FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 麻生「言いまつがい」首相は日本のペイリンだ
2008年11月13日 (木) | 編集 |

■このヒトは「マンガ脳」というか、義務教育すらきちんと受けたのか疑わしくなるほど基礎学力に欠けている。私もどちらかというとマンガ脳に近いけど、でもここまでひどくはない(と思う)。 
本人は読み間違いだの、言い間違い、ほぼ日的には「言いまがい」と強調しているが、単に無知なだけでしょ。
アフリカが国名だと思っていったあのセーラ・ペイリンといい勝負だわ。
ペイリンは敗北してアラスカに戻ったからいいけど、日本のペイリン「マンガ脳」麻生は日々日本を没落へと追い込んでいるから、国民はたまったものじゃない。


    時事通信 11月12日
    http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008111201068

         「頻繁」を「はんざつ」=麻生首相、読み間違い連発

 麻生太郎首相が12日、母校の学習院大学で開かれた日中両国の交流事業「日中青少年歌合戦」でのあいさつで、「頻繁」を「はんざつ」と言い間違える場面があった。
 首相は、用意した文書に目を落としながら、12月に日本で開かれる日中韓首脳会談に触れ「1年のうちにこれだけ『はんざつ』に両首脳が往来したのは過去に例がない」と語った。さらに、今年5月の四川大地震に関するくだりでは「未曽有の自然災害」を「みぞゆう」と読み誤った。
 首相は7日の参院本会議でも、自らの歴史認識を問われ、アジア諸国への侵略を認めた1995年の村山富市首相談話を「踏襲する」と言うべきところを「ふしゅうする」と答弁している。 
 首相は12日夜、記者団から相次ぐ読み間違いを指摘されると、「そうですか。単なる読み間違い、もしくは勘違い」と、ばつが悪そうだった。 





■ここは、おしゃれなアクションコメディーマンガ『エロイカより愛をこめて」のエーベルバッハ少佐の口癖で、マンガ脳首相を一喝したい。



      「アラスカへ行け!」



そ。ペイリンも白熊も待ってるからね~っ





スポンサーサイト