激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 新型豚フルーの対処法と悪評高い発生源
2009年04月30日 (木) | 編集 |



お別れのキスもマスクごしで (ロイター通信)



■アメリカ国内での初の死者(メキシコ人の幼児)という事態を受けて
WHOは警戒レベルを、パンデミックの一歩手前の「フェーズ5」に引き上げた。
こうなることは早い段階から推測できたはずで、どうも判断が甘いというか
後手後手感は否めない。


■さて本日は手術後の定期検査で熱海の病院に行っていた。
連休のはざまに当たるからか、広い待合室は大勢の患者でごった返していた。
会計を終えて帰る支度をしていたら、待合室の隅のテレビに、おとといのブログに
書いた、あの根路銘(ねろめ)国昭・生物資源研究所所長の姿が映った。
思わず「ラッキー♪」とソファーに座り直し、しばらく画面に見入ってしまった。

番組は、テレ朝の「ワイドスクランブル」。
待合室なので音声を絞ってあり、しかも周囲は会計や薬の順番を待つ人々で混雑
していたため、ほんの一部分しか聞き取れなかったが、わかった範囲だけ以下に記しておく。


   (人-人感染でウィルスが強毒化するのでは?という司会者に対して)
      ウィルスのしくみから考えて、それほど強い性質を獲得する恐れはない。

   (インフルエンザに感染したかどうかの見極めは?)
      寒くて震えがきたら、「来たな!」と思ってすぐ受診すること。
      タミフルやリレンザの服用で、発熱期間が半分になる。   

   (注意が必要な年齢は?) 
      10歳以下の子どもの場合、体内でウィルスが増殖しやすい。
      65歳以上のお年よりの場合は肺炎の症状が悪化しやすい。
      ゆえにこの年代は感染の初期の段階で受診して治療を受けることが大事。 

   (感染予防の留意点は?) 
      政府の指針のように、手洗い、うがい、マスクを。
      ウィルスは水ですぐに死滅するので、マスクに1時間か2時間おきに
      水を噴霧するとよい。

      家庭や学校などで加湿器を使うのも有効。
         








■日々感染者が増加している豚フルー。
テレビには、ここぞとばかりに力の入った舛添厚労相がアップで映っている。
この危機を逆手にとって内閣支持率狙いか、はたまた未来の首相の座狙いか…。

ところで未だに豚フルーの発生源は特定されていないというが
ネット上には、すでに疑惑の企業名がしっかり載っている。
たとえば…

    園田義明メモ
     http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2009/04/29/4274765

     豚インフル:スミスフィールド・フーズと中糧集団(COFCO)

インフルエンザの発生源として浮上しているのが南部ベラクルス州の大規模養豚場。
この養豚場の経営しているのは米豚肉加工会社最大手のスミスフィールド・フーズ。
スミスフィールド側は発生源説を否定する声明を発表するものの現在株価は急落中。

2008年6月にスミスフィールド株4.95%を取得したのが、
中国国営大手食品企業グループの中糧集団(COFCO)。
そしてCOFCO会長の寧高寧(Gaoning Ning)はスミスフィールド取締役に就任。

はたしてメキシコをまたぐ両社社員の行き来はなかったのでしょうか。

中国の温家宝首相は中国国内で「感染が疑われる」ケースが生じた場合、
速やかに情報を公開する方針を示したとのことですが、本当に大丈夫?

メキシコ市に2人の駐在員がいるため、
10日分でなんと約1000枚ものマスクを空輸したのが伊藤忠商事。
伊藤忠商事は2008年8月にCOFCOとの包括戦略提携を発表。

変な噂が流れないように、
「伊藤忠さんが現地の情報に一番詳しいようです」で終わることにします。





■この米国スミスフィールド・フーズのメキシコの子会社が、感染源疑惑のかかっている
巨大養豚場を運営するグランハス・キャロル・デ・メヒコ社(GCM)である。
GCM社の衛生管理はひどくずさんで、以前から周辺住人に健康被害が発生していたようだ。

話は変わるが、昨今の温室効果ガス削減事業の中で、世界大手のエコセキュリティーズ社は
メキシコとフィリピンの養豚場でメタンガスの回収と発電のエコ・プロジェクトを計画。
そしてメキシコでのプロジェクトは、米カーギル社とこのグランハス・キャロル・デ・メヒコ社
(GCM)との提携で計画されているのだ。
内容は養豚場のし尿から発生するメタンガスのバイオガスへの転換、悪臭の除去など。

▽グランハス・キャロル・デ・メヒコ社(GCM)について
GCMはメキシコ最大の民間養豚企業である。1993年に操業を開始し、プエブラおよび
ベラクルス州で経営している。
GCMは現在、16の農場で5万7000頭の雌ブタを飼育している。
同社を所有しているのは米国に本社のあるスミスフィールド・フッズ社とメキシコに本社がある
AMSA社(アグロインダストリアス・メヒカナナスSA)(アグロインダストリアス・ウニダス・
デ・メヒコSA)である。

http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M000010/200611097673/_prw_open.html






スポンサーサイト

 ネット好きの大統領と死神首相
2009年04月29日 (水) | 編集 |



「ライブジャーナル」に新しいブログを開設したメド大統領




■オバマ、メドベージェフという米ロの新しい大統領はネット好きという点で共通している
と以前にも書いたが、この度ロシアのメド大統領がロシアの人気ブログ・サイト
「ライブジャーナル」に新しいブログを開設した。

メドちゃんは大統領に就任してからクレムリンのウェブサイトでブログを開いていたが
ロシアの「言論の自由のとりで」といわれる「ライブジャーナル」ではより活発な意見交換が
できると期待している。写真のように服装もかなりラフだし


■当然といえば当然だけどブログ・ランキングでも上位で、1日に3000件以上のアクセスが
あるそうだ。中には批判や要望を記したコメントもある。

【「今の政権なんて信用できない」という批判や「中小企業支援といつも言っているが、
具体的に何をするのか説明して」「イングーシ共和国の政権批判サイトが閉鎖された理由が
知りたい」といった政策などへの質問もあった。子ども病院感染症病棟の施設の窮状を訴えた
住民の書き込みには、その日のうちに大統領がその州の知事に改善を要求するという素早い
反応もみせた。 (朝日新聞)】
http://www.asahi.com/international/update/0425/TKY200904250042.html
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/it/2597177/4069914


■インターネットを駆使するメドちゃんに対して、プーさまの方は直接市民会議を開いて様々な
要望を聞いたりしている。草食系男子メドちゃんと肉食系プーさまの違いか
ま、いずれもポーズだけって見方もあるけど、首相の家を見学に行こうとするだけで捕まって
しまう某国よりは、たとえ見せかけだけでも言論の自由の幅が大きいように思えるのだが。
気のせい?




   

左:首相官邸で話し合うメドちゃんとプーさま。
右:会議中の大統領と首相。




■さて本日は「昭和の日」。いつの間にか天皇誕生日→みどりの日→昭和の日と
変遷をたどったわけだが、この日は私の父の誕生日でもある。
昭和生まれの父にちなんで、懐かしい昭和30年代の写真が載っている雑誌を送った。
確かに今よりのんびりとして暮らしやすかった時代でもあった。
テレビやマンガも面白かったし、決して貧しくはない、かえって現在よりも贅沢な暮らしぶり
だったように感じられる。庭でバーベキュー・パーティーを開いたりヨット遊びをしたり。
今じゃ考えられないようなリッチぶりだ
昭和30・40年代が貧しかったなんて、単なる幻想じゃないの?
これも気のせいかな…?


■というのはどーでもいいことで、駅前に行ったついでに『週刊新潮』を買ってきた。
コラムのいくつかが新しくなって、1番最後のページも新連載の「週刊鳥頭ニュース」。
ゲッ、佐藤優と西原理恵子の共同連載じゃないの。
最近出まくりの、というより出すぎの佐藤優
で「今週の御題」が、な、なんと「プーチン」。ゲゲゲ。

ページの上部分が西原のマンガ。下が佐藤の文章。

【いまからおよそ十年前、モスクワの「プレジデント・ホテル」(ロシア大統領府の準迎賓館)
のロビーで、初めてプーチン氏を見かけた。一瞬、プーチン氏と視線があった。その瞬間、
背筋が凍る思いがした。プーチン氏の青い目は澄んでいた。しかし、その底には何とも
表現しがたい冷たさが沈んでいた。当時プーチン氏はFSB(連邦保安庁)長官をつとめて
いた。隣にいたロシア人が私に「死神だ」と小声で囁いた。(略)】






「呼んだ? ぼくも死神だけど」 by カネシロ・タケちゃん
映画『Sweet Rain 死神の精度』



■で、佐藤氏の文章は、スパイであるプーチンは国家のために命を捧げる気構えが
できている。ゆえにそうした人間は躊躇なく他人をも殺す。
そしてその死神プーチンが5月に来日し、北方領土問題で甘い罠を仕掛けてくる、と続く。

【死神の誘いに乗ってはいけない。麻生太郎首相、中曽根弘文外相が、まず日本国家の
ために命を差し出す思想をもつ。そして、北方四島は日本領であるという原理原則を
あくまでも譲らずにプーチン首相と丁々発止の交渉をして欲しい。】

ふん、なーに言ってんだか
世襲の坊ちゃん首相や外相に国家のために命を差し出す気概や交渉能力なんか
はなっから持ち合わせてないことは自分が一番よく知ってるくせに。

このように、メディア媒体によって上手に書き分ける、その二枚舌三枚舌にはうんざりする。
最初のころは佐藤氏の博識と見識に感心していたが、ある雑誌ではプーチンの手腕を
賞賛し、こうした保守系雑誌では反対に批判するといった態度に次第に疑いを持つように
なった。
ロシアの日本大使館に勤務していたのに、本当は英・イスラエルのスパイだったんじゃないの
なんて思ってしまう。
これも気のせいだったらいいんだけれどね。


というわけで、本日はとりとめもなく、これにて終了 (^ー^)ノ~~







 根路銘(ねろめ)所長開発のインフルエンザ消毒剤、豚フルーにも期待大
2009年04月28日 (火) | 編集 |

■日本が誇るウイルス研究やワクチン開発の国際的権威、ニャロメ、じゃなかった 根路銘(ねろめ)国昭・生物資源研究所所長(沖縄県名護市)が昨年開発したインフルエンザ消毒薬の特許が昨日27日ついに認められた。

■右の写真が、沖縄に自生するセンダンとハンノキからインフルエンザの消毒薬を開発した根路銘所長(08年10月16日名護市名護の生物資源研究所にて 琉球新報 )

■アマゾンの熱帯雨林と同様、沖縄には素晴らしい植物資源が存在する。そして地球最古の生物であるウィルスを撃退する薬も、この古くからの自然の宝庫の中に眠っていた。
自然そして地球の持っている絶妙の生命バランスというものがうかがい知れて、興味は尽きない。




   沖縄タイムス 4月28日
    http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-04-28-M_1-001-2_001.html

       「豚」にも効力か インフル消毒剤で特許 根路銘氏

【名護】名護市の民間研究機関「生物資源研究所」の根路銘国昭所長が、特許庁に出願していた沖縄に自生するセンダンの成分を活用したインフルエンザ予防・消毒剤の特許が27日までに認められた。ヒトへのインフルエンザだけでなく豚や鳥など、すべてのインフルエンザウイルスを殺傷する効力を持つ可能性が、実験結果で示された。根路銘氏は「ワクチン開発が容易でない以上、感染を最小限に食い止めることは重要。冬季に豚インフルエンザが大流行する可能性がある」として、秋までに予防・消毒剤の実用化を目指している。豚インフルエンザへの対応が世界的課題となる中、根路銘氏の研究は注目を集めそうだ。

 実験データでは、豚インフルエンザの同系統のウイルスで、センダンからの抽出エキスを64倍に希釈した場合100%、128倍に希釈しても、90%の高い不活化効果を示した。鳥インフルエンザでも、ほぼ同様の効果が示された。

 噴霧投与が一番好ましく家庭や学校、職場、バスなどの交通機関や豚舎、養鶏場などの大規模施設などでの消毒剤にも利用できる可能性があるという。

 根路銘氏は2006年3月に特許を申請。27日に、許可通知が届いた。根路銘氏は「きめ細かく効果的な消毒剤を実用化したい」と話している。昨年7月には、ハンノキも活用した消毒剤の製造法と使用に関する特許も出願している。

 豚インフルエンザの流行について、根路銘氏は「国内では梅雨を迎える5月末までに終息するが、冬にかけて日本国民の30%から40%が感染する可能性がある」と、警鐘を鳴らしている。 

 根路銘氏は国立感染症研究所呼吸器系ウイルス研究室室長や、WHOインフルエンザ呼吸器ウイルス研究センター長などを務めたウイルス、ワクチン開発の国際的な権威。(知念清張)





 関連記事 
  琉球新報 8年10月17日
      http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-137199-storytopic-1.html
       インフルエンザ消毒薬を開発 根路銘・生物資源研究所長



■メキシコで発生した豚インフルエンザは、ついに「フェーズ4」の新型ウイルスとして
認定されたが、空港での検疫もほとんど効果が望めないという。
しかしながら幸いなことに、この新型ウィルスの毒性はまだ弱いので、初期の段階で
適切な医療処置を受ければ、重篤な症状に陥ることはない。

一刻も早くこの消毒薬を実用化して、日本だけでなくインフルエンザの発生源となりうる
国々の豚舎、養鶏場などにも定期的に噴霧すれば、今後のインフルエンザの大流行を
防止できるかもしれない。

こんな素晴らしい画期的な発明にこそ、多額の補助金を投入して国家プロジェクトとして
支援していかなければならないと思う。


■根路銘所長は、この他にも癌細胞を破壊するウィルスの研究もしている。
まるでおととい紹介したWOWOWドラマ『パンドラ』の癌万能特効薬のようだ(^^;;
欧米の大手製薬会社に先駆ける根路銘所長のこの偉大な研究と、大いなるガッツに
心から声援を送りたい。





 きまぐれニャンコのサーカス団
2009年04月27日 (月) | 編集 |



上の写真はアメリカのヤフー・ニュースより。




■暗いニュース続きで少々気が滅入ったので、かわいい猫さんたちの話題など(=^・^=)
アメリカのシカゴに動物たちのショーを行う「ゴリラ・タンゴ劇場」というのがあって
(名前がすごいね(^^;))、なんと普通は芸なんかしようともしない猫たちも見事なサーカスの
芸を披露しているんだそうだ。


     AFPBBニュース 4月26日
      http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2596499/4073123

   芸をするのは気が向いたときだけ?シカゴで話題のネコのサーカス団

 米イリノイ(Illinois)州シカゴ(Chicago)にある「ゴリラ・タンゴ劇場(Gorilla Tango Theater)」でパフォーマンスを披露するネコのサーカス団「Acro-Cats Circus」のネコたち。
 このサーカス団は動物訓練士のベス・クリステル(Beth Cristel)さんとアシスタントのサマンサ・マーティン(Samantha Martin) さんが3年前にスタートさせたもの。2人はいつも餌で釣ってネコたちにやる気を起こさせるという。ネコたちはギターの弦をかき鳴らし、ドラムを叩き、ベルを鳴らし、スケートボードに乗り、ジャンプをして輪をくぐり抜ける。だが、それはネコたちの気が向いたときだけだ。(c)AFP






     

左:ようこそ! 猫のサーカスを楽しんでね。
中:ベルをリリリーン!
右:ギターを弾く姿に、われながらウットリなんだワ。







おいしいご飯ちょーだい。
くれなきゃギター弾かないもんにゃ。
ネコ缶を持っているのはサマンサさん。





     サーカス・キャットにはここで会えるよ。
       http://www.amazinganimals.biz/acrocats-rockcats.htm







 豚インフル拡大 このままではパンデミック(感染爆発)の恐れも
2009年04月26日 (日) | 編集 |



豚インフルエンザ感染予防のため、メキシコ市で農民にマスクを配る兵士。
同市の人口は約2千万。
市内の薬局の中には、マスクが売り切れるところも出ている(24日) 【EPA=時事】

たまたま先週の水曜日にマスクを買いに行ったのだが、
花粉症の季節が終わったからか、店頭からマスク類が消えたスーパーも多かった。
またインフルエンザが流行したら困るのにね…と家人と話したばかりで、この騒ぎ。
この先どこまで感染が拡大していくのか、不安は尽きない。





■メキシコで最初の患者が見つかったのが4月13日。
国内ではウィルスの正体がわからずカナダに依頼したが、検査結果が出る10日の間に
患者は1000人にまで増えてしまった。


■現在も感染者数、死亡者数共に増える一方で、新たにニューヨークの私立学校で
生徒75人が発症、うち8人から豚インフルの疑いのあるAウイルスが検出された。
http://www.47news.jp/CN/200904/CN2009042601000015.html (共同通信)


    時事通信 4月26日
     http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009042600009

  豚インフルは「緊急事態」=米で感染広がる
      -警戒レベル引き上げは見送り・WHO


【ジュネーブ25日時事】メキシコと米国で豚インフルエンザの人への感染が確認されたことを受け、世界保健機関(WHO)は25日、専門家による緊急委員会を開催した。マーガレット・チャン事務局長は緊急委終了後に声明を発表、同委が「現在の状況が国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態になっている」とする認識で一致したことを明らかにした。
 声明は警戒レベルについて、「さらなる情報が必要」と指摘。6段階の「3」(人から人への感染が全くないか極めて限定的な段階)から「4」(人から人への感染が増加する兆候のある段階)への引き上げは見送った。
 一方、米国では感染が拡大し、ロイター通信によると、中西部カンザス州保健当局者は州内で2人が感染したことを確認。カリフォルニア州でも感染者は7人に増え、米国での豚インフルエンザ感染者は11人となった。ニューヨーク市保健当局者は同日、私立学校の生徒8人が感染した可能性があると発表した。
 米疾病対策センター(CDC)当局者は、豚インフルエンザの感染拡大を封じ込めるのは困難と述べ、大流行への強い懸念を示した。 チャン事務局長の声明によると、緊急委は「すべての国が、通常とは異なるインフルエンザのような症状や深刻な肺炎に対する監視態勢を強化する」よう勧告。感染拡大を防ぐため、一段と警戒を強めるよう求めた。




■WHOは警戒レベルをまだ「フェーズ4」には引き上げないようだが、
米疾病対策センター(CDC)が、米国内の感染拡大の防止はすでに困難と言っているのが
恐ろしい。
またすでにメキシコや米国、カナダ以外の国へも感染者が渡航していると見たほうがいい。

【CDCは予防ワクチンを国内に配布する準備も進めているが、すでに感染爆発が起こる下地ができている可能性もある。備蓄してあるワクチンも今回の豚インフルに特化したものではなく、「遺伝子が適合する」株であるため、どれだけ効果があるか分からない状況だ。ベッサー氏は、「(予防接種や隔離などによる)感染拡大への対策を打つには、遅きに失した可能性も」と語っている。】
http://www.worldtimes.co.jp/news/world/kiji/090425-221158.html (世界日報)


■今回発見されたウィルスは、これまで人からも豚からも見つかったことのない未知の
新しいタイプのウィルスであり、米国での患者はすべて豚とは接触していないという。
日本でも対策本部が立ち上がったようだが、日頃から危機意識が薄く、未曾有の経済危機
だというのに対策が遅れて、先進国の中で日本が一番地盤沈下してしまった現実を見るにつけ
今度の対策も後手後手になりそうで大いに不安だ。

ゴールデン・ウィークで米国やメキシコに行く人々も多く、旅行客も不安を抱えながら空港の
売店で急遽マスクを買うなどの姿が報じられていた。
私が政府関係者なら、すぐに渡航禁止や制限措置をするのだが…。
また来日客も空港で検疫を受けているが、ウイルスには潜伏期間があるので、そのときは発熱
していなくても国内で感染が広がる危険は決して少なくない。
さらに日本国内の医療体制もお粗末で、とてもパンデミックに対応できるとは思えないのが現状だ。

そこで以下に、パンデミックを描いた映画やドラマを紹介したい。




     

左:1995年の映画『アウトブレイク』。
米国カリフォルニア州の小さな町に未知のウィルスによる伝染病が発生。
このウィルスは陸軍がアフリカでの局地戦に使用するため開発された生物兵器だった。
初めてこの映画を見たとき、ウィルスの映画館などでの感染の様子のリアルさと
その恐ろしいほどの感染スピードに震撼したものだった。
アウトブレイクには、パンデミックの意味もある。
この映画の影響で、今でも未知のウィルスと聞くと、
人為的に作られたものではないかと疑ってしまう。

右:パンデミックという言葉を広く知らしめたNHKスペシャルのドラマ
『シリーズ最強ウィルス 感染爆発パンデミック・フルー』
新型ウィルスが日本で感染爆発した場合を想定して作られたドラマで
医療現場は大混乱、都市部も麻痺というありさまに、思わず深いため息が出てしまった。
しかしこれが現実なのだ。
というより、本当の現場はさらに酷い様相になるのが目に見えるようだ。






     

左:最近の映画『感染列島』
私は未見だが、予告映像では上のNHKドラマの映画版に近いようだ。

右:WOWOWドラマ『パンドラ』 8話完結。
これはウィルスではなく、どんな癌にも効く夢の特効薬をめぐって、病院や製薬会社、
メディア、政界、警察、公安などの思惑が幾重にも絡み合って展開する医療ドラマである。
特効薬の名前はパンドラ。パンドラの箱の中からいろいろな厄災が飛び出たように
この薬を得ようとする人々にもさまざまな災いがふりかかる。
とにかく見始めたらもう止められない、というほどスリリングで面白いドラマだ。
もしタミフル以上のインフルエンザ用特効薬ができたら
このドラマのように、各国各界で文字通り必死の奪い合いになるのかもしれない。







 メキシコで新型豚インフル 日本も対策本部を設置
2009年04月25日 (土) | 編集 |



24日、メキシコ市の病院の入り口で、
豚インフルエンザ感染予防のためマスクを着け、並ぶ人々(AP=共同)




■鳥インフルエンザでも大きな脅威なのに、今度は豚インフルエンザがメキシコで発生。
すでに60人も死者が出ている。
同じ豚インフルの患者は米国でも見つかっている。

通常、豚インフルは滅多に人には感染しないが、今回発見されたウィルスは未知の
遺伝子構造を持っていて、豚と鳥と人に感染するという。
日本でも対策本部が設置されたが、ちょうどゴールデンウィークが始まったばかりで
海外へ行く人も増えるので、厳重な警戒が必要だ。


   共同通信 4月25日
   http://www.47news.jp/CN/200904/CN2009042401000977.html

      メキシコで60人死亡 WHO、豚インフルか

【ジュネーブ24日共同】世界保健機関(WHO)報道官は24日、メキシコでインフルエンザのような症例の患者がこの時期としては異常な増加を示し、3月末以降これまでに60人が死亡したと発表した。米国で7人の感染が確認された豚インフルエンザの疑いがあるとして調査している。

 メキシコのコルドバ保健相は同日、地元テレビに対し豚インフルエンザとの見方を示し、メキシコ市などの学校を休校措置にした。

 WHOによると症例が見つかったのはメキシコ市とその周辺で約800人のうち57人が死亡。同国中部でも24の症例と3人の死亡が確認された。患者の大半は、健康な青壮年層で乳幼児や高齢者の症例は少ないとしている。
 米疾病対策センター(CDC)は23日にカリフォルニア、テキサスの両州で7人の豚インフルエンザ感染者が出たと発表している。

 WHOによると米国で確認された豚インフルエンザのウイルスは従来、豚では見つかったことのない型。メキシコのウイルス型は確認できていない。





■朝日新聞によると、上の共同通信の赤字部分のように、
【通常のインフルエンザはお年寄りや子どもが患う場合が多いが、今回の患者の多くは、
普段健康な若者。地域的にも広がりが大きく、予測しがたい事態が起きているのでは、
との強い懸念をWHOは抱いているという。 】

また米国とメキシコの患者の豚インフル・ウイルスは同一の遺伝子を持っていることが
判明した。
いったいどういう経過をたどって豚インフルが人に感染するようになったのだろうか?
http://www.asahi.com/international/update/0425/TKY200904250051.html


■事態を受けて、日本政府も対策本部を設置した。

   毎日新聞 4月25日
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090425k0000e010049000c.html?link_id=RSH01    

          豚インフル:「フェーズ4」の場合 政府は対策本部設置

 政府は25日午前、米国とメキシコで豚インフルエンザが人に感染したことを受け、WHOが人から人への感染と新型ウイルスが確認された場合に出す「フェーズ4」を宣言した場合は、麻生太郎首相を本部長とする対策本部を設置することを決めた。河村建夫官房長官が明らかにした。

 また、政府は同日午前、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。同日午後には全省庁課長級会議を開催し、政府としての対応を協議する。【坂口裕彦】





【毎日新聞の用語解説より】

 豚インフルエンザ
豚の間で流行するインフルエンザ。
1930年に米アイオワ州で初めて見つかった。
A型インフルエンザの一種で、H1N1型が中心。
通常は人には感染せず、養豚農家など接触機会の多い場合にまれに感染する。
76、88年に米国で小規模な流行が報告され、死者も出ている。

 パンデミック(大流行)・フェーズ
WHOは、動物由来で人から人に感染する新型インフルエンザの大流行への
警戒度を6段階で示している。
現在は動物から人への感染はあるが、人から人への感染は非常にまれな「フェーズ3」。
新型インフルエンザが発生すると「フェーズ4」になり、
世界的な大流行状態は「フェーズ6」となる。







地図は朝日新聞より。
豚インフル患者発生地域。







 草(なぎ)事件 「最低」なのは巨額利権がらみの地デジ推進
2009年04月24日 (金) | 編集 |

■日本中を驚愕の渦に巻き込んだSMAP草(なぎ)逮捕。
本日24日の午後に処分保留で釈放されたが、そのとたんにテレビ各局の呼び名が
「草容疑者」から「草さん」に変わった。ほんとに変わり身が早いことで(ーдー)


■そして昨日怒り心頭で「最低の人間だ」と批判した鳩山邦夫総務相が、その言葉を
撤回。「『最低、最悪の行為だ』と言い換える」と、総務省に寄せられた多数の抗議に
屈した形で謝罪した。
しかし言い回しを変えてみたところで、鳩山総務相に「最低」などと他者を批判する資格が
あるかどうかについては、かなり疑わしいと言わざるを得ない。


■それは草をメインキャラにすえて強引に展開中の、地デジ推進事業についてである。
以前にもこの地デジのインチキ性を書いたことがあるが、ちょうどうまいタイミングで
SAPIO』5月13日号が、《テレビ「報道番組」は絶滅寸前》という特集を組んでいて
その中にジャーナリスト・清水典之氏の《NHK・総務省の天下り「地デジマフィア」が
報道番組の息の根を止める
》という記事があった。

詳しい内容については雑誌を読んでいただきたいが、多くの国民がデジタル移行に必要性
を感じていないにもかかわらず、総務省は2011年7月24日に完全移行を目指している。
ところが、

【電子情報技術産業協会(JEITA)は、11年までに普及するデジタルテレビは
6115万台で、4000万台近くのアナログテレビが残ると予測している。前出の池田氏
(地デジ問題に詳しい池田信夫・上武大学大学院教授)は「簡易チューナーやケーブル
テレビで対応するにしても、少なくとも1000万世帯は取り残されるのではないか」と
予測する。】



■しかも地デジになると、ダビングの回数制限もされるのだ。
著作権保護を名目に、放送波にB-CASシステムでスクランブルをかけるわけだが
すでにコピー制御を無効にする機器も発売され、B-CASは事実上意味を失った。

しかしながらこのB-CASカードがないとテレビは映らない仕組みになっている。
そしてB-CASカードを発行しているビーエス社の歴代社長はNHKからの天下り、
ビーエス社に業務を委託している社団法人デジタル放送推進協会は総務省の
天下り団体なのである。

【要するに、海賊版対策で意味をなさないうえ、視聴者は不便を強いられ、しかもB-CAS
利権に群がる人間を食わせるために、国民はカードシステムを機器に組み込む費用の負担も
させられていることになる。】



■この国の政府、官僚、メディア、警察、大企業のズブズブの癒着と共犯関係には
心底からあきれかえるが、その中でも特に、時の政府という権力におもねって官製ニュースや
くだらない番組を日々垂れ流し続けるテレビ・メディアには深い憤りを感じる次第だ。









 SMAP草逮捕で日本中が大騒ぎ
2009年04月23日 (木) | 編集 |



警視庁赤坂署を出る、草なぎ剛容疑者を乗せた車(23日午後、東京都港区)。
公然わいせつ容疑で現行犯逮捕されたことを受け、
CMなどに起用していた企業各社は対応に追われた。
トヨタ、タレント契約打ち切りも 【時事通信社】



■昨日から義母のお泊り介護のため、いつもより早めの朝食をとっていたら
テレビのワイドショーの中で、不意に「SMAPの草剛容疑者が公然わいせつ
容疑で逮捕」とのテロップが流れた。
思わずエエッ?と目を疑ったが、その後の詳しいフォローがない。
番組のキャスターやコメンテーターたちもキョトンとした顔で、番組自体も
浮き足立ったような流れになってしまった。

キムタク命で夜も寝ないでDVDを見続けている義母はといえば、こちらは草嫌いの
ためにまったく反応なし(^^;; ほんとにはっきりしていること。


■時間がたつにつれてようやく内容を報じる番組も増えてきたが、今回は○○メンバー
ではなくて、最初から容疑者とされた上に、本人出演のCMの自粛や中止の対応も
びっくりするほど早かった。ある意味怖すぎ。


   時事通信 4月23日
    http://www.jiji.com/jc/zc?k=200904/2009042300349&rel=j&g=soc

 草なぎ容疑者、地デジメーンキャラ降板へ=鳩山総務相「めちゃくちゃな怒り」

 鳩山邦夫総務相は23日、地上デジタル放送普及促進のメーンキャラクターを務める人気グループSMAPの草◆(弓ヘンに剪)剛容疑者が公然わいせつの容疑で現行犯逮捕されたことに関し、「事実関係を把握していないが、事実だとすれば、めちゃくちゃな怒りを感じる」と語った。その上で、「地デジ関係のいろいろなものは全部取り替える」と述べ、メーンキャラクターを辞めさせる意向を示唆した。2011年7月の地デジへの完全移行への影響については「ゼロとは言えない」と語った。



■ついでに地デジ移行自体も中止にしたら? 
と言いたくなってしまうけれど NHKまでトップニュースで扱うという
日本全国大騒ぎ状態(韓国も)で、いかにジャニーズ・タレントがこの国の隅々にまで
多大な影響を及ぼしているか、改めて目の当たりにした思いである。
テポドン発射騒動に匹敵する大ニュースかもしれない。
しかし、いつものようにメディアは大フィーバーだし、しばらくはこのニュースでもちきりかと
思うと、早うんざりの予感も…








 軍艦島が35年ぶりに一般公開
2009年04月22日 (水) | 編集 |



35年ぶりに一般公開された「軍艦島」=22日午後、長崎市の端島。
(朝日新聞 本社ヘリから、恒成利幸撮影 )



■長崎市の軍艦島(正式名・端島)の一般公開が本日22日から開始された。
観光客の上陸が認められたのは実に35年ぶりだ。
1890(明治23)年に三菱が海底炭鉱を操業、周囲1.2キロの小さなこの島に
一時期は5000人以上が暮らしたが、1974(昭和49)年に閉山して、
以来無人島になったままだった。
http://www.asahi.com/national/update/0422/SEB200904220009.html


■もうずいぶん前の話になるが、軍艦島の存在を知ってから、この不思議な島には
見果てぬロマンを感じてきた。廃墟となった軍艦島を映したDVDも持っているくらいだ(^^;;
その島がこのほど一般公開されるようになったとニュースで見て、深い感慨を覚えた。

一見すると奇妙な廃墟としか思えないが、島に建ち並んでいるアパート群は、なんと
大正5年(1916年)に建てられた日本最古の鉄筋コンクリート製の高層アパートなのだ。
しかもこんな昔に建てられたというのに、鉄筋はまだまだ頑丈で、現在の耐久年度を
はるかに超えているという。素晴らしい技術が使われているのだ。

さらに島には炭鉱の施設をはじめとして、学校や病院、保育園なども完備していた。
また建物同士複雑に組み合わされて建てられ、雨に濡れずに他の棟に行くこともできた。
建物の屋上には日本で初めての屋上庭園もあって、廃墟になってからも豊かな緑が
島々を美しく覆っている。
人々の暮らしは豊かで文化的で、とても密なコミュニティーが存在していた。
台風などの災害がなければ、なんともユートピア的な暮らしがここにはあったわけだ。

そうした意味でも、軍艦島の歴史をもっと公にして、できれば世界遺産に登録されること
を私も望んでいる。
ただの廃墟としてではなく、日本が世界に誇れるユートピアの遺産として。







地図も朝日新聞より。









 麻生首相へ エコカーのPRは国産車にしてね
2009年04月21日 (火) | 編集 |

■最近はますますエコエコアザラク…じゃなかったエコ・ブームに拍車がかかっているが
車もエコカーに買い替えると、今ならオマケがつくんだそうだ。
エコカーの普及はいいことだが、せっかく国をあげて宣伝するのなら、
当然ながら国産車をメインにしなくちゃね。
テレビを見ていて、思わずあれっ と思ったもんで。




  

写真は読売新聞より。19日、東京・千代田区で=横山就平撮影
左:エコカーに試乗する麻生首相。
右:エコカーの前で子供たちと記念撮影する麻生首相。

  ん? おベンツではあーりませんか。




    朝日新聞 4月19日
    http://www.asahi.com/car/news/TKY200904190149.html

      首相「エコカー買い替えで政府からオマケ」 補助金PR

 麻生首相が19日、自民党本部で開かれたエコカーの試乗会に参加した。一般公募で参加した親子連れら約100人を前に、首相は「今、普通の車からエコカーに買い替えると政府からオマケ上げます。補助金が出ます。買い替えるなら今がチャンス」。追加経済対策に盛り込んだ買い替え促進策をアピールした。

 首相は、展示された7台の電気自動車やハイブリッド車の運転席に一台ずつ座ってエンジンをかけ、メーカーの担当者の説明を聞いた。「運転したかったのでは」と記者団から問われると、「そうね。ずいぶん運転していないですからね」と話した。




■上の読売新聞では麻生首相が運転席に座ったのはベンツ。
私がテレビで見た、これも首相が座っていた赤い車はアウディだった

外車を映してどーする。
太郎ちゃんも大手メディアも、もっと状況をしっかり汲み取ってほしいものだ。