FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 裁判員制度と改正検察審査会法がスタート
2009年05月21日 (木) | 編集 |

■さまざまな問題点を抱えたまま、ついに裁判員制度がスタートした。
本日21日以降に検察が起訴した重大事件が対象となるため、実際に裁判員が
法廷に立つのは7月以降になる。
初めて裁判員制度について耳にした時は、ごく普通の陪審員制度が施行されるのかと
思い、それならぜひ参加したいと期待したものだが、その後ボロボロと新制度の
インチキ性があらわになるにつれて、とてもじゃないがこのままホイホイ参加するなんて
ことはできないなと考えるようになった。

一番最初にカチンとなったのは裁判員の守秘義務に関して、違反すると懲役刑が
科せられるという点だった。
それも守秘義務は一生続くというビックリもので、言いたいことも言えずに
おなかにモヤモヤしたものを抱えていては、ストレスで病気になってしまう。
あるいは地面に穴を掘って「王様の耳はロバの耳~~っ!!」と叫ぶしかない。
またなぜ刑事事件なのか。
本来なら国民に一番身近で大切な行政訴訟を裁くべきなのではないか。
そうすれば量刑について悩むこともない。

他にも納得できない点がいくつもあるが、長くなるので今は触れない。

これまで閉鎖的だった司法に曲がりなりにも国民が参加できる道が開かれたのは
評価するが、裁判員制度はいったい誰のためのものなのか、もっと多くの議論と
国民のコンセンサスが必要である。
そして同時に取調べの完全可視化や代用監獄の廃止、死刑の是非などについても
議論を深め、国民の意見をしっかり反映していかなければならない。






■さて裁判員制度と同時に、本日21日から改正検察審査会法が施行になった。
これまでは刑事事件の起訴・不起訴を判断できるのは検察官だけだった。それが改正されたことで、市民から選ばれた審査員11人中8人以上が「起訴相当」を2度議決すれば、必ず起訴できるようになったのだ。これは画期的な法改正といえる。

実際にはこの検察官の判断の是非を問う「検察審査会」は以前から存在していたものの肝心な強制力がないために、実質的に機能していなかったわけである。


■そしてこの改正を待って、01年に兵庫県明石市の花火大会で起きた歩道橋事故の
遺族が、本日21日、神戸検察審査会に審査を申し立てた。
右の写真は時事通信より。

     共同通信 5月21日
     http://www.47news.jp/CN/200905/CN2009052101000506.html

     遺族、起訴求め3度目の申し立て 明石市の花火大会事故

 2001年に兵庫県明石市で11人が死亡した花火大会事故の遺族が、当時の明石署副署長(62)の不起訴処分は不当として21日、改正検察審査会法の施行に合わせ、神戸検察審査会に3度目の審査を申し立てた。
 審査会の「起訴相当」の議決は従来は法的拘束力がなかったが、改正法では検察の再捜査で不起訴になっても起訴に持ち込むことができる。
 次男智仁ちゃん=当時(2)=を亡くした下村誠治さん(50)は申し立て後に「この日を待ち望んできた」と話した。
 神戸地検は現場で指揮した明石署の元地域官ら5人を業務上過失致死傷罪で起訴したが、最高責任者だった元署長(07年に死去)と元副署長の立件は見送った。
 2人について遺族の審査申し立てを受けた同審査会は04年と05年の2回、「起訴相当」と議決したが、地検はいずれも不起訴にした。
 審査会は市民から選ばれた11人中8人以上が起訴すべきだと判断すると「起訴相当」を議決。検察官が不起訴にしても、改正法では再び審査会が起訴すべきだとした場合、裁判所が指定した弁護士が起訴することになる。







スポンサーサイト