激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 5月の失業率が過去最低に
2009年06月30日 (火) | 編集 |



朝日新聞より




■きょう6月30日で、今年のちょうど半分が過ぎたことになる。
新聞やテレビでは相変わらず麻生内閣の解散時期や東国原知事の野望に焦点が
当てられているが、多くの一般庶民は日々の暮らしに追われてあくせくする毎日だ。
国家公務員には平均57万円のボーナスが支給されたそうで、これでも昨年より
8.9%減だということだが、一般企業はこんな程度ですんでいるわけはなく、月給や
ボーナスの減額、またはボーナスなしで住宅ローンの支払いができなくなって家を
手放すケースも増えている。


■政府は景気は底を打ったとしているが、逆に深刻度は増しているようだ。
年越し派遣村でいったんは住宅を手に入れた人々の多くが未だに職を見つけられず
期限切れで再び路上に追いやられる危機に直面している。
そしてそんな状況を反映している数字が発表された。

    日テレNEWS24 6月30日
      http://www.ntv.co.jp/news/138634.html

        5月の有効求人倍率0.44倍 過去最低に

 厚労省が30日に発表した5月の有効求人倍率は0.44倍で、前月を0.02ポイント下回り、統計を取り始めた1963年以降、最低となった。
 業種別では、製造業での求人が引き続き大幅に減っているのに加え、比較的好調だった医療・福祉や教育の分野でも前年より約2割減った。地域別では、最高が香川県の0.71倍、最低は青森県の0.26倍だった。
 また、今年9月までに職を失う派遣労働者などの非正規労働者は約22万3000人に上ることがわかった。増加のペースは鈍っているが、総務省が30日に発表した完全失業率が5.2%に達するなど、雇用情勢はさらに厳しさを増している。



■日本の失業率は統計対象のトリックで低く抑えられているので、実際にはこんな
程度ではない。もっと大きいはずである。
政治の無策がここまで日本の所得格差と貧困化を増大させたかと思うと、毎日のように
繰り広げられている永田町のバカ騒ぎに深い憤りを感じざるを得ない。
より平等な富の配分が可能になる新しい社会の形態とその実現化の方法を、私自身も
真剣に考えていきたい。




スポンサーサイト

 日本郵政株主総会 株主は1人、20分で終了の茶番劇
2009年06月29日 (月) | 編集 |



日本郵政の株主総会に臨む西川善文社長(右端)ら。
左手前は株主の財務省担当者=29日午前、東京・霞が関
(共同通信)



■本日29日の午前10時、日本郵政の定時株主総会が開催された。

ん? 株主総会っていうけど、株主っていったい誰?
なんと100%株式を保有している国(政府)が株主なんだな、これが。
西川社長の進退をめぐってすったもんだ騒動が起きたとき
「民間企業の人事に国が口をはさむのはおかしい」とか麻生首相が言ってたけど
唯一の大株主なのに何も言えないなんて変な話だよね。
それに平成17年にはゆうちょ銀行とかんぽ生命が完全民営化される予定だが
国はこのときも3分の1以上の株を保有するつもりなんだって。
なんでこれでも完全民営化なのか、とっても不可解。


■そして上の写真のように、株主1人というおかしな総会の図に。

西川善文社長、高木祥吉副社長の2人、そして7人の社外取締役(牛尾治朗・ウシオ電機
会長、奥田碩・トヨタ自動車相談役、西岡喬・三菱重工業相談役、丹羽宇一郎・伊藤忠商事
会長、奥谷禮子・ザ・アール社長、高橋瞳・青南監査法人代表社員、下河邉和彦・弁護士)の
9人全員の再任と09年3月期決算報告が承認された。

総会にかかった時間は20分。
お手盛りを絵に描いたような茶番劇だ。

巨大利権とどろどろの陰謀劇が渦巻く郵政民営化。
こっちの方も政権交代で、腐りきった膿を徹底して出してもらいたい。






 横須賀市長もチェンジ!
2009年06月28日 (日) | 編集 |



初当選を果たしガッツポーズする吉田雄人さん
=28日午後11時12分、横須賀市大滝町の事務所
(神奈川新聞)



■千葉市長選に続き、小泉元首相のお膝元・横須賀にも風穴が開いた。
政党に属さない草の根市民パワーの勝利だ。
これが本来の民主政治の姿ではないだろうか。
そして小泉政治への市民の決別でもある。


    神奈川新聞 6月28日
     http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivjun0906775/

      33歳吉田氏が初当選、小泉元首相支援の現職破る/横須賀市長選

 任期満了に伴う横須賀市長選は28日投開票され、無所属新人で元市議の吉田雄人氏(33)が、現職の蒲谷亮一氏(64)、弁護士の呉東正彦氏(49)の2人を破って初当選した。吉田氏は県内の現職首長で最年少、全国の現職市長で3番目に若い。36年間続いた官僚出身の市長に終止符が打たれた。 (中略) 

 吉田氏は「チェンジ」を旗印に、市民の声を反映させる市政の実現を訴えた。勝手連的に集まった大勢のボランティアの後押しで政策本位の選挙戦を展開。無党派層を中心に、民主や自民の支持層まで食い込んだ。(中略)

  投票率は45・22%(男45・93%、女44・54%)で、前回を5・03ポイント上回った。当日有権者数は34万7763人(男17万2107人、女17万5656人)。







 政権交代で「母子加算」復活を
2009年06月27日 (土) | 編集 |

■今年4月、ひとり親の生活保護世帯に支給されてきた「母子加算」が全廃された。
その復活を求める声が強まったのを受けて、民主、共産、社民、国民新の野党4党が
母子加算を復活させる生活保護法改正案と父子家庭にも手当を支給する児童扶養手当
法改正案を参院に提出。昨日26日に可決されて衆院に送られた。
しかしながら自公与党は法案に反対で、審議の見通しは立っていない。
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090627ddm005010025000c.html  (毎日新聞)


■金持ちや大企業のための政治や法律作りをしてきた自民党政権+霞ヶ関官僚によって、
弱い者はさらに搾取され、絶望の淵へと追いやられている。
この母子加算の廃止など、その最たるものだ。
生まれてからこの方、生活の苦労などしたことのない世襲議員やエリート官僚たちに、
追いつめられた弱者の苦しみや悲しみなどわかるはずがない。
いやたとえ苦労知らずでも、他人の苦しみに少しでも共感できる心があれば、このような
無慈悲な施策などできないだろう。

困窮しているひとり親の現状を記した新聞記事の一部を転記する。

   東京新聞 6月24日
     http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009062402000057.html   

    『廃止で子どもの貧困拡大』 母子加算復活論強まる 4野党が法案

 (前略)
 働けないのに…就労促進費減額

 「生活の不安から、高校二年の長男が学校を辞めて定時制に入ろうか悩んでいる。母子加算を戻してほしい」
 新潟県長岡市で、中学と高校生の子ども三人と暮らす茅野寿子さん(40)は、二十二日に衆院議員会館で開かれた民主党の集会で窮状を訴えた。
 茅野さんは工場で働いていたが、うつ病で働けない日が増えて収入が激減した。昨年七月から不足分の生活保護を受けていたが、不況で今年三月に解雇されたため、さらに収入が減少。「ひとり親世帯就労促進費」は月一万円から五千円に減らされた。働くことを奨励するために支給される制度だから、就労収入が三万円を下回ると五千円になる。
 食べ盛りの子どもの食費はかさみ、休日は二食のことも。髪は家で切り、服は近所の子どものお下がりだ。
 茅野さんは先月、母子加算廃止取り消しを求めて県に審査請求。「長男は修学旅行に行かないと言っている。高校は卒業させないと、将来が狭まってしまう」と訴える。
 小学生の娘二人を持つ埼玉県の母親(46)も「母子加算削減は働けない母親には本当に痛手」と話す。フルタイムで働いていたが、夫の暴力などで十年ほど前にうつ病になった。
 パートで働きながら不足分の生活保護を受けてきたが、現在は体調を崩して休業中。「ひとり親世帯就労促進費」は受けられない。「働けないから罰を与えられている気がする」と肩を落とした。




■上記の東京新聞の解説  生活保護の母子加算
【1949年、母子世帯の追加的な飲食物費として創設。日常生活に使う生活扶助として、
18歳以下の子どもと一人親の家庭に上乗せ支給された。
小泉政権下の「骨太の方針2003」で廃止の検討が始まり、社会保障費の年2200億円
抑制を打ち出した「骨太06」も踏襲。16歳以上は07年、15歳以下は09年に全廃された。
現在生活保護を受けている母子世帯は約10万世帯で、野党は母子加算復活には
年間約180億円が必要としている。



■さらに腹立たしいことに、母子加算を廃止した根拠が薄弱で、まったく意味をなさないのだ。
こんなおかしなことがまかり通っていいものだろうか。いや、断じて許せない。
いい加減な根拠で全廃され、どれだけ多くの家庭が貧困にさらされているか、与党は現実を
しっかり直視してほしい。

    朝日新聞 6月23日
      http://www.asahi.com/politics/update/0623/TKY200906230039.html

      母子加算全廃の根拠資料 政府「統計的意味確認できず」

 厚生労働省が4月に生活保護の母子加算を全廃した根拠の一つとしていた調査について、政府は22日、「資料の数値が統計的に有意なものであるかどうか確認できない」とする答弁書を閣議決定した。山井和則衆院議員(民主)の質問主意書に対する答弁書。

 この調査は、6万世帯を対象とした全国消費実態調査(99年度)から母子世帯を抽出して集計。一般の母子世帯の食費や光熱費などの消費支出額が、母子加算を加えた生活扶助基準を下回ったため、加算廃止につながった。

 答弁書では、消費実態調査を用いたことは「最も詳細かつ最大規模の調査で、使用したことは適切」と認定。ただ、加算廃止の根拠とされる部分の分析対象は32サンプルにとどまる>。関連資料が法令に従い廃棄されたこともあり、答弁書は、現存する資料では統計的な意味があるか確認できないとした。

 また、抽出調査では、子ども2人の世帯の方が子ども1人の世帯より消費支出が少なくなっていた部分もあったが、理由については、「詳細な分析が困難で、お答えすることは困難」としている。




■こんなにいい加減な根拠とは!
民主党の鳩山代表は本日、政権交代を果たしたあかつきには、「アニメの殿堂」の代わりに
「母子加算」を復活させると語った。
もう一刻も早く、弱者切捨ての無慈悲な政治は終わりにしてほしい。
そのためにも国民の力を結集して、政権交代を実現しなくてはならない。

     共同通信 6月27日
       http://www.47news.jp/CN/200906/CN2009062701000453.html        

     鳩山代表、補正の未執行分凍結へ 「政権獲得した場合」

 民主党の鳩山由紀夫代表は27日午後、札幌市の集会であいさつし、衆院選後に政権獲得した場合、歳出総額が約14兆円に上る2009年度補正予算の未執行分を凍結する方針を表明した。凍結分を民主党が政権公約に掲げた主要政策の財源に振り替える考え。

 鳩山氏は「もうすでにスタートした分は難しいが、無駄なものには歯止めをかける」とした上で「社会的に困っている人のために大事な予算を使う」と強調した。

 具体例には「アニメの殿堂」と批判される「国立メディア芸術総合センター」(仮称)事業を取りやめ、生活保護を受給している母子家庭に対する母子加算復活を挙げた。







 「ポップの王様」マイケル・ジャクソン死す
2009年06月26日 (金) | 編集 |



「スリラー」でグラミー賞8部門受賞したマイケル・ジャクソンさん
=84年、AP(朝日新聞)

この頃のマイケルが、顔形も含め最も輝いていたと思う。




■マイケル死すの衝撃ニュースはまたたくまに全世界を覆った。
とはいえ、フジテレビの朝のワイドショー「とくダネ!」が急遽番組内容を変更して
2時間のほとんどをマイケルの話題に費やしてしまったのは、明らかに行き過ぎだろう。
いくらホットな話題性があろうと、国内の重要なニュースを飛ばしてまで長々と伝える
必要があるとは思えない。メディアはバランス感覚を失ったらおしまいだ。


■で、この人までこんな談話を…。
まったくどこの属国記者に属国首相なんだか(ーдー)

    時事通信 6月26日
      http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009062601018

      「存在感あった」=M・ジャクソンさん死去に麻生首相

 麻生太郎首相は26日夜、米国のポップス歌手マイケル・ジャクソンさんが死去したことについて「スーパースターで、存在感がある歌手だった」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。




■存在感の薄い麻生首相としては、プレスリーの真似をした小泉元首相の向こうを張って
マイケルのムーンウォークでも披露すれば、少しは支持率が上がるかもしれない。
たぶん(^^;;






 映画『ウォーロード 男たちの誓い』再考
2009年06月25日 (木) | 編集 |







■先月『ウォーロード 男たちの誓い』(原題:投名状 英題:WARLORDS)という映画を観て、
その感想を5月20日のブログに記した。
http://tekcat.blog21.fc2.com/blog-date-20090520.html


■この作品はチャン・チェ監督の映画『ブラッド・ブラザース/ 刺馬』(1973年)のリメイクで、
共に1870年に起きたミステリアスな「馬新貽(マー・シンイ)暗殺事件」を描いたものである。
「投名状」とは水滸伝に由来する忠誠の誓いのことで、日本の仁侠映画でも義兄弟の杯を
交わすといったシーンがよく出てくる。

ことに「馬新貽暗殺事件」は民間伝承の中でさまざまに語られながら人気を博してきた。
伝承の中で登場人物の3人(実際の事件では4人)は、ちょうど「三国志演義」の劉備、関羽、
張飛の「桃園の誓い」に模されている。
「桃園の誓い」とは、西暦3世紀の中国の群雄割拠時代、後に蜀漢を建国する劉備(諸葛孔明
の主君)と劉備を支えた武将の関羽そして張飛の3人が桃園で、「願わくば同年同月同日に
死なん」と誓い義兄弟の杯を交わす名シーンのことだ。

日本で繰り返し赤穂浪士とか新選組が映画やドラマ化され、変わらぬ人気を保っているのと
同じかもしれない。
ちなみに後の新選組局長・近藤勇は郷里の多摩で、佐藤彦五郎(土方歳三の義兄)と
小島鹿之助と3人で、三国志にあやかって義兄弟の契りを結んでいる。
新選組を代表する近藤勇、土方歳三、沖田総司の3人も義兄弟的な絆で結ばれていた。
近藤は幼少より父から『三国志』や『水滸伝』の話を聞いて育ち、関羽の「誠忠壮烈」と
いう生き方を信奉していた。新選組の隊旗の文字も「誠」と「誠忠」の2種類である。



■さて物語の歴史的背景を見てみよう。

舞台は19世紀、満州族が支配する中国の清朝末期。
ジャーディンとマジソンの2人の英国商人が広州沿岸に蔓延させたアヘンの密貿易を
特命大臣・林則徐が厳しく取り締まったことで、英国との間にアヘン戦争が勃発(1840年)。
清朝政府は敗北し、南京条約によって香港が割譲され英国の植民地となった。

こうした社会不安を背景に、洪秀全をリーダーとする太平天国の乱(1851~64年)が起きた。
キリスト教の影響を受けた洪秀全は自らを天王と称し、「滅満興漢」のスローガンのもとに
貧しい農民たちを結集させながら大規模な革命軍を組織して、清朝軍と戦いながら勢力を
拡大していった。その数50万人。彼らはすべての人々が平等で太平に暮らせるユートピア
「太平天国」の建設を目指し、孔子像などの偶像を破壊し、纏足(てんそく)や満州族の髪型で
ある辮髪(べんぱつ)の廃止を行った。
そして1853年に南京を陥落、ここを首都・天京と改めたのだった。


■世界史と聞くと、なぜか私の脳裏にはいつも、高校の教科書に載っていたアヘン戦争の
絵―英国船の攻撃で燃え上がる清朝のジャンク船の絵が浮かぶ。
父の仕事の関係で、「ジャーディン」とか「マジソン」といった固有名詞を日常的に聞いていた
せいかもしれない。
また授業で太平天国のことを習った際も、そのユートピア的な思想にしばしうっとりしながら
ノートに洪秀全を取り囲む民衆たちの歓喜の姿をいたずら書きしたものだった。

しかしながら、おうおうにしてユートピアの類いはその内部から崩壊していくものである。
リーダーの洪秀全を支える幹部たちは戦死や内紛によって次第に彼の元を去って行き、
また敵対する清朝も正規軍に代えて役人たち、すなわち軍閥(ウォーロード)が新たに組織した
湘軍や淮(わい)軍、そして英米の外人部隊(常勝軍)が太平天国軍を追い詰めていった。
そして1864年、洪秀全が服毒自殺を遂げ太平天国は13年で終焉を迎えた。


■この時期、日本の情勢はどうだったのだろうか。
1853年に黒船を率いてペリーが来航、その16年後の1869年(明治2年)に箱館戦争で
五稜郭が落ち、260年続いた江戸幕府が終焉。未曾有の大動乱の時代だった。

ペリー来航をきっかけに諸外国がさらに開国を迫る中、国内は公武合体派(幕府)と
開国に反対する尊皇攘夷派に2分され、京都は攘夷を叫ぶ浪士たちによって治安が
悪化した。そんな折、将軍家茂(いえもち)が京に上ることになり、将軍警護のために
江戸の浪士を募集するという奇策が取られた。

これは江戸の浪士によって京都の浪士を討とうというもので、ちょうど清朝政府の役人
(官僚)が弱体化している正規軍の代わりに民間の軍隊を組織して太平天国軍を討たせた
経緯とよく似ている。
清朝政府が募った民兵は身分や門地は一切関係ないため映画に出てくる兄弟のような
山賊や匪賊もこぞって参加したし、江戸幕府が結成した浪士組にも倒幕の士から水戸天狗党、
果ては博徒ややくざ者までが結集。その中には後に新選組となる近藤、土方ら試衛館一党も
含まれていた。この浪士組が京都に向かったのが1963年。
太平天国が瓦解した翌年64年には、新選組の名を一躍高めたあの池田屋事件が起きている。


■さて映画の元となった「馬新貽暗殺事件」が起きたのが1870年4月18日。
日本は明治3年で、その前年には江戸幕府と新選組が最期を迎えていた。

民兵軍を率いて太平天国軍と戦い功績をあげた清朝の高官・馬新貽は西太后から両江総督に
任命されるが、その就任式の閲兵の際に張文祥という男に刺殺される。
張文祥は事件後も逃げずに逮捕され、何も語らないまま処刑された。
それゆえミステリーに満ちたこの事件の真相は人々の間で幾重にも解釈されて、今に伝わって
いるのである。

本作では事件の関係親族がまだ存命しているゆえ、実名はすべて変えられている。
     清朝軍の馬新貽将軍→龐青雲(パン・チンユン)……ジェット・リー
     盗賊のリーダー・黄縱→趙二虎(ツァオ・アルフ)……アンディ・ラウ
     黄縱の養子・張文祥 →姜午陽(チャン・ウーヤン)…金城武



■また本作は配給の関係で、日米などの海外版はオリジナル(香港版)よりカットされて
短い。特にウーヤンのシーンが多くカットされた編集になっているため、彼がいかにも
直情的で葛藤することなく行動する人物に見える点がいかにも残念だ。
オリジナルではウーヤンが悩むシーンなどが象徴的に描かれていて、その人物像により
深みが与えられている。

というわけで、そのカット映像の一部など。

     


     

左:ウーヤン(金城)の珍しい坊主頭。というか辮髪(べんぱつ)姿。
むむ、誰かに似ている?
右:『ロード・オブ・ザ・リング』のレゴラスを演じたオーランド・ブルーム。





     

左:映画『LOVERS』で弓の名手の官吏ジンを演じた金城。
右:やはり弓の名手のレゴラス。
この頃から似てるなと思っていた。






     

似た者ついででこの人たち。
左:『レッドクリフ』の張飛。
右:これも『ロード・オブ・ザ・リング』のギムリ。








『ブラッド・ブラザース/ 刺馬』には馬新貽を殺した張文祥の処刑シーンが
短いがちゃんと最期に描かれている。
が、『ウォーロード 男たちの誓い』にはそのシーンはない。
というか、あまりにも残酷なシーンなのでカットされたというのが真相だ。
しかしながらオリジナル版には特典映像として納められている。

これが、その処刑シーン。
無音の中、大きくアップされたウーヤンの表情だけがひたすら映されていく。
風にあおられる長い髪。苦しみに耐える濡れた瞳。
あまりに哀しく美しいウーヤンの姿にクラクラしてしまう。
じっと画面を見ていると息が詰まってしまいそうだ。
金城は時として、まさに超絶ともいえる美しい姿や表情を映画作品の中に刻む。
彼と比することができるのは、きょう61歳の誕生日を迎えた沢田研二(ジュリー)くらいか。
若かりし頃のジュリーの妖艶な美と金城のピュアな美。
いくら残酷でも、こんな息を呑むような美しいシーンを封印しては本当にもったいない。






     

中国では清朝時代まで、謀反を起こした罪人に対し残酷な公開処刑が行われた。
その1つが「凌遅(りょうち)刑」で、少刀で時間をかけて少しずつ肉片を削いでいく。
かつて通った大学の刑事博物館には日本や世界の処刑道具が展示されていて
よくもこんな残酷な刑罰を思いついたもんだと感心したものだが
凌遅刑の残酷さは、そうした西洋の極刑に勝るとも劣らない。
太平天国軍の捕らえられたリーダーたちも、この凌遅刑にかけられた。
体中の肉をすべて削がれても、なお息があって目も見え耳も聞こえたままの者も
中にはいたというから、その激痛たるや想像しただけで恐ろしい。
実際に行われた凌遅刑の写真も残っていて、十字架に手足を縛られた罪人の体が
次第にえぐられていく様はあまりに異様で戦慄的だ。
周辺に鈴なりになっている一般の見物人たちは
これとは対照的に見世物のように処刑を楽しんでいる。
映画では、最期にカメラが十字架につながれたウーヤンの背後に回っていく。
たくさんの小刀で切り刻まれ赤黒い肉塊と化した背中。
(実際の凌遅刑は胸の肉から削いでいく)
周囲の台に置かれた無数の小刀、箒で血を掃き清めている刑吏たち。
このシーンはさすがに私でも胃の辺りがむかむかした。

しかしながらキリスト教に感化された太平天国と、
彼らが落とした(死んで奪われた)クロス(十字架)を
パンやアルフが意味を知らぬままお守りとして首にかけるシーン、
太平天国と敵対しながら心の奥底では同じ虐げられた民衆同士として
共鳴する部分があったアルフとウーヤン、
そして最期に十字架上で息絶えるウーヤン。
という流れから、ウーヤンの死にキリストの姿が投影されていることを
感じ取るのはごく自然だろう。
そうした意味でも、この最期のシーンをカットしたのが惜しまれる。










 箱入り猫ギンちゃん
2009年06月24日 (水) | 編集 |




猫たちは箱が好き。
新しい箱が置いてあると、競って中に入りたがる。
今度のこの箱にはギンちゃんが一番乗り。
なに写してるのさ。
ちょっとふてぶてしい表情のギンちゃんでした。









 沖縄戦終結から64年
2009年06月23日 (火) | 編集 |



沖縄慰霊の日の前夜祭で、「平和の鐘」(後方)が鳴り響く中、献火する遺族。
地上戦の最後の激戦地となった沖縄県糸満市摩文仁の沖縄平和祈念堂で、
沖縄全戦没者追悼式の前夜祭が営まれ約400人が参列(22日) 
【時事通信社】




■米軍が「地上の地獄」と形容したほどの凄惨な戦場となった沖縄戦が終結してから64年。
今年も「慰霊の日」が訪れた。犠牲者の数は日米合わせて20万人にものぼる。

今年1月、戦時中の不発弾が爆発してまたも負傷者が出た。
沖縄の地中には今なお2300トンの不発弾が埋まったままで、全部処理するには80年も
要するという。実際には戦争は未だ終結していないのだ。


 沖縄戦とは 西日本新聞
【国内最大の地上戦。太平洋戦争末期の1945年4月、米軍は沖縄県の慶良間諸島に
続いて本島中部に上陸。艦砲射撃など、激しい攻撃を受けた日本軍は首里(那覇市)の
司令部を放棄して本島南部へ撤退。自然の壕(ごう)に避難していた住民が巻き添えとなった。
県民の4人に1人が死んだとされる。各地で日本軍による食料強奪や住民虐殺、住民の
「集団自決」も起きた。米軍に占領された沖縄は1972年まで日本に復帰できず、在日米軍
基地の75%が今もある。】



■しかしながらそんな重く大事な「慰霊の日」への出席を取りやめて、なんと自民党の
古賀選対委員長は宮崎県庁に出向いて、東国原県知事に衆院選への出馬を要請していた。
溺れる者は藁をもつかむというわけで、沈みかけた泥舟に乗っている自民党はタレント知事の
髪の毛ならぬ人気をつかもうとしたのだが、そこは一枚上手の知事はしてやったりと思いがけ
ない条件を持ち出した。

いわく「全国知事会で決めた地方分権についての方針を自民党のマニフェストに入れること」
「私を次期総裁選候補者にすること」

総選挙の目玉がほしい自民党と野心家の知事。
2匹のタヌキの気色悪い化かし合いだ。
どっちもどっちだけど、この出来事で異論反論が噴出した自民党の泥舟がさらに大きく沈み
こんだことは確かである。




■話を沖縄に戻す。
沖縄を舞台にした映画は数多くあるが、
マイナーな香りの映画『パイナップル・ツアーズ』(92年)は
私の記憶に強い印象を刻んだ作品でもある。

沖縄の離島を舞台に3人の監督が描いた3つのオムニバスで
構成されていて、特に第3話の「爆弾小僧」が印象的だった。
島に埋まっているという不発弾に1億円の懸賞金がかけられ、
その不発弾探索をめぐってバンド仲間の若い男女とリゾート会社
の社員がドタバタ喜劇を繰り広げるというもの。
内容はともあれ、沖縄の小さな島にも戦時中の不発弾が今も
埋まっているのだという事実を知らしめてくれた映画でもあった。








 イラン騒乱の発火元はイスラエルか?
2009年06月22日 (月) | 編集 |



銃撃を受けて倒れるネダさん。
21日付のイスラエル紙イディオト・アハロノトが
動画投稿サイト「ユーチューブ」の映像として掲載した(共同)




■依然として収まる気配を見せないイランでの大規模抗議運動。
そんな折、銃撃を受けて死亡した16歳の少女の映像が大きな衝撃を呼んでいる。
しかし…。

     共同通信 6月22日
        http://www.47news.jp/CN/200906/CN2009062201000087.html

         イラン衝突、少女死亡映像に衝撃 ネットで大反響

【エルサレム22日共同】イラン大統領選の結果をめぐる抗議行動で、16歳の少女が民兵の銃撃で死亡したとされる映像がインターネット上で公開され、当局による弾圧の象徴として大きな反響を呼んでいる。米CNNテレビも21日、この映像をトップ級ニュースとして報じた。

 CNNがソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)大手「ツイッター」上の情報として伝えたところによると、女性の名は「ネダ」で16歳。テヘランでデモを見ていた際、バシジ(強硬派の民兵組織)に胸部を撃たれたとされるが、事実関係は確認されていない。

 動画投稿サイト「ユーチューブ」の映像によると、ジーンズと白いスニーカーをはいた女性が路上にあおむけに倒れ、2、3人の男性が胸部を押さえるなどして介抱。しかし女性は目を大きく見開いたまま動かず、吐血する様子が写っている。携帯電話で撮影されたとみられる。

 CNNによると、ツイッターには「ネダ、安らかに眠れ。君の最期を見て世界が泣いている。無駄死にではない」などと書き込みが相次いだ。

 21日付のイスラエル紙イディオト・アハロノトは少女の連続写真を1面から3面まで掲載した。




■なんとも痛ましい事件だが、連日イラン現政権非難のプロパガンダを展開しているCNNと
イラン憎しのイスラエルが報じているという点で、果たしてイラン当局による銃撃だったのか、
事実関係の信憑性を即鵜呑みにするのは危険だ。

また抗議デモが起きた際に使われたツイッターでの情報発信元のアドレスをたどると、
イスラエルに行き着いたと言われている。
またこれは私の個人的な感想だが、デモに参加している人々のグリーンの鉢巻がきれいに
統一されているし、同じグリーンのマニキュアをした女性の手を見て、こんなきれいなグリーン
がすぐ手に入るなんて日本より化粧品の品揃えがいいなとうらやましく思ったものだった。
プラカードも立派だし、ずいぶん金がかかっているなというのが正直な感想だった。
ちょうどウクライナで起きた「オレンジ革命」で、あらかじめ用意されていたオレンジ色の
革命グッズが集まった群衆に配られたように…。



■さて肝心の選挙での不正についてだが、どこがどう不正だったのかは未だに具体的に
指摘されていない。
というよりむしろ、アメリカのNPOがイランで事前に誰に投票するか世論調査した結果でも、
アフマディネジャド氏が34%、ムサビ氏が14%と、ほぼ実際の選挙結果と同じだった
とワシントンポストが報じていた。



■また今回の選挙でアフマディネジャド氏が再選されたことに対するイスラエルの反応は…。

     毎日通信 6月18日   
      http://mainichi.jp/select/world/news/20090618ddm007030014000c.html

   イラン大統領選:現職再選 イスラエルは「好都合」 核開発、米の制裁強化に期待

【エルサレム前田英司】イラン大統領選での保守強硬派アフマディネジャド大統領の再選について、同国の核開発を「国家の脅威」と考えるイスラエルは、米国にイランを「敵視」させるために好都合とみる。選挙の「不正」を訴える改革派の抗議行動については、イランの体制を変えうる事態には発展しないと分析している。

 イスラエルのメディアによると、対外特務機関モサドのダガン長官は16日、国会の外交防衛委員会でイランの混乱状況について「選挙で事態(体制)が変わるようなことはない」と説明。「(混乱は)国内問題に過ぎず、核開発を含む戦略には関係ない」とも述べ、選挙結果にかかわらずイランの核開発が進むとの見方を示した。長官はまた、開発が順調に進めば、イランが14年までに核兵器保有国になるとの分析も示した。

 イスラエルは、イラン大統領選で改革派ムサビ元首相が勝てば、米イランの対話が実現し、イランの核開発に時間的猶予を与えると危惧(きぐ)していた。このためイスラエル各紙は「(大統領の再選で)対イラン制裁強化などに取り組みやすくなる」との見方を伝えた。

 イスラエルは「イスラエルのせん滅」を公言するアフマディネジャド政権に対して強硬姿勢を堅持している。




■アフマディネジャドがイスラエルの地図上からの抹殺を言ったとイスラエルは非難しているが
実際にパレスチナの地図上からの抹殺を行っているのは当のイスラエルだし、イスラエルが
核保有大国なのは誰もが知っている事実である。
核を撃ち込みたがっているのは、明らかにイスラエルの方だろう。
これまで米CIAとイスラエルのモサドがどれだけ他国に干渉して政権の転覆を図ってきたかは
中南米への実際の関与事実を描いた、伊藤千尋氏の『反米大陸』を読めば一目瞭然である。



■本のカバーに記されている内容紹介文を転記する。

【中南米の近代史はアメリカによる侵略と支配、収奪の歴史である。アメリカはその政策をまず中南米で実践し、その後中東、アジアなど他の地域で大規模に展開してきた。中南米がたどってきた道を知れば、アメリカがこれから世界で、日本で何をしようとしているのかが分かる。そして今、アメリカが推し進める新自由主義経済政策による格差の拡大から、ブラジル、ベネズエラをはじめとして、中南米のほとんどの国が反米左翼政権となり、反米大陸といわれるほど独自の路線を打ち出している。最新のデータを駆使しながら、アメリカと中南米諸国の歴史と実情、未来に迫る。 】





■さてオバマ氏が大統領選挙を戦っている際に、こんな不気味な予言がされたことを
覚えている人も少なくないだろう。

【米国では、外交通で知られる民主党のバイデン副大統領候補が、最近の選挙演説の中で
「オバマが大統領になったら、就任後半年以内に、国際的な危機が発生し、オバマは
(1962年のキューバ危機に対処した)ジョン・ケネディのように、試練に立たされる」と発言
した。バイデンは、この件をホワイトハウスからの情報として得たと言っている。】

私は去年11月8日のブログでこのことを書いた。

    オバマ新政権:バイデン副大統領の不吉な予言とは?
       http://tekcat.blog21.fc2.com/blog-date-20081108.html



■もし現在イラクで起きている騒乱がこの予言に合致するならば、まさに作られた危機だと
言えるのではないか。
親イスラエルであるヒラリー・クリントンもイランへの先制攻撃をにおわせる発言をしているし…。
なかなかにエグイ展開になってきたようだ。







 太宰治検定
2009年06月21日 (日) | 編集 |





■最近新聞やらテレビやらで太宰治の話題が多いと思ったら、今は太宰の生誕100年
記念なのだそうだ。
そして、なんと「太宰治検定」なるものが実施されたとか。
全国にはコアなファンが多いんだなとびっくり。


    NHKニュース 6月20日     
      http://www3.nhk.or.jp/news/k10013761241000.html

            生誕100年“太宰治検定”

ことし生誕100年を迎えた作家の太宰治に関する知識を問う「太宰治検定」が20日、東京・三鷹市で行われました。

この検定は太宰が生まれた青森県五所川原市の2つのNPO法人が、地元と太宰が晩年を過ごした三鷹市の会場で同時に行い、このうち三鷹市では首都圏をはじめ関西や九州などからあわせて195人が参加しました。小説「津軽」やNPOが発行している公式テキストの中から問題が出され、太宰の本名「津島修治」や、太宰が中学生のときに悩まされていたという「吹き出もの」などの知識が問われました。会場では15歳の高校生から83歳のお年寄りまでが90分間の検定に取り組み、太宰の根強い人気ぶりをうかがわせていました。埼玉県の22歳の男子大学生は「太宰の作品は自分の情けない面までさらけだしていてとても人情深く感じます。太宰をもっと知りたい」と話していました。合格発表は来月6日に行われ、合格した人には主催者発行の認定証が送られることになっています。




■太宰作品は、小学校の国語の教科書で『走れメロス』を読んだきりの私
その生涯についてはテレビドラマで見たことがあるし、同人サークル同士の交流では
太宰を信奉している他サークルと遭遇して、そのあまりのヒートぶりに辟易したこともあった。

太宰は千葉県船橋市にも1年くらい住んだことがあって、市のPTA連合会の会合で
船橋市民ホールを借りたとき、ホールの片隅に太宰の記念碑があることを発見。
ある日、その記念碑の前に何人もの人が集まっていたので、不思議に思って仲間のひとりに
たずねると、「ああ、きょうは桜桃忌だからよ」
彼女の博識に、「へえ~っ」と感心した私だった。


■もともと私小説の類いは嫌いな私めは、未だに太宰治も彼の作品も苦手だ。
ま、ひとそれぞれだから仕方ないが。
同じオサムでも「手塚治虫検定」とか、あるいは「白土三平検定」とかがあればいいのに。
そうすれば合格の認定証をもらえるよう、はりきって参加するんだけど(^^;;