FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 東京都議選立候補者の半数が石原都知事に「ノー」
2009年07月04日 (土) | 編集 |


■昨日3日に告示された東京都議選。
足元がグラついているのは麻生首相だけ
じゃない。
弟・裕次郎の七光りと遺産を最大限利用
しながらワンマンのかぎりをつくし、
女性差別や人種差別の暴言を吐き散らし
ながら、自らの権力維持のために
東京オリンピック誘致をぶちあげ、
新銀行東京のでたらめ経営で都民の税金
を食い散らかしているこのヒトも同じである。
で、東京新聞のアンケート調査でこんな
結果が出た。



■東京新聞 7月4日
  http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009070402000106.html

    都議選候補者 半数が石原知事不支持 本紙調査

 三日告示された東京都議選で、石原慎太郎都知事を「支持しない」とする立候補者が半数を占め、「支持」を大きく上回ったことが、東京新聞の候補者アンケートで分かった。石原都政の評価をめぐる対立軸を鮮明にしており、選挙結果次第では、今後の石原都政を大きく揺さぶることになる。

 アンケートは立候補者二百二十一人のうち、諸派一人を除く二百二十人から告示日までに回答を得た。石原知事を「支持する」とした回答が九十一人(41・4%)に対し、「支持しない」は百十人(50%)。「どちらとも言えない」は十八人(8・2%)だった。

 二〇〇五年の前回都議選で実施した調査と比べると、支持は43・5%から微減となる一方、不支持が35・2%から大幅に増えたのが特徴だ。

 政党別にみると、自民五十八人、公明二十三人の全員が支持を表明した。〇七年都知事選を契機に野党色を強めた民主は、五十八人のうち五十三人が不支持とする一方、一人が支持、三人が「どちらとも言えない」と回答した。

 共産四十人、生活者ネット五人、社民二人はすべて不支持と答えた。諸派・無所属では、回答した三十四人のうち九人が支持、十人が不支持だった。






スポンサーサイト