FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 サハリン日露首脳会談に託すさまざまな思惑
2009年02月14日 (土) | 編集 |


■左はマンガ家の花輪和一さん。
花輪さん原作の映画『刑務所の中』、私は大好きで、
何度観ても大笑いしてしまう。

■さてなぜ花輪さんかというと、私は以前このブログで、2兆円を定額給付金として広く浅く配るよりも、もっと大型の経済政策、たとえば九州と韓国、あるいは北海道と北方領土(サハリン)を結ぶ橋か海底トンネルを作れば、その経済効果は莫大なものになると書いたが、なんと花輪さんも同じ構想を持っていたことがわかってびっくりした、というわけなのだ。
ということは、私の発想もマンガちっく?



■2月6日の北海道新聞によると

     稚内-サハリンの架橋構想を話題に 首相に漫画で要望
      http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/145477.html?_nva=3

 市民団体・宗谷海峡に橋を架ける会は五日、麻生太郎首相に、今月中旬にサハリンで行う予定のロシア・メドベージェフ大統領との首脳会談で稚内-サハリンの架橋構想を話題にするよう求め、漫画の色紙を郵送した。
 札幌の漫画家で同会幹事の花輪和一さん(61)の作品。少女が笑顔の麻生首相に書状を渡す図柄で、橋を渡る新幹線や日ロの国旗も描いた。
 漫画好きで知られる麻生首相だけに、安濃豊代表は「プロの原画なら見てもらえるはず」と期待。首相の心をつかみ、構想実現への懸け橋となるか-。




■サハリンでの麻生・メド会談は今月18日の予定。
一方、麻生「笑っちゃう」批判をぶち上げた小泉元首相も、翌日さっさとロシアへ飛んだ。
こちらは「国際公共政策研究センター」というシンクタンクがらみで訪露するので
公式ではないが、奇しくも同時期に、サハリンで麻生・メド会談
モスクワでは小泉・プーチン会談が行われるわけで
「ロシアより愛をこめて」ならぬ「ロシアより政局をにらんで」
北方領土問題や「サハリン2」のガスパイプライン・プロジェクトなどをめぐり
さまざまな思惑が交錯しそうだ。

しかし交渉相手は、とにかくしたたかなプーさまとメドちゃんだし
どうなることやら。今後の成り行きを見守りたい。





スポンサーサイト