FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 グルジア政府が対ナチス戦勝記念碑を破壊
2009年12月29日 (火) | 編集 |



いずれの写真も朝日新聞より。
左:グルジア西部クタイシの対独戦勝記念碑=2007年4月撮影、ロイター
右:重機を使って破壊される対独戦勝記念碑=ロイター





破壊された対独戦勝記念碑=ロイター




■まったく何を考えているのやら…(゜Д゜)
性懲りもなくロシアを挑発し続ける、グルジアのサーカシビリ政権。
グルジア議会を移転するという名目で、移転場所に建っている戦勝記念碑を
爆破したのだ。
それもサーカシビリ大統領の誕生日である12月21日に解体完了を目指していた
のだから、議会野党からも反発の声があがっている。
しかもこの解体作業中に飛び散った破片で、少女を含む死傷者が出た。



   朝日新聞 12月20日
     http://www.asahi.com/international/update/1220/TKY200912200167.html

     グルジア政府、対ナチス戦勝記念碑を破壊 ロシアは反発 

【モスクワ=副島英樹】グルジア政府は19日、西部クタイシにある第2次世界大戦の対独戦勝記念碑「栄光のメモリアル」を爆破・解体した。同政府と対立するロシア外務省は声明を発表し、ナチズムと戦った旧ソ連兵士やグルジア人を侮辱するものだ、と強く批判した。
 グルジアからの報道によると、記念碑は高さ46メートルの鉄筋コンクリート製で、ソ連時代の25年前に建立された。
 昨年8月のグルジア紛争でロシアと軍事衝突し、南オセチアなどを事実上失ったサアカシュビリ大統領は首都トビリシで、野党勢力による反政権運動にさらされている。大統領はこの運動をかわすため、首都の西200キロ以上にあるクタイシの記念碑跡地に議会棟を移設する計画だという。
 破壊作業の際、近くに住む女性とその8歳の娘の2人が死亡、負傷者も出た。




   東京新聞 12月27日
     http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009122702000068.html

     『戦勝碑爆破は国家的蛮行』 ロ、グルジア政権へ攻勢

【モスクワ=酒井和人】グルジアの反ロシア派サーカシビリ政権が今月十九日、旧ソ連時代に建てられた第二次世界大戦の戦勝記念碑を爆破したことに対しロシアが同政権への攻勢を強めている。グルジア野党とも連携、大統領追い落としへ包囲網を狭める構えだ。
 爆破を受けロシアのプーチン首相は二十二日に記念碑をモスクワ市内に再建する考えを表明。ロシア下院も二十五日に声明で再建を支持、爆破が「国家的蛮行」だとして、欧州諸国などにもグルジア政権批判への同調を呼び掛けた。ロシアはグルジア政権の責任を問い、再建は「グルジア国民との友好のため」と位置付けている。
 一方、グルジアの有力野党指導者ノガイデリ元首相は二十三日訪ロし、プーチン首相らと会談。元首相は、自身の政党とロシアの政権与党「統一ロシア」が近く協力協定を結ぶ見通しを明らかにし、今後、直通航空路線の再開など対ロ交渉を進める考えを示した。一部グルジアメディアは「ロシアがグルジアの新しい指導者を選んだ」とも報じている。
 ノガイデリ元首相はロシアでの碑再建について前向きで、「(爆破は)対ロ関係の改善交渉を混乱させた」と、政権批判を強めている。








対独戦勝記念碑のあったクタイシの場所。
手持ちの本からコピー。




■ついでにノーボスチ通信の動画もYou Tubeにアップしておいた。








スポンサーサイト