FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 Viva!還暦ジュリー! 東京ドームで熱唱80曲!
2008年12月04日 (木) | 編集 |


         



         





■上の写真は全部サンスポより。
ついにジュリーが偉業を達成 まったくたいしたもんだヽ(*゜O゜)ノ
この熱気、このパワー、この体力が今の日本に必要なんだ

以下、ちょっと長いけど日刊スポーツの記事を転載する。


  日刊スポーツ 12月4日  
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2008120402000163.html

        還暦ジュリー 鉄人6時間半ライブ

 歌手の沢田研二(60)が3日、東京ドームで「人間60年 ジュリー祭り」と題した還暦記念コンサートを開催した。11月29日の京セラドーム大阪に続く自身初のドーム公演で、幅50メートルのステージを駆け回りながら全80曲を約6時間半にわたって熱唱し、東京ドームで行われた単独コンサートとしては史上最長記録を更新した。妻で女優の田中裕子(53)や、ザ・タイガース時代の同僚・岸部一徳(61)、森本太郎(60)も見守る中、最後まで元気に歌いまくったジュリーの姿に、幅広い層にわたって詰めかけた約3万2000人のファンが酔いしれた。

 ジュリーが泣いた-。1967年にザ・タイガースとしてデビューしてから41年。3万2000人ものファンを集めたのは、自身初だった。

 「僕は夢を見る男ではありません。でも、みんなに夢の中に連れて行ってもらいました。60にもなって、3万人(以上)もの人の前に立って歌えることは、本当にうれしさの極みです。また明日からはしっかりと日常を暮らして、1日でも長く歌っていきたいと思います」

 まさに鉄人だ。デビュー以来約40年間、欠かすことなく新作アルバムのリリースと全国ツアーを開催してきた沢田は、還暦イヤーのラストを飾る大舞台のために、大好きな酒を断ち、人知れず今回の公演に備えてきた。 名物の長いトークは封印し、30分の休憩以外はほぼノンストップで歌いっぱなし。「ありがとう、サンキュー、ありがとね!!」。楽曲の終わりごとに必ず客席に向かって投げかけるお決まりのセリフは80回に及んだ。

 オープニングは、インディアン風の白い羽飾りをまとって花道に登場。ソロデビュー曲「君をのせて」や「コバルトの季節の中で」などの代表曲をはじめ、「君だけに愛を」「シーサイド・バウンド」などタイガース時代の名曲も9曲披露した。

 第2部では、「TOKIO」や「勝手にしやがれ」などのヒット曲を連発し、お祭りモードに突入。学生を中心とした混声コーラス隊1000人と、総立ちとなったファン全員で「あなたに今夜はワインをふりかけ」を大合唱すると会場のボルテージは最高潮に。最後は全員参加の一本締めで、“還暦大感謝祭”を締めくくった。

 このライブの模様は、NHK総合で27日午後10時放送のダイジェスト版(45分)のほか、28日は同局のBSハイビジョンで午後10時30分から約1時間半の番組として放送される。





スポンサーサイト