激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 ウォール街に労働者の怒りがあふれ、金融安定化法案は否決された
2008年09月30日 (火) | 編集 |

金融安定化法案、米下院が否決



■写真は、法案否決を伝える電光掲示板。
(29日ニューヨーク市内で CNN)

■米政府は約75兆円の公的資金で金融機関の不良資産を買い取ることを柱にした金融安定化法案を議会に提出していたが、米下院はこれを否決した(賛成205、反対228)。反対票を投じたのは民主党の議員が4割、共和党は7割にものぼった。
あまりに巨額の税金の投入に国民の不満が強く、それが反映された結果だと見られている。

この法案否決を受けてNY株は史上最大の下げ幅を記録し、各国にも金融不安が広がっている。







ウォール街で米市民が抗議デモ


■この否決に先立つ25日、約75兆円の公的資金投入に反対する市民や議員たちが、ウォール街で大規模な抗議集会とデモを行った。

      AFPBBニュース 9月26日
       http://www.afpbb.com/article/economy/2521695/3374858

       企業重役は金融危機の責任取れ、ウォール街で市民ら抗議

(前略)「最も裕福な人々、最高の給料を得ていた人々は何ら犠牲を求められていない」
「(政府の支援策は)失策をしでかした重役らが法外な給料とボーナスをもらい続けることを(財務省が)認める法案だ」

 ウォール街の重役たちの巨額の給料小切手、ボーナス、多額の退職金を、一般の米国民は「欲はいいことだ」とみなす金融業界の哲学を体現していると見ている。

 USAトゥデー(USA Today)の調査によれば、経営破綻(はたん)した証券大手リーマン・ブラザーズ(Lehman Brothers)のリチャード・ファルド(Richard Fuld)CEOの2007年の給与は、ストックオプション(自社株購入権)などを含めて2200万ドル(約23億円)。

 今月までアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の社長だったマーティン・サリバン(Martin Sullivan)氏は、1400万ドル(約14億8000万円)を受け取っていた。

 こうした巨額の給与に対する怒りが、市民の間に政府の救済策そのものに対する疑念をふくらませている。(c)AFP/Sebastian Smith




■このときの抗議デモの様子を報じている映像をYou Tubeから。
BAILOUT(企業救済)=BULLSHIT(牛のクソ でたらめの意)」と書いたプラカードを持った人々がいる。
ウォール街にある牛の像にひっかけた皮肉である。
また「マルクス」の写真を掲げ持った人もいてびっくり
とうとうアメリカから本物の社会主義革命が起きるのか
ソ連や中国は、ただの「偽装革命」にすぎなかったからね(^^;;










ロシアでは国営銀が貸し付けへ



■一方ロシアでは29日、こうした金融危機に備えて以前から着々と準備を進めてきたプーチン首相が、ロシア国営銀が銀行や企業に貸し付けを行うことを明らかにした。



ロイター通信 9月30日
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-34010120080930

   ロシア国営銀、銀行や企業に貸し付けへ

[モスクワ 29日 ロイター] ロシアのプーチン首相は、対外債務を返済する必要のある金融機関や企業に対して、国営対外経済銀行(VEB)が最大500億ドルの貸し付けを行うことを明らかにした。複数の通信社が29日伝えた。

 これは市場と金融セクター救済策の一環で、世界的な信用収縮で海外での借り入れが困難となっている企業の支援につながるとみられている。
 プライム・タス通信は、プーチン首相が「ロシアの銀行および企業はすべて、9月25日までに発生した対外債務の返済に充てる資金の貸し付けをVEBに申請できる」と述べたと報じた。
 また、インタファクス通信によると、プーチン首相は、VEBの資本を今年750億ルーブル(29億7000万ドル)引き上げると表明したほか、商業銀行がインターバンク市場での貸し付けによって損失を被った場合、ロシア中央銀行がこれを補てんできると述べた。







スポンサーサイト

 「けんか好き」麻生首相所信表明はこれまた異例の民主党への逆質問
2008年09月29日 (月) | 編集 |


■右の写真は、衆院本会議で所信表明演説をする麻生首相(朝日新聞9月29日・松沢竜一撮影)

■麻生新首相就任に際し、ニューヨーク・タイムズは25日付の社説で中韓両国との関係を悪化させた「けんか好きな国粋主義者」と断じる社説を掲載。

外相時代に「戦前の日本の植民地化政策の成果を賞賛し、旧日本軍による残虐行為を正当化する一方、中国を危険な軍事的脅威だと述べた」とし、首相として「近隣諸国を対等に扱う必要がある」と論評した。

また日米関係については、「米国は、帝国主義の幻想でアジア中を怒らせるような(日本)政府を必要としているのではない」との厳しい見方を記した。
<読売新聞 9月29日記事の概略>
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080926-OYT1T00611.htm


■この社説に対して外務省が反論。
薮中事務次官は、「日米同盟を基本に中国や韓国など近隣諸国との関係も強化し、地球規模の問題にも取り組む、非常にバランスのとれた外交姿勢だ」とNY紙に伝えた。
<朝日新聞 9月29日記事の概略>
http://www.asahi.com/politics/update/0929/TKY200809290277.html


■戦後一貫して「日米同盟」を最重要課題として掲げてきた自民党。
実態はといえば、同盟とは名ばかりの不平等関係で、恫喝されようが無視されようが、アメリカ様のためならたとえ火の中水の中と一生懸命貢いできたのだが、その肝心のアメリカ様の関心と軸足はすでに中国に移っていて、その中国を敵視する日本政府は許せんといった論調になったわけだ。

一見愛国(ナショナリスト)を装った麻生内閣だが、中身は結局国民よりもアメリカ重視の売国政策であり、しかも片思いの相手からも冷たく見放された情けない状況になってしまった。
いくら自民党でも、もういい加減目を覚ます時期なのではないか?


■で、その麻生首相が本日、就任後初めての所信表明演説を行ったが、異例の組閣メンバー紹介を行ったばかりだというのに、この所信表明でもこれまた異例の民主党への質問を連発した。これでは「自民党をぶっ壊す」どころか、「議会政治をぶっ壊す」、とんでもないルール違反ではないか。
当然民主党は反発し、「答弁を認められていないのに、(民主党に)質問をするのはおかしい。所信表明に名を借りた総選挙の事前運動だ」と強く批判した。


     朝日新聞 9月29日
      http://www.asahi.com/politics/update/0929/TKY200809290282.html   
       

         麻生首相、冒頭に陳謝 所信表明で民主党へ逆質問も

 麻生首相は29日、衆参両院本会議で就任後初めての所信表明演説を行った。(1)国会での合意形成(2)補正予算(3)消費者庁創設(4)日米同盟と国連(5)インド洋での補給活動の継続――の5点について、民主党が代表質問で具体的な対応を明らかにするよう逆質問する異例の内容。与野党の政策協議を求め、応じない場合は衆院を解散する布石を打つとともに、総選挙での争点を明確にする狙いとみられる。 (以下略)







 ガラガラだった国連総会演説
2008年09月28日 (日) | 編集 |

■就任早々国連へ飛んで、得意気に初演説を披露した麻生首相。
本人も「外交の麻生」を自認しているらしく(根拠はないが)、途中翻訳機の故障で演説が中断されても、上機嫌で英語のジョークを言ったりしていた。ジョークの拍手を強要したけど


■テレビでもこの演説を大きく取り上げ私も先日のブログに書いたが、どうも演説の聴衆が少なかったとの噂が流れているので、どれどれと改めてニュース映像を眺めてみた。
テレビによっては、たとえばNHKなどは首相周辺しか映さなかったので、さぞや大聴衆を前にして…などとテレビを観る方も先入観を持って視聴してしまう。
で、CNNの映像によると…。







どうだい。得意の英語で挨拶なんかしちゃったぜ。








世界のひのき舞台に立ったカッコいいオレ様。








あれれ、日本語が同時通訳されてないんだけど。








なんか日本の席の周辺に空席が目立つような…。気のせい?









うわあ、ガラガラじゃん。誰も聞いてないし





■前回の小泉首相が国連演説したときも、同様にガラガラだったとか。
世界の中の日本の地位の軽さというか、外交のペケぶりがいやでも目に付いた今回の国連演説だった。
あ~あ(;-_-) =3






 麻生右派政権誕生で加速する「日米同盟強化」
2008年09月27日 (土) | 編集 |

■倒しても倒しても次から次へと悪玉が湧いて出る自民党
で、最後に湧いて出たのが麻生タカ派お友だち内閣だった。
そこで何が起こったかというと、次のようなことだったのである。





憲法解釈見直しだぜぃ




国連総会で演説する麻生首相=25日、ニューヨーク〔日経新聞・AP〕



■首相に任命されたその足でニューヨークに飛んだ麻生首相は国連総会に出席。
記者団に対し、これまで集団的自衛権の行使を禁じてきた憲法解釈について、「基本的に変えるべきだ。これまでもそう言ってきた」と話し、日米同盟強化に向けて積極的に憲法解釈変更を進めていく方向性を示した。
この意味では、憲法解釈変更を否定していた福田内閣から解釈変更派の安倍内閣の方針へと逆戻りしたことになる。







日本は米軍基地の最前線


  

写真左:横須賀港に入港する「ジョージ・ワシントン」(神奈川新聞)
右:横断幕などを掲げ、米空母ジョージ・ワシントンの入港に反対する船
(朝日新聞 杉本康弘撮影)



■たばこの不始末で艦内火災を起こした米原子力空母ジョージ・ワシントンが、1ヶ月遅れで25日に米海軍横須賀基地に入港した。横須賀基地に配備される空母としては4代目だが、原子力空母が米国外に配備されるのは今回が初めてである。これでは日本はまるっきり属国か植民地扱いではないか。
これまでも原潜が寄航の際に微量の放射能漏れを起こしていたことが明らかになっており、すでに形骸化が進んでいる「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」という「非核三原則」は、この原子力空母の母港化によってもろくも崩れ去ろうとしている。

小泉元首相は引退して4代目の息子を後継にし、地元の横須賀には4代目の空母、それも原子力空母が母港として配備された。なんとも皮肉な出来事である。








国民の命より米国への思いやり


■これまでアメリカ様の要求には「イエス、イエス」の二つ返事で応じてきた日本政府。
麻生新政権になって、このイエスマン外交はますます顕著になってきた。
表では日米同盟といってはいるが、実態は対等な同盟ではなく、宗主国アメリカと植民地日本の不平等な関係に過ぎない。

いまや日本人の4人に1人が生活困窮に苦しんでいるというのに、アメリカへの献上金はますます多額のものになろうとしている。


      琉球新報 9月24日
       http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-136479-storytopic-108.html

             グアム移転費47億ドル増 米太平洋海兵軍

 米軍再編による在沖米海兵隊のグアム移転で、日米両政府が分担することで合意した移転経費について、米太平洋海兵軍が日米合意額(約103億ドル=約1兆815億円)より47億ドル(4935億円)増となる150億ドル(約1兆5750億円)と見積もっていることが22日までに分かった。新たに高速艇整備などを盛り込んだ。米政府監査院(GAO)が9月17日付の報告書で同軍幹部の見積もりとして示した。
 移転経費支出に向けては不確定要素があると分析している。その条件の一つとして、普天間飛行場移設をめぐって「さまざまな計画の変化を落ち着かせる必要がある」と指摘。移設案の沖合移動を念頭に米政府にも対応を促した格好だ。
 日米両政府は2006年4月に移転経費の内訳について、日本側が約61億ドル(59%)を負担することで合意した。報告書は今回の増額分の負担内訳には言及していないが、経費の増額に米連邦議会の難色も予想されることから、今後さらに日本側の負担増を求める要求が米側から上がる可能性もありそうだ。 経費増の内訳は、グアムでの移動用の高速艇購入と整備費や、新たな施設整備が検討されている北マリアナ諸島の訓練関連経費、施設家具経費など。
 報告書はさらに、移転経費とは別に、グアムや北マリアナ諸島での海兵隊専用訓練場整備関連経費として20億ドルを見積もっている。
 隊員の戦略的移動にかかる経費では、沖縄からの移動と比べグアムからだと年間8800万ドルの追加が生じると見込んでいる。(滝本匠)









 小泉引退と麻生内閣初支持率
2008年09月26日 (金) | 編集 |

小泉元首相が引退声明




後援会事務所を後にする小泉純一郎元首相
(毎日新聞・吉田勝撮影)



■昨夜、小泉政界引退のニュースが大きく取り上げられた。
やっとこの日が来たかと安堵の思いがしたが 聞くところによると、27歳の次男を後継者にして、自らは引退後も政治にかかわっていくという。

よく映画などでモンスターや魔物を退治した後に、ちぎれた体の一部や子孫が地中深く隠れて次の機会をひそかに狙うといったシーンで終わりになったりするが、まさにそれと同じパターンだ。
まがまがしきもの、汝の名は小泉、ってとこか

「構造改革だ」「自民党をぶっ壊す」だのと言っていた本人が、最も古いタイプの世襲型保守政治家だったという皮肉。引き際が肝心だと自らの美学を披露してみせたということだが、父親の引退年齢と自分の政界デビュー年齢を今回も重ねてみただけであって、日本中がその小泉美学とやらに長い間引っ張りまわされ、地方は疲弊し人心は荒廃して、国中が破壊されてしまった。


■まさに思いつきの改革によって「日本」をぶっ壊されてしまったわけだが、その執政の総括も謝罪もないまま、今また再び国民を置き去りにしてさっさと身を翻し去っていこうとしている。
この点について毎日新聞は以下のように書いている。


     毎日新聞 9月26日
      http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080926k0000m010093000c.html

(前略)
◇派遣ユニオン「若年労働者が最大の被害者」

 一方、小泉改革で窮地に陥った人たちの見解は辛らつだ。
 公共工事削減の影響で06年、神戸市内で経営していた土木工事会社が倒産した市内の男性(61)は「家も何もかもなくした。経営者の仲間も2、3人自殺した。『痛みに耐えろ』とだけ言って投げ出すのは許せない」と今も憤る。

 派遣労働者の労働条件改善などに取り組む派遣ユニオンの関根秀一郎書記長(44)は「小泉改革の規制緩和が雇用に残したつめ跡は非常に大きい。日雇い派遣労働者など使い捨てとも言える雇用を許し、ワーキングプアを増大させた。前回衆院選の時、若年労働者は小泉元首相のワンフレーズに期待した。しかし、今彼らは最大の被害者だ」と批判した。

 午後7時半すぎ、東京都千代田区のゆうちょ銀本店で開かれていた店長会議を終えて出てきた男性店長(55)は「小泉元首相は郵政3事業を放り投げたまま、その後の方向性を示さなかった」とため息をついた。(後略)








麻生内閣すでにボロボロ 支持率48%


   

朝日新聞より。



■発足したばかりの麻生政権。
首相になりたての麻生氏は早くもニューヨークに飛んで国連で得意気に演説しているが、その足元はすでにグラグラ。小泉は引退するし、支持率は低いし、就任したての大臣はもう失言
あまりのふがいなさに国民はおろか、自公内部からも憤りの声が上がっている。


      共同通信 9月25日
       http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008092501000745.html

           麻生内閣支持率48% 福田政権発足時下回る

 麻生内閣発足を受け、共同通信社が24日夜から25日にかけ実施した全国緊急電話世論調査で、内閣支持率は48・6%となった。不支持率は32・9%だった。支持率は昨年9月の福田前内閣発足直後の57・8%を下回った。

 次期衆院選比例代表の投票先は、自民党34・9%、民主党34・8%と拮抗した。このほか公明党5・7%、共産党2・7%、社民党1・2%、国民新党0・4%、新党日本0・2%。

 麻生太郎首相と民主党の小沢一郎代表の「どちらが首相にふさわしいか」との質問では、麻生氏が53・9%で、小沢氏の29・4%を大きくリードした。

 ただ、望ましい政権の枠組みでは民主党中心の政権への交代がよいと答えた人が43・8%で、自民党中心の政権継続の38・1%を上回った。








中山国交相が失言(本音)3連発



■このヒトの妻は拉致問題で有名な中山恭子。
ダメ夫の舵取りくらいキッチリしてもらわないと国民は大迷惑だ。

 
      毎日新聞 9月25日
       http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080926k0000m010109000c.html

        中山国交相:成田問題「ごね得」 日教組批判も

 中山成彬国土交通相は25日午後、国交省内で行った報道各社のインタビューの中で、成田空港の拡張が進まなかった原因について「(地元住民の)ごね得」「戦後教育が悪かった」と述べるなど、突出発言を繰り返した。夜になって「誤解を招く表現だった」としていずれも撤回したが、関係者の批判を招きそうだ。

 中山国交相は、所管する成田空港の整備についての質問に「かつて1車線(滑走路1本)がずうっと続いて日本は情けないなあと(思った)。ごね得というか、戦後教育が悪かった」「公のためにはある程度は自分を犠牲にしてでもというのがなくて、なかなか空港拡張もできなかった」と答えた。

 国交省の無駄遣いをめぐるやりとりの中では、「ついでに言えば、大分県の教育委員会の体たらくなんて、日教組ですよ。日教組の子供なんて成績が悪くても先生になるのですよ。だから大分県の学力は低いんだよ」と述べた。自らが文科相だった時に全国学力テストを提唱した理由について「日教組の強いところは学力が低いのではないかと思ったから。現にそうだよ」と続けた。

 さらに、観光行政の課題に関する問いに「日本は『単一民族』といいますか、世界とのあれがないものですから、内向きになりがち」と答えた。




      日刊スポーツ 9月25日
      http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20080925-412668.html
 

 中山成彬国土交通相が25日、報道各社のインタビューで「日本は非常に内向きな単一民族」などと発言し、アイヌ民族からは「閣僚がこの程度の知識なのか」と反発の声が相次いだ

 アイヌ最大の団体北海道ウタリ協会の阿部一司副理事長は「とんでもない発言だ。随分残念で悲しい」と憤る。協会として近く中山氏に厳重に抗議し、発言の趣旨を問いただしたいという。

 アイヌ民族共有財産訴訟の元原告団長で札幌市白石区の小川隆吉さん(73)は「このような発言をする人が閣僚をする資格はない。日本にはアイヌを含めさまざまな人が住んでいることを忘れないでほしい」と話した。

 政府は6月、アイヌを先住民族と認め、社会的経済的な格差の解消に向けた有識者懇談会を設置したばかり。







 VIVA沢田研二! 『SONGS』で愛と9条と永遠の友情を歌う
2008年09月25日 (木) | 編集 |

■今年の6月に60歳の還暦を迎えたジュリーこと沢田研二。
NHKの『SONGS』で2週にわたり、久々の美中年ぶりと変わらぬ美声を披露した。





Part1   9月17日 SONGS 第60回







番組の解説より
今年還暦を迎え、11月の京セラドーム大阪・12月の東京ドーム公演に向けたツアー真っ最中の沢田研二さんを、2週にわたって特集します。テレビの音楽番組には、2001年以来、実に7年ぶりの登場です。
part1では、5月に発表したニューアルバムの楽曲とヒット曲のナンバーを織り交ぜ、今の沢田研二の“ロック”を表現します。


曲目
■ROCK'N ROLL MARCH
■我が窮状
■君をのせて
■勝手にしやがれ
■神々たちよ護れ





   

にこやかにインタビューに答えるジュリー。
60歳で金髪って、いかにもジュリーらしい
右は若いころ。






   

東京混声合唱団をバックに「我が窮状」を歌う。
穏やかに、しかしきっぱりと9条を救おうという
平和のメッセージを歌詞にこめて。






   

いくつになってもロックンローラー・ジュリー
激しく動き回りながら、息を乱さず歌い上げる。
曲は「神々たちよ護れ 」。











Part2   9月24日 SONGS 第61回







番組の解説より
今年還暦を迎え、11月の京セラドーム大阪・12月の東京ドーム公演に向けたツアー真っ最中の沢田研二さんを、2週にわたって特集する2回目。
今回はゲストに、元ザ・タイガースのサリーこと岸部一徳さんとタローこと森本太郎さん、そしてソロになってからの沢田さんを長年プロデュースしていた加瀬邦彦さんを迎え、ザ・タイガース時代から今日まで、人と人のつながりを大切に音楽と向き合ってきた沢田研二さんの、歌と思いにスポットを当ててお送りします。


曲目
■時の過ぎゆくままに
■危険なふたり
■海にむけて
■君だけに愛を
■Long Good-by





   

左から「時の過ぎゆくままに」、 「危険なふたり 」
そして加瀬邦彦の曲にジュリーが歌詞をつけた新曲「海にむけて」を歌う。
右から2番目が加瀬。まさにゴールデン・コンビだ。







   

ザ・タイガースのメンバーだった旧友たち。
左の写真:左が森本太郎(タロー)、真ん中が岸部一徳(サリー)。
右:収録スタジオにて。






   

ザ・タイガースのドラムスだった瞳みのる(ピー)へのメッセージを
ジュリーとサリーが歌詞にしたためた。
1番2番の歌詞はサリーが、そして3番はジュリーが書いた。
右:ザ・タイガースの5人。
左からタロー、トッポ(加橋かつみ)、ピー、ジュリー、サリー。
グループ解散後、ピーはメンバーと離れ教師になった。
その後再び全員が集まることは未だない。






   

ピーへの変わらぬ友情を呼びかける「Long Good-by」。
歌詞:岸部一徳、沢田研二  作曲:森本太郎
ジュリーの温かくやさしい笑顔のアップで番組は終わる。






■2週間分録画しておいて、本日ようやく番組を観た
NHKは画面の端にアナログ表示を出すようになった。哀しいなあ。
ま、地デジには反対なので、ギリギリまでアナログテレビでがんばるぞ。
一般家庭と違って、30台くらい買い換えなくちゃならないので頭が痛いワ。

などとぼやきながらも(^^;;
ジュリー、ほんとに素敵だったよ
若いころはちょっと神経質っぽく見えてどーも、ってかんじだったけど
年齢を経るごとに人間としての円熟味が増して、よりいっそうチャーミングになった。

昔はリアルタイムでタイガースやテンプターズなどのグループサウンズが出演する
テレビ番組を観ていたし、ソロになったジュリーも、毎週歌番組で眺めていたものだった。
とはいえジュリーの原点は、やっぱりタイガースだと思う。
トッポの脱退、シロー(岸部四郎)の参加、そしてピーとの別れといろいろあって
だけど30余年を経て、そうした確執やわだかまりも氷が溶けるようになくなってゆき
永遠に変わらぬ熱い友情とやさしい思いやりへと昇華した。
ジュリーの最後の笑顔がそれを物語っている。


■ジュリーの歌う名曲はたくさんあって覚えきれないほどだが
私が特に好きなベスト5は、タイガースの時とソロの時代を合わせて…

時の過ぎゆくままに
ロンリー・ウルフ
君をのせて
十年ロマンス (作詞:阿久悠 作曲:沢田研二)
青い鳥 (作詞・作曲:森本太郎)


  



 参院首相指名選挙中に組閣情報
2008年09月24日 (水) | 編集 |

■本日午後、衆参本議会で首相指名選挙が行われた。
衆院では与党による過半数票で麻生氏が首相に指名された。
続く参院では、過半数にあと1票という120票を民主党小沢氏が獲得。
国民新党が最初から小沢支持に回った結果で、決選投票では社民の5票がこれに加わり(共産党の7票は白紙)小沢氏が首相に指名された。


■衆参で結果が違うので、この後は憲法の規定によって衆院の議決が優先され麻生氏が首相になるわけだが、NHKで参院の指名選挙を放送中に、麻生内閣の組閣情報がテロップで流れた。
ちょっと待て
いくら麻生氏が首相になることが見え見えの事実でも、仮にも首相を指名する選挙中である。
選挙の結果を待たずに、なぜ公然と組閣情報が流れるのか
あまりにも国会軽視ではないか。

おまけに麻生氏は首相指名を受けた後に、閣僚名簿の発表を、官房長官にかわって自ら行う予定だという。
民主党をナチスとなじった本人こそがもっともナチスに近いという本性を早くもあらわしたといえるだろう。




 自民総裁選・予備選に多数の批判無効票
2008年09月23日 (火) | 編集 |

■麻生氏の圧倒的勝利で終わった(とされている)自民党総裁選だが、実際には予備選の投票率がかんばしくなかったようだ。
今朝の朝日新聞によると、35都道府県のうち31道府県で前回より投票率が下がった
前回より上がったのは熊本、東京、青森、長野の4都県だけだった。




■また無効票の中には自民党への批判票も多かった。

朝日新聞…【各地の無効票の中には、「小沢一郎」「オバマ」のほか、「自民党はもうだめだ」(栃木)、「どうせすぐやめるんだろう」(東京)と書かれた投票用紙があった。】

毎日新聞…【東海3県:無効票には他党の党首名「ばかたれ」などの言葉が書かれたものもあり、党に対する党員の不満の強さもうかがわれた。
三重県連では「小沢一郎」と書かれたものが8枚、「志位和夫」も1枚あり、「あきがきた 何度も聞くぞ 党再生」という川柳を書いたものもあったという。】

西日本新聞…【無効票の中には、候補者全員にバツ印をつけたり、「茶番」と赤で大書したものもみられた。】



■記事を読んでて思わず吹き出したが
新しく総裁になったこの人は、どうやらこうした危機意識は持ち合わせていないようだ。
自らを省みることなく他党の悪口ばかりしか言えないのは、自らの中身のからっぽさを露呈しているのと同じだ。

     
     時事通信 9月23日
       http://www.jiji.com/jc/zc?k=200809/2008092300363&rel=j&g=pol   

         「国家支える覚悟ない」=民主批判を展開-麻生総裁

 「この1年間、民主党は国家国民のために一体何をしてきたのか」。自民党の麻生太郎総裁は23日、都内のホテルで開かれた公明党大会での来賓あいさつで、民主党批判を展開した。
 麻生氏はインド洋での海上自衛隊による給油活動継続に反対するなどした同党の国会対応に触れて、「すべて政権交代や政局のためという話は、明らかに国民を無視している。政権交代の先に何が待っているのか示してほしい」と求めた。また「国家を支える覚悟と決意がないから、(小沢一郎代表は)大連立などという話を(福田康夫首相に)持ち込んだのではないか」とボルテージを上げた。







 自民党新総裁は予定調和で麻生氏に
2008年09月22日 (月) | 編集 |



自民党総裁に選出され一礼する麻生太郎氏(時事通信)




■かくして茶番劇はフィナーレを迎え、予定通り麻生太郎氏が自民党の第23代総裁に選出された。

得票数は、麻生……国会議員票217、地方票134、合計351
       与謝野…国会議員票 64、地方票  2、合計 66
       小池……国会議員票 46、地方票  0、合計 46
       石原……国会議員票 36、地方票  1、合計 37
       石破……国会議員票 21、地方票  4、合計 25




■時事通信 9月22日
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date1&k=2008092200651

              麻生新総裁のあいさつ要旨

 自民党の麻生太郎新総裁が22日の両院議員総会で行ったあいさつの要旨は次の通り。
 このたびの総裁選で選挙戦を繰り広げた5人の間の「対立」という文字は、この瞬間に終わっている。自民党は国民政党として国民の負託に応えるべく、互いに手を携えて頑張っていかなければならない。
 ここに初代鳩山一郎、二代石橋湛山、三代岸信介など歴代の総理総裁の写真が掲げられている。
それぞれの時代、党に与えられた仕事は重かったがそれをくぐり抜けて今日の自民党がある。思い返せば130年前の9月22日、(祖父の)吉田茂が生まれた。おとといわたしも68歳になった。
 われわれは政権政党として次の総選挙で民主党と戦っていかなければならない。その選挙に勝って初めて天命を果たしたことになる。国民が抱えている生活の問題、将来の不安、国家国民を守る安全保障の問題などを堂々と掲げ実行に移す力が、われわれ以外の政党のどこにあるだろうか。その政党は民主党では断じてあり得ない。自民党がその天命を全うする。
 それこそがわれわれの義務であり責任で、その先頭に立って戦う機会を与えてくれたと感謝している。選挙に勝ってこの国の再生と改革を成し遂げ、さらなる一歩を進めていく決意を新たにしている。




■祖父の吉田茂やら天命やらと、相変わらず選民意識丸出しだ。
同じ時事通信は、こんな記事も載せている。
海外の厳しい目にも、今後は十分配慮しなくてはならないだろう。


  http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date1&k=2008092200659

           「極右政治家」と警戒感=韓国

【ソウル22日時事】麻生太郎氏の自民党総裁選出に韓国では警戒ムードが漂っている。韓国メディアは同氏を「自民党の代表的な極右政治家」(聯合ニュース)と位置付けており、韓国政府は麻生氏に慎重な言動を期待している。 
 同国では、麻生氏が日本統治時代の創氏改名に関して「朝鮮の人たちが『名字をくれ』と言ったのが始まり」と発言したことへの批判が根強い。ニュース専門テレビ局YTNは22日、麻生氏について「韓国に対する妄言で悪名が高い」と紹介した。
 韓国政府関係者は「重要なのは首相になった後の麻生氏がどう対応するかだ」と語り、麻生政権の行方を冷静に見守る考えを強調した。





■一方、東京新聞(9月22日)も今回の自民党総裁選について批判的な見方を記している。

     自民党総裁選、だらだら遊説逆効果?  
       http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008092290123549.html

      『麻生構想』影ひそめ 国民受け狙い“変節”
       http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2008092202000108.html





いずれにしても解散・総選挙のための
「つなぎ」の総裁=首相である。
プライム・ミニスターならぬ「サブプライム・ミニスター」だ。
一刻も早い政権交代で、とっとと野に下ってほしいものだ。







 小沢代表の3選承認 さあ政権交代だ!
2008年09月21日 (日) | 編集 |



民主党の臨時党大会で3選が承認され、拍手を受ける小沢代表
21日東京都内のホテルで(共同通信)




■共同通信 9月21日
  http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008092101000273.html

           小沢代表3選を承認 政権交代に「政治生命」

 民主党は21日午後、都内のホテルで臨時党大会を開き、小沢一郎代表(66)の3選を正式に承認した。小沢氏は、菅直人代表代行(61)と鳩山由紀夫幹事長(61)、直嶋正行政調会長(62)をいずれも続投させることを決め、3期目をスタートさせた。

 小沢氏は党大会で演説し、次期衆院選について「精神的にも、肉体的にも、私にとって最後の一戦になる。自らの政治生命を懸ける」と、政権交代の実現に向け不退転の決意を表明。同時に「今こそ日本を変えるときだ。新しい政権をつくって初めて可能になる」と述べ、統治機構の改革に強い意欲を示した。

 次期衆院選で掲げるマニフェスト(政権公約)に関しては、実現時期を明示した工程表を月内に取りまとめる方針を示した。小沢氏は「税金の使い方を抜本的に見直し、財政構造を転換する」と指摘、財源の裏付けがないとする与党からの批判を念頭に「十分確保できる」と強調した。

 小沢氏の任期は2010年9月までの2年間。