FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 夢はかなう! 民主党が都議選で圧勝!
2009年07月13日 (月) | 編集 |



都議会新勢力図



■NHKの開票ニュースをずっと見ていたら、予想以上のスピードで民主党候補が次々と
当確になり、54議席を獲得して、初の第一党になった。
ヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ バンザーイ♪


■思えばこの日この時の勝利を夢見て、長い歳月を耐え忍んできたってわけだ。
あ~生きててよかったと、しみじみ感じ入ってしまった
人は希望なしには生きられない。
きょうの勝利で、灰色に重く垂れ込めた雲間から一すじの希望の光がさした思いがした。


■自公への批判票によって民主党が大躍進し、野党が都議会で過半数を制したわけだが
一方で共産党や生活者ネットワークは議席数を減らしてしまった。
しかしながら社会変革の過度期においては、これも仕方のないことかもしれない。
独裁政権を倒すためには、まず2大政党制の実現を確実にしなくてはならない。
その上で将来的には、健全なバランスを持った多党制を目指すべきだと私は思う。
それに今回の共産党は民主党をも与党とみなしての攻撃が目につき、それが議席数の
減少に拍車をかけたのでないか。
同じ野党として共闘する度量を持たなければ、共産党の政権奪取は永久に来ないだろう。


■今回の都議選の投票率は54・49%、前回を10ポイント以上を上回った。
あと少し高ければ公明党の牙城も少し壊せたかもしれないので、ちょっと残念。
とはいえ、今回特に勝敗の逆転が著しかったのが一人区で、全7区のうち島部を除く
6区全部を民主党が制した。
NHKの画面に映った東京の地図では、前回中央の青(民主党)1つを除いて周囲が赤
(自民党)一色の勢力図が、今回は青一色に変わっていた。

というわけで、私はこれを「民主党のレッドクリフ的勝利」と名づけたい(^^;;
これまでレッドクリフ(赤壁)のように立ちはだかってきた圧倒的パワーの自民党(自公政権)を
都民の巻き起こした風に後押しされて、劣勢だった民主党がついに撃破したからだ。





映画『レッドクリフ』より。
三国志の最大のクライマックスである「赤壁の戦い」。
大軍勢を率いる魏の曹操と劉備・孫権の連合軍は赤壁で対峙する。
そして劉備軍の軍師・諸葛孔明は東南の風を呼ぶ。
この風によって劣勢だった連合軍は火攻めで曹操軍を大破した。

実際には曹操にとって赤壁での敗退はそれほど痛手ではなく
孔明も軍師としてより、赤壁後の蜀の丞相(じょうしょう・首相のこと)として
その才能を開花させた。






スポンサーサイト