FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 内から外から「鳩」に突っつかれる麻生首相
2009年06月06日 (土) | 編集 |

■もう誰の目から見ても崩壊寸前の政権に、まるで「子泣きじじい」みたいに
しっかりしがみついて離れようとしない麻生首相。
その太郎ちゃん目がけて、いま急襲してるのが2羽の鳩だ。

1羽は、もちろん民主党の鳩山由紀夫代表。
そして2羽目は、その弟の鳩山邦夫総務相。

特にがんばっているのが、太郎ちゃんの盟友で、友だちの友だちがアルカイダの邦夫ちゃん。
「かんぽの宿」売却問題や障害者団体向け割引制度悪用事件などボロボロ出てくる
日本郵政の西川社長続投に断固反対の姿勢を崩さない。


■それに対して太郎ちゃんたら、厚労省分割も見送り、世襲制限も見送り。
日本郵政の社長人事でも、あーでもないこーでもないと決断力ゼロ。
世襲制限と日本郵政字人事の裏でにらみを効かせている小泉純ちゃんに逆らえない。

こんなリーダーシップもないバカ総理が椅子にしがみつけばしがみつくだけ
日本はズブズブと泥の中に沈み込んでいく。
そして子泣き太郎じじいに手を貸してなおも延命させようとあがいているのが
記者クラブ制度にあぐらをかいている大手メディアなのである。








上とは関係ないけど(^^;;
鳩といえば、ジョン・ウー監督の映画『レッドクリフ』。
諸葛孔明(金城武)と白鳩。
今の日本に、三国志に出てくるような強いリーダーシップを持った
為政者たちは現れないのか?
期待するだけ無駄だろうな






スポンサーサイト