FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 厚労省分割先送り迷走劇  「無礼だ!」「ぶれてない」「命令してない」
2009年05月29日 (金) | 編集 |

   

左の図は朝日新聞より。 右の写真は日テレニュース24より。





■今月19日に麻生首相が指示した厚生労働省分割案が、28日、自民党の族議員や
官僚の圧力を受けて頓挫。またしてもリーダーシップのなさ露呈した。

森元首相・町村前官房長官(共に文教族のドン):「ちょ、待てよ。河村くん」
河村官房長官:「はあ、何でしょう?」
森・町村:「保育所と幼稚園の件だがな。一元化という言葉で始末をつけるなあっ!」
河村:「うひゃー! は、はい、わかりました。(((=_=)))」

河村:「首相に分割を指示された与謝野さんがあたしに丸投げした件なのに。ひどいワ」
甘利行政改革担当相:「ふん。あんただって私に折衝役を丸投げしたくせに」
舛添厚労相:「ぼくちゃんは、どっちに転んでもいいように日和見だい」

麻生首相「厚労省を分割する方向で検討してくれなんて言ったことはないさ~。
      最初からこだわってないし~。とゆーか、ナベツネさんが最初に言ったんだもんね」
細田幹事長:「『正体見たり枯れ尾花』という感じですな。ふふふん」
某自民党幹部:「ま、砂上の楼閣だったというわけで。はい、これにて落着」


  東京新聞  スコープ 厚労省分割先送り 族議員圧力に首相また白旗
   http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/scope/CK2009052902000050.html

  時事通信  厚労省分割、事実上撤回=麻生首相「こだわらず」
    http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009052800818&j1      

  読売新聞  厚労省分割、麻生首相が「こだわっていない」…議論先送りへ
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090528-OYT1T00947.htm



■厚労省分割が先送りになったとたん、「そんなことは指示していない」「ぶれてない」などと
知らん顔を決め込んだ麻生首相。
鳩山総務相も、【29日午前の記者会見で、麻生太郎首相が自ら指示した厚生労働省の
分割の具体化を当面見送ったことについて「首相は厚労省を分割する方向で検討してくれと
言ったことは一度もない。ぶれていない」と述べ、首相を擁護した。】(産経新聞 5月29日)

って、ほんとかな~? これを見よ!


  日テレニュース24 5月19日
    http://www.news24.jp/135702.html

         麻生首相、厚労省分割の具体案検討を指示

 厚労省を「社会保障省」と「国民生活省」に分割するべきとの考えを麻生首相が示している件で、与謝野財務・金融・経財相は19日、麻生首相から具体的な検討を行うよう指示を受けたことを明らかにした。
 麻生首相は次回の経済財政諮問会議から議論を行い、2011年までに実現に向けた具体的な案をとりまとめるよう求めたという。




  朝日新聞 5月19日
    http://www.asahi.com/politics/update/0519/TKY200905190391.html?ref=recb

      麻生首相、厚労省分割の検討を指示 経済財政諮問会議

 麻生首相は19日の経済財政諮問会議で、与謝野経済財政相に対し、厚生労働省を分割する具体案をまとめるよう指示した。首相は15日の安心社会実現会議で、厚労省を医療・介護・年金などを所管する「社会保障省」と、雇用や少子化対策などを所管する「国民生活省」に再編する考えに前向きな姿勢を示していた。首相としては、総選挙の与党マニフェスト(政権公約)に掲げ、「生活重視」を訴える狙いがありそうだ。

 首相ははまた、文部科学省と厚労省に分かれている幼稚園と保育所の所管の一元化(幼保一元化)の具体案づくりも指示。「今が決断の時期だ」と強調した。(中略)
 
 与謝野氏は会見で、今回の省庁見直しは厚労省だけに絞り、霞が関全体には広げない考えを明言。諮問会議には、舛添厚労相、甘利行革相ら関係閣僚も出席していたが、首相の指示に異論は出ず、「全体は(厚労省分割を)やるべきだという空気だった」という。首相には、年金記録問題などでイメージが失墜した厚労省の解体を世論にアピールする狙いもありそうだ。

 15日の安心社会実現会議では、渡辺恒雄・読売新聞グループ会長が「厚労省は大きすぎる。医療・介護と雇用・年金のそれぞれを所管する2省に分割すべきだ」との持論を展開。首相は内閣府の少子化対策などの担当部局も含めた再編案に言及していた。 (後略)

 


■さて厚労省は大きすぎる、2省に分割すべきだとの言い出しっぺである渡辺恒雄氏は
分割論は党利党略だと薬害肝炎全国原告団の山口代表に批判されて、「無礼だ!」と
怒鳴り声を上げた。痛いところを突かれたからだろう。
しかし事あるごとに政治に口を出して翻弄させるナベツネ氏こそ、国民に対して無礼で
傲慢な人物ではないのか。


  毎日新聞 5月28日
   http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090529k0000m010126000c.html

     渡辺恒雄氏:厚労省分割論「党利党略」批判に無礼だと怒声

 「無礼だ」--。28日の政府の「安心社会実現会議」で、薬害肝炎全国原告団代表の山口美智子氏が「1委員が提案した厚生労働省分割・再編が報道され、衆院選のためのパフォーマンスだとの思惑が広がり残念だ。国民は党利党略に嫌気がさしている」と発言したのに対し、前回、分割論を展開した渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長兼主筆が声を荒らげて反発する場面があった。

 渡辺氏は「特定の1人、と言われたんで黙ってはいられない」と切り出し、「党利党略に新聞社の主筆たるものが便乗して振り回されているようなことを言われた。取り消していただきたい」と大声で反論した。

 険悪なムードになりかけたが、与謝野馨財務・金融・経済財政担当相が「発言を党利党略と考えたり、利害に基づいた発言だと考えたことはない」と引き取った。【西田進一郎】







スポンサーサイト