FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 ダボス会議 「私には信念がある」と麻生首相がアジア支援に1兆5千億円
2009年02月01日 (日) | 編集 |



ルノーのゴーン最高経営責任者(CEO)と握手する麻生太郎首相(右)。
首相は「世界第2位の日本経済が活力を取り戻すことが
何よりも日本の責務」と強調(31日、スイス・ダボス)【AFP=時事】

ゴーン社長時代の日産は、バッサバッサと社員をリストラ。
これを見習えと、以後の日本は終身雇用から能力主義へ移行して
役員や株主優先、労働者使い捨て社会になってしまった。




■国内生産が急落している。戦後最悪の危機だという。
09年の世界経済見通しでは、日本はG7の中でイギリスに次ぐ、マイナス2.6%になった。
大変だ大変だと言っているアメリカよりも、さらに悪化しているのだ

そんな中、このヒトだけは実に楽しそうに、31日、世界経済フォーラム年次総会
通称「ダボス会議」にやってきて講演した。


演題は「私の処方箋 ~世界経済復活に向けて~」。

で、「私には信念があります」などと、例の調子で話し出したのだ。
信念って、何がなんでも総理の椅子にしがみつくこと




■そしてその中で、こんなことなど明言しちゃったのだ。

麻生首相は31日昼(日本時間同日夜)、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の
特別講演で、世界経済の回復に向け、アジア諸国に総額1兆5千億円(170億ドル)以上の
途上国援助(ODA)を新たに拠出すると表明した。

http://www.asahi.com/politics/update/0131/TKY200901310196.html


自分の国では2億円の定額給付金ですったもんだしているというのに、
ODAにポンと1兆5千億円拠出ってどういうこと?
去年の11月には、IMFに1千億ドルの融資を申し出たし
オバマとの早期首脳会談実現の手土産に2兆円差し出すという噂もある。
国民がみな疲弊して虫の息の状態なのに、自分勝手に他国に大金をばら撒くなんて
まったく正気の沙汰ではない



■日本国民にとって不幸なことに、この麻生というヒトは
自分が一番外交に強いと本気で思っているらしいのだ。
世界の要人の前で演説する俺様ってスゴクないって鼻高々で
7月のサミットに参加するまではどうしても解散したくないと思っているというε-(;ーωーA フゥ…。

で今回の麻生演説の最期は、こんな調子。
フランスの哲学者アランは、「悲観主義は気分によるものであり、
楽観主義は意志によるものである」と述べました。
意志ある者が、難局を克服する、この確信を述べ、演説を締めくくりたいと思います。


年末に買った本からの引用だろうが(先日の所信表明もオバマ演説を一部パクった)、
いい加減この「能天気なお祭り男」をどうにかしないと、日本はこのまま沈没してしまう









前日の30日、キューバのラウル・カストロ国家評議会議長(右)が
メドベージェフ大統領の招待でロシアを訪問。
「戦略的パートナー関係」構築をうたった共同声明に署名した。
(写真はノーボスチ通信)

上の麻生・ゴーン写真と構図が似ているのでアップ
この2人の方が親密そうだが。




■同じダボス会議でも、ロシアは中国と並んで初日の基調演説を行った。
それに比べて日本は、どーでもいい位置での演説で、
内容だってちゃんと聞いてもらえたのかとても心もとない。

フランスのメディアは、「中国とロシアは今回のダボス会議でのVIP国だ」
「これは中国とロシアの国際舞台での重要性を強調したい主催者側の意図」と伝えた。

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=28025&type=1&p=1#t

ダボス会議の主催者側って  も、もしかして…(((=_=)))




■長くなったついでにおまけのニュース動画を。
やはり同じダボス会議で、イスラエルのペレス大統領が長々とガザ攻撃の正当性を
しゃべりまくったのに対して反論しようとしたトルコのエルドアン首相が、司会者から
もう時間がないのでと発言をさえぎられた。
これにカッとなったエルドアン首相は「人殺しをしているのはイスラエルだ!」と言って
さっさと退席してしまった。
で、30日に帰国したそのエルドアン首相を、数千人の市民が出迎えて、
国旗を振りながら熱狂的に歓迎したのだ。
ちょうどブッシュに靴を投げたイラク人記者みたいね、エルドアン首相は。
ニュース映像はノーボスチ通信。








スポンサーサイト