FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 亀井大臣が天皇に進言
2009年12月27日 (日) | 編集 |

■さすが静香ちゃん。言うことやること肝が据わっている。


 共同通信 12月27日
   http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009122701000137.html

    亀井氏、天皇は江戸城より京都に 昼食会で進言

 亀井静香金融担当相は27日午前のテレビ朝日番組で、24日に皇居で開かれた天皇陛下と閣僚との昼食会の際に「権力の象徴である江戸城(跡地)にお住まいになるのは立場上ふさわしくないのではないか。京都か広島にお住まいになってはどうかと、陛下に一方的に申し上げた」と述べた。

 この後、亀井氏は記者団に「明治期に幕府の権力の象徴の跡に入られたことが、その後の歴史で政治利用みたいな形になってしまった」と指摘。陛下は返答は避けつつ「京都は好きです」と応じたことを明かした。




 時事通信 12月27日
   http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009122700080

      「お住まいは京都、広島に」=陛下との会話明かす-亀井氏

 亀井静香金融・郵政改革担当相は27日のテレビ朝日の番組で、天皇陛下と言葉を交わした際に「権力の象徴であった江戸城(跡の皇居に)にお住まいになるのは、お立場上ふさわしくないのではないか」と語ったことを明らかにした。
 閣僚が陛下との会話の内容を明らかにするのは極めて異例。会話があったのは、24日の鳩山由紀夫首相と閣僚との午さん会とみられ、亀井氏は「恐れ多くも陛下に、『こういう権力の象徴であった江戸城(跡)にお住まいになられるのでなく、京都か広島に(お住まいになればと)』と一方的に申し上げた。陛下は黙っていた」と述べた。
 また亀井氏は、司会者に「天皇陛下とは日本人にとって何か」と問われ、「象徴であり、かつ元首だ」と答えた。ただ、亀井氏は「(憲法には)元首という規定はないけど。天皇という存在が日本を代表しておられるという意味では象徴だ」とも述べた。
 この発言に対し、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は同じ番組で「憲法上、元首だと言明するのは違う」と指摘。共産党の志位和夫委員長も「憲法で元首というのは無理だ」と批判した。




■小学校5年のとき、自分の小遣いで初めて手帳を買った。
その手帳の後ろのページに世界の国々についての記述があって、
日本のところをみると「立憲君主国」とあったのでビックリした。
それまで国民が主役の民主国家だと思っていたので、
子供心にけっこうショックだった。

憲法上は象徴天皇制であっても、対外的にみれば天皇=元首なのだろう。
ことに日本の歴代首相はコロコロ変わるので、ときの首相=元首とは
なかなか見なされず、これは日本にとっても不幸だ。
思い切って国民が直接選ぶ大統領制にして、きちんと任期を務めあげる方が
国益に沿うのではないだろうか。
すでに明治初めの蝦夷共和国では、幕府側の榎本武明が選挙によって初代大統領に
選ばれた事実がある。


■一方明治政府は天皇を「玉(ぎょく)」として江戸に呼びよせ、
政府権力の正当化のため、長らく政治利用してきた。
その明治政府を構成した薩長の勢力が、先の自民党政権まで
連綿として続いていたのである。
ゆえに本当に天皇を大切に思うのならば、元の京都の地にお戻りいただくのが
本筋ではなかろうか。

口では愛国とか天皇制護持とか言う者の方が、とかく自らの利益や権威付けのために
天皇を利用してきたのは歴史を振り返るだけで一目瞭然である。

その天皇制に関しても、年代を経るごとにタブー度が高まってきている。
昭和よりも平成に入ってからの方が天皇制についての言動がより不自由になって
いるのは、あまりにおかしくはないか。
そんな現在、天皇家にとっても国民にとっても真に必要なのは、亀井氏のように
タブーを恐れずストレートに心のうちを語れる人物なのではないだろうか。




スポンサーサイト