FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 党首討論で墓穴を掘った麻生発言
2009年05月28日 (木) | 編集 |



党首討論で麻生太郎首相(左)の発言がヤジで聞こえず
耳に手をやる鳩山由紀夫民主党代表(右)
=27日午後、参院第一委員会室(酒巻俊介撮影 産経新聞)

この写真だと民主党など野党側だけがヤジを飛ばして発言を妨害している
ように受け取られかねないが。




■昨日27日、麻生・鳩山の初の党首討論が行われたが、ちょうど外出していて
国会中継を見られなかった。
夜のニュースでダイジェスト的にところどころ見た結果では鳩山代表の発言内容の方が
当然といえば当然だが、はるかに理にかなって説得力があった。
以下の毎日新聞の「党首討論:詳報」に詳しい討論内容が載っている。

   http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090528ddm005010074000c.html   



■そもそも「国民の最大の関心は西松建設の違法献金問題だ」との麻生発言には
今更ながらあきれてしまう。
国民の最大の関心は経済不況による失業や生活苦、国民年金問題などで、西松を
未だに重要視しているのは仕掛けた側の自民党だけだ。
そしてこの西松建設事件に関連して、またまた麻生首相の不適切発言が炸裂した。


    産経新聞 5月28日
    http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090528/stt0905281809006-n1.htm    

       党首討論での首相の「違反」発言に抗議 民主・山岡氏

 民主党の山岡賢次国対委員長は28日、自民党の大島理森国対委員長と国会内で会談し、麻生太郎首相が27日の党首討論の際、西松建設巨額献金事件で起訴された民主党の小沢一郎代表代行の公設秘書の行為を法律「違反」とした発言に抗議した。

 山岡氏は「裁判はこれからなのに、現時点で行政府のトップが『違反』と断じるのは大問題だ。きちんと善処してほしい」と要求。大島氏は「検討する」と答えた。

 首相は、民主党の鳩山由紀夫代表との党首討論で「違法献金の疑いで小沢氏の秘書が逮捕された。違反の話を棚上げにして(企業・団体献金の禁止という)制度変更を言うのは論理のすり替え」「(政治家の)後援会への企業・団体からの寄付は禁止になったが、それを犯した方がそこ(民主党)にいる」と発言した。




■この部分の発言を、上の毎日新聞「党首討論:詳報」より抜粋する。

鳩山 政治改革推進本部が開かれ、(幹事長の)岡田(克也)本部長のもとで、我々は政治とカネの問題に結論を出した。法案を準備するので与党も協力して成立を図ろうではないか。

麻生 やはり国民の最大の関心は西松建設の違法献金問題。十分に説明を果たしたと思っているのか。責任を取った小沢一郎氏が鳩山代表に次ぐ代表代行になるのが責任の取り方か。国民目線から見ると、なかなか理解しがたいというのが正直な実感だ。
 企業・団体献金禁止を打ち出したが、違法献金の疑いで小沢前代表の秘書が逮捕されたことがきっかけではなかったか。現在の法律ですら守られていない疑いがある。少なくとも法改正の前に、現行法ですら守られていないところが問題だ。秘書の違反を契機に、制度が悪いと言うのは論理のすり替えだ。我々としては、きちんと対応がなされないと、この話は空理空論になりかねない。
 世襲問題は、各党がいろいろなルールを作られるのは、いいことだ。私どもは安倍(晋三)幹事長代理のころから公募制度を積極的に採用させた。そこで選ばれた方は立派な支部、党の選択だ。

鳩山 聞き捨てならない発言をした。私どもの側に政治資金規正法を犯した者がいると決まったわけではない。これから裁判で決着がつく話だ。そちらにもたくさんいた。漆間(巌)官房副長官が「自民党には捜査は及ばない」と言った。同じことで一方は秘書が逮捕・起訴され、他方ではなんにもおとがめなし。これが検察官僚のやることか。






スポンサーサイト