FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 米朝関係もチェンジ?
2009年08月05日 (水) | 編集 |



訪朝したクリントン元米大統領(前列左)と記念撮影する
北朝鮮の金正日総書記(同右)。
クリントン氏は金総書記と会談、夕食会にも同席した。〈新華社〉







クリントン元大統領と会談した金正日総書記(右)=4日、平壌(産経新聞)
キムさんたら、なんか元気そう。血色もいいし。
最近までテレビで流れていた、
議会での、あの死にそうにやつれていた姿は何だったの?





■キム総書記の満面の笑顔〈朝日新聞〉。
最近立て続けにこれまで敵対していた各国と
急接近のオバマ米国。米ロ、米中、そして米朝。

それにしても、キムさんのしたたか外交にはまいった。中国や米国に引けを取らないどころか、かえって翻弄し続けているんだから、たいしたもんだ。

■昔、塩野七生氏のべネツィアについての本を読んで
日本もかつてのべネツィアのように外交上手な国を
目指すべきじゃないかと思ったものだったが、
その願いは今もなお強くなる一方だ。
大国に媚びず、小国を貶めず、対等の国と国としての
素晴らしい外交力を発揮できる国に。
そんな力を持った日本になっていってほしい。



    wowkorea 8月4日
     http://www.wowkorea.jp/news/Korea/2009/0804/10060563.html

       金大中元大統領、クリントン氏に訪朝勧めていた

【ソウル4日聯合ニュース】米国籍女性記者2人の釈放交渉のため4日に訪朝したビル・クリントン米元大統領に対し、金大中(キム・デジュン)元大統領が北朝鮮核問題の解決に向け訪朝を勧めていたことがわかった。

民主党の朴智元(パク・チウォン)議員が同日に伝えたところによると、金元大統領は5月18日、世界大都市気候先導グループ(C40)世界大都市気候変動サミットのため訪韓したクリントン元大統領と夕食をともにした席で、「カーター米元大統領のようにあなたが積極的に出て行くときだ」と助言したという。1994年の北朝鮮第1次核危機の際、カーター元大統領が個人として訪朝し、状況を反転させたように、クリントン元大統領も訪朝し対決局面の解消に努めるべきとの趣旨だ。

金元大統領から北朝鮮の状況を聞いたクリントン元大統領は、「米国に戻り次第、オバマ大統領とヒラリー・クリントン国務長官にこの話を伝える」と答えたという。






スポンサーサイト