FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 オバマ氏支持率82%に
2008年12月25日 (木) | 編集 |



英大衆紙デーリー・エクスプレス1面(左)などに掲載された水着姿のオバマ次期米大統領。
パパラッチがハワイで撮影した上半身裸の姿や家族の写真がネット上で公開され、波紋。
「ハワイのいい男」の見出しの米紙も。 (時事通信 12月24日)




■CNN 12月25日
 http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200812250012.html

      オバマ氏支持率また上昇、82%に 政権移行の手腕評価

 閣僚指名を終え、ハワイで休暇を過ごすオバマ次期大統領ワシントン(CNN) CNNとオピニオンリサーチが24日に発表した世論調査で、バラク・オバマ米次期大統領の支持率が82%に上昇した。政権移行に向けた手腕が評価された。
 オバマ氏の支持率は12月初旬の調査に比べて3ポイント上昇。一方、不支持率は15%となり、3ポイント減少した。
 オバマ氏は、就任前のブッシュ大統領、クリントン前大統領と比べても高い支持率を保っている。就任前のブッシュ大統領の支持率は65%、クリントン前大統領の1992年当時の支持率は67%だった。
 オバマ氏の閣僚指名についても56%が「傑出している」または「平均以上」と評価。「平均的」と答えたのは32%、「平均以下」は11%だった。
 閣僚指名に対する支持率56%という数字は、ブッシュ大統領の閣僚指名に比べて18ポイント、クリントン前大統領に比べると26ポイント、それぞれ高くなっている。
 調査対象者の3分の1はオバマ氏の選出後、印象が良くなったと答え、印象が悪くなったとの回答は8%にとどまった。
 世論調査は19日から21日にかけ、米国の成人1013人を対象に電話で実施した。





■びっくりするほどの高支持率ではあるが、大統領就任後すぐに大試練に見舞われ支持率が急落するとの予言が飛び交っている。
それは米国のデフォルト宣言なのか、イランとの戦争なのか。
米国は経済破綻時に発生する内乱に備えて、すでに陸軍が国内各地に配備され、強制収容所も作られているという。
だからこそ、この支持率にはある意味恐ろしい思いがするのだ。
杞憂に終わればよいのだが。



■さて水着姿が話題のオバマ氏だが、同じ首脳で対抗できる肉体美の持ち主といえば
そう、この人、プーさまでしょう
あなたはどっちがお好み? (;^_^A










スポンサーサイト