FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 ロシア・プーチン首相来日と民主党・小沢代表辞任意向
2009年05月11日 (月) | 編集 |



NHKニュースより(5月11日)




■プーチン首相は首相になって初めての来日ということで、主に日ロ間の経済関係強化
について話し合われる予定だ。

ただし北方領土問題に関しては、NHKの
今回の日本訪問に先立って、プーチン首相はNHKとのインタビューに応じ、
「まずはお互いを信頼し、総合的な関係を発展させるという条件を整えることが必要だ」
と述べ、領土問題の解決に向けて、環境を整えるためには経済をはじめとした日ロ関係の
発展が前提だという認識を示しています。

というように、新たな進展は望めないようだ。

そもそもロシアといえば北方領土、といった十年一日の固定観念に凝り固まっていては
何の展望も開けない。東シベリアの資源開発や鉄道・道路の敷設などさまざまな分野への
参入が可能だ。サハリン2でひどい目にあったというけれど、ロシアのビジネスの方法や
手の内をもっと研究して、今後はよりうまく立ち回ればいい。
ここでグズグズしていると、シベリアの新油田の良質な原油も中国にさらわれてしまいかね
ない。またロシアが力を入れている北極開発にも、日本はもっと積極的に参入すべきだと
私は考える。



■またプーチン首相は民主党の小沢代表とも会談する予定なのだが、その小沢代表が
次の衆議院選挙への悪影響を避けたいとして、本日代表辞任の意向を党幹部に伝えた。
もうすぐ夕方には記者会見を行うそうだが、小沢氏の下で一致団結さえできない民主党の
ふがいなさには心底がっかりしてしまう。

小沢氏以外の誰が、次期政権を担う民主党の中で、オバマやプーチン、胡錦濤らと対等に
渡り合えるというのか。そして現在の官僚政治と真っ向から対決できるというのか。

前原、仙谷らを筆頭とした反小沢の小物議員たちにいいように振り回されている民主党と
それに乗じた自民党や大手メディアのほくそ笑みを、心ある国民は厳しい視線で見ている
ことをゆめゆめお忘れなく。





スポンサーサイト