらの分野で技術革新を推進し、官民合わせた研究開発投資を20年度までにGDP比4%以上とする。大型連休を地域ごとに分散して観光需要を引きだす「ローカル・ホリデー制度」(仮称)の検討も明記。女性が子どもを育てながら働き続けられる環境づくりにも取り組む。




    NHK 12月30日
      http://www3.nhk.or.jp/news/t10014727243000.html

        新経済成長戦略 基本方針決定

(前略)具体的には▽太陽光など再生可能なエネルギーの全量買い取り制度の実施などによって、2020年までに新たに50兆円を超える環境関連産業の市場と140万人の雇用を創出する、▽医療や介護産業の海外展開の促進などで新たに45兆円の市場とおよそ280万人の雇用を創出する、さらに、▽アジア経済戦略では、貿易や投資の自由化などでアジア全体の所得の倍増を目指すなどとしています。また、▽科学・技術では、環境・エネルギー分野での技術革新を進めるため、研究開発への投資を官民あわせてGDP比で4%以上に伸ばすことにしています。

(中略)鳩山総理大臣は記者会見し、「今までの成長戦略がなぜ失敗に終わったのかは、経済のために人間が動かされていたからではないか。発想は逆で、人間のための経済でなければならない。国民から何が求められているのか考え、それにあわせた国造りを行い、政府はその後押しをする。ある意味で友愛精神に基づいた人間のための経済が、この国をしっかりとつくり上げていくことができると考えている」と述べました。そのうえで鳩山総理大臣は「計画を作っても政治的な実行力がなければ絵に描いたもちだ。いかにして官民一体となってやり遂げていくか。新たな政権の実行力が試されるときだ。何としてもやりきるという思いだ」と述べました。




■これまで自民党や各メディアから、鳩山政権には経済成長戦略がないと
散々こき下ろされてきた。
その中での基本方針の発表である。
温暖化については、私は科学的根拠が薄いと批判的に考えているが、
これを成長戦略のきっかけにするのなら、嘘も方便で十分OKだと思うし
これが大人の政治的駆け引きというものだ。

■また冷えきった観光業の後押しとしての「ローカル・ホリデー制度」に期待したい。
自民党のおバカ施策の「高速道路休日1000円」も近々廃止されるようだし
これで少しは関東周辺の観光も潤うだろう。
ついでに「ハッピー・マンデー」も廃止になれば、さらに集客が分散できて
うれしいのだが。
この件だけでも、今後の鳩山政権に大いに期待したい(^_^)








スポンサーサイト