FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 雨の日に、『Sweet Rain 死神の精度』を観る
2008年09月20日 (土) | 編集 |





■大型台風13号が夜中から明け方にかけて関東地方を通過した。
すぐ脇を流れる藤木川が増水して、川底の岩が動くゴロゴロという轟音が響き渡る。
窓をたたく激しい雨。
その音を聞きながら、映画『Sweet Rain 死神の精度』のDVDを観た。

劇場公開は今年の3月。原作は伊坂幸太郎の『死神の精度』。
監督は筧昌也。出演者は金城武、小西真奈美、富司純子、石田卓也など。



私が人間の世界で仕事をする時は、いつだって天候に恵まれない。
私の仕事とは、調査対象の人間を1週間調べ、その人間が死ぬことが妥当、
つまり「可」とするか、今回は「見送り」とするかの判断をすること。
そう、私は死神だ。





■原作は読んだことはないが、映画は6話からなる原作から3話を選び、それを新たに構成し直したものだという。ただその3話の関連づけに時系列的な無理がある点が痛い。
私ならもう少し違う構成の仕方をするのに…などと観ながら勝手な思いを抱いていた(^^;;

というのは、私は高校生の時に、『Rain』というタイトルの小説のプロットを考えたことがあったからだ。
主人公は国際麻薬シンジケートを追いかける若きスパイ。
彼が現れるときはいつも雨が降っているので、語り手の「私」は彼をレインと呼んでいた。
とまあ、ちょっとムードがこの映画と似てるかんじで、その意味でも興味を持っていたわけだ。

実際の映画の内容は私が考えていたよりシリアス度が低く、癒し系というかファンタジーっぽいもので、そうした点では金城武の死神役(名前は千葉)はピッタリだったかもしれない。
彼は以前、『ラベンダー』という映画で空から落ちてきた天使を演じていたが、天使であれ死神であれ、こうしたファンタジックな役にふさわしいキュートで透明感のある稀有な存在感を持つ俳優である。



下に、You Tubeにあった予告編を貼っておく。










■余談だが、死神の千葉を観ていて、なぜか思い出したのがこの映画。
邦題がちょっとヒドイ、『新生人Mr.アンドロイド』。
原題は『Making Mr.Right』。
人間の女性フランキーにアンドロイド・ロボットのユリシーズが恋をするSFラブコメで、このユリシーズを演じているのが、な、なんとあのジョン・マルコヴィッチなのだ。信じられないけど。
正しくはユリシーズとユリシーズを作った偏屈な科学者の2役だが。
で、このユリシーズが実に純粋無垢でキュートで愛らしい。
着ている服も死神のとちょっと似てるし

映画的にはB級だけど、なぜか心に残るかわいい作品。
というわけで、『Sweet Rain 死神の精度』も出来具合はB級だけど、やはり心に残る愛しい作品なのであった










 「無責任」太田農水相が「責任を取って」辞任
2008年09月19日 (金) | 編集 |



左の写真は東京新聞より
記者会見で辞任を表明する太田農相
19日午前、農林水産省で(沢田将人撮影)




■東京新聞 9月19日
 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008091990121637.html

        太田農相が辞任、汚染米転売で引責 白須事務次官は更迭

 太田誠一農相は19日午前、汚染された事故米の不正転売問題の混乱の責任を取って、辞任する意向を福田康夫首相に伝えた。衆院解散・総選挙が今秋に行われるとの見通しが強まる中、有権者の関心が高い「食の安全」をめぐる混乱で農相が辞任することは、政府・与党に大きな打撃となる。
(中略)
 太田氏の辞表提出に先立ち、農林水産省事務方トップの白須敏朗次官(57)は汚染米問題で引責辞任する意向を太田氏に伝達。政府は19日午前の閣議で、白須氏の辞任と後任に井出道雄林野庁長官(58)を起用する人事を了解した。白須氏の事実上の更迭に当たる。
(中略)
▽解説

 太田誠一農相の辞任は、自民党の衆院解散・総選挙戦略に打撃となるのは間違いない。

 同党は総裁選を通じて、福田康夫首相の突然の辞任で受けたマイナスイメージを挽回(ばんかい)し、新総裁誕生の余勢を維持したまま衆院解散・総選挙に臨む戦略を描いていた。

 同党の狙い通り、今月10日の総裁選告示当初は、立候補した麻生太郎幹事長ら5氏による論戦を通して、党の活性化を打ち出すことに成功しかけていた。

 しかし、事故米の不正転売問題に加え、米証券大手の破たんや厚生年金の標準報酬月額の改ざん問題など、次々と起きる問題への対応に関連して、首相辞任による政治空白への批判が強まっているのも事実だ。

 太田農相の辞任で、早期の衆院解散論が強まっていた与党は一転して、窮地に立たされることになった。麻生氏は22日に新総裁に就任する見込みだが、農相辞任は、解散戦略と密接に絡む新政権の内閣支持率にも影響を与えそうだ。

 (政治部・吉田昌平)









 太田農水相(事故米転用)と舛添厚労相(年金改竄)が答弁
2008年09月18日 (木) | 編集 |



衆院農水委で民主党委員の質問を聞く太田誠一農水相
(18日毎日新聞 須賀川理撮影)




■事故(汚染)米転用問題はますます拡大する一方で、ついに自殺者を生み、コンビニの赤飯おにぎりや学校給食で使われたことも明らかになった。
そして渦中のあの農水相が、ようやく開かれた衆院農林水産委員会で就任以来初めての答弁に立ったのだった。その中で、「大臣をやめたらどうですか!」(テレビの音声だけ小耳にはさんだので詳細は不明)と突っ込まれていたのが痛快だった。

   
    毎日新聞 9月18日
     http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080918k0000e040050000c.html

         事故米転売:農相、衆院委で釈明繰り返し

 衆院農水委で自民党委員の質問を聞く太田誠一農水相=国会内で2008年9月18日午前9時12分、須賀川理撮影 「消費者がやかましい」「じたばた騒いでいない」--食の安全を軽視しているとも受け取られかねない発言で物議をかもした太田誠一農相が衆院農林水産委員会で、就任以来初めての国会答弁に立った。原稿を棒読みする場面も目立ち、後手に回った農水行政の釈明に追われた。

 太田農相はまず、奈良県の米穀販売会社「ナカガワ」の社長(54)が、農水省が16日に流通先すべてを公表した夜自殺したことに触れ、「心よりご冥福をお祈りいたします」と述べた。

 さらに、事故米の転売をほとんど書類審査だけでチェックしていなかった点や、流通先業者すべての名前を公表して、菓子メーカーなどに二次被害が続出したことについて「消費者の食の安全に対する不安を招いたことは責任を痛感しております」などと反省と釈明の言葉を繰り返した。 太田農相は9月12日、衛星放送の番組収録で「(検出されたメタミドホスは)低濃度で、人体への影響はないと言える。あまりじたばた騒いでいない」と述べた。その真意については「抜本的な再発防止策を確立していくことが何よりも重要と考え、全力を挙げているところです。発言の真意はそういうことです」と答弁。野党席からは「答えになってない」とヤジが飛んだ。【日下部聡】 (以下略)











■一方こちらは、すっかり役人の意のままになってしまっている舛添厚生労働大臣。
この改竄問題でもどこまで調査して、どこまで関係者をきちんと処分できるのかはなはだ心細いというか、怪しいものだ。
しかしそれにも増して、町村官房長官の「組織的犯罪かどうかはわからない」という発言はひどすぎる。
7万件近くの改竄が組織的なものでないとする考えの方がおかしいと、誰もが思うだろう。
まったく「100年安心」どころか、「100年ずっと不安」な年金問題。
いったいいつになったら解決の目処がつくのやら


       NHKニュース 9月18日   
        http://www3.nhk.or.jp/news/k10014191971000.html
  

            改ざんの疑い 6万9000件

舛添厚生労働大臣は、参議院厚生労働委員会で、厚生年金の支給額を決める際の基準となる月給の記録が本人に無断で改ざんされていた問題で、コンピューターの記録を調べた結果、改ざんが疑われるケースが、およそ6万9000件あったことを明らかにしたうえで「改ざんは社会保険庁が組織的に行っていたと思われる」と述べました。

この中で、舛添厚生労働大臣は、コンピューターのオンライン上のおよそ1億5000万件の記録について、月給の記録が大幅に引き下げられるなどの不審なものがないか調べた結果、改ざんが疑われるケースがおよそ6万9000件あったことを明らかにしました。そのうえで、舛添大臣は「改ざんは社会保険庁が組織的に行っていたと思われる。被害にあった人の年金を一日も早く回復することが大事であり、徹底的に調査したい」と述べ、これらのケースが実際に改ざんされたものか詳しく調査したうえで、社会保険事務所の職員の関与が明らかになった場合には、厳しく処分する考えを示しました。委員会のあと、舛添大臣は記者団に対し、「6万9000件のうち、65歳以上の受給者の記録2万件については、取り急ぎ年明けから本人に通知して確認を求めたい」と述べました。町村官房長官は、午後の記者会見で、「オンライン上の記録から、一定の基準で機械的に抽出した結果、それだけの可能性があることが判明したということであり、組織的な犯罪であったかどうかはわからない。舛添大臣がなぜそういう発言をしたか聞いていないが、もし事実だとしたら、少しことばが走りすぎではないか」と述べました。その一方で、町村官房長官は「経営者だけの問題なのか、社会保険庁の職員が関与していたのか、いろいろなケースがありうるだろう。1件1件、手間暇かけて調べていくしか方法がなく、相当な手間と時間がかかる話だ」と述べました。







 リーマン破綻と郵政民営化見直し案
2008年09月17日 (水) | 編集 |

■米国証券第4位のリーマン・ブラザーズが15日に経営破綻して、世界中に衝撃が走った。
米連邦準備制度理事会(FRB)は今春、ファニーメイ(米連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(米連邦住宅貸付抵当公社)に救済支援を行ったが、リーマン・ブラザーズの支援要請に対しては「自己責任」を持ち出して冷たく拒否した。
その一方で保険大手のAIGには緊急融資を表明したので、FRBの方針はダブルスタンダードではないかという批判が上がっている。


■今回の金融不安は世界大恐慌に繋がりかねない100年に1度の大事件だというのに、日本政府は相変わらずのほほんといった緊張感のない態度に終始していて、もう唖然としか言いようがない
ひたすら米国に追従するだけで過ごしてきた結果がこの体たらくだ。
このまま米国と心中するつもりなのか


■そんな中で、日本の未来にひとすじの明かりが射したようなニュースがあった。
民主党と国民新党による郵政民営化見直し案である。
小泉政権によって米国に売り渡されることになった日本国民の大切な財産を、この案によってまた元に戻せるのなら日本の再建もまだ可能である。
ぜひとも政権交代を実現させて、郵政民営化をストップさせよう


    時事通信 9月16日
     http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008091600794

            民主、国民新の合意内容要旨

 民主、国民新両党が16日、民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)に明記することで合意した郵政民営化見直し案の要旨は次の通り。
 現在の郵政事業は国民生活の利便性が低下するなど深刻な問題が山積している。民主党は郵政事業における国民の権利を保障するため、郵政事業の抜本的な見直しに取り組む。
 1、日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の株式売却を凍結するための法律を可及的速やかに成立させる。
 2、郵政各社のサービスと経営の実態を精査し、郵政事業の4分社化を見直し、郵便局のサービスを全国あまねく公平に、かつ利用者本位の簡便な方法で利用できる仕組みを構築する。
 3、その際、郵便局における郵政3事業の一体的サービス提供を保障するとともに、株式保有を含む郵政会社のあり方を検討し、郵政事業の利便性と公益性を高める改革を行う。







 総裁選の5人のキャラは「スーパー戦隊」を踏襲
2008年09月16日 (火) | 編集 |



秘密戦隊ゴレンジャー




■自民党総裁選の5人を見てすぐ脳裏に浮かんだのが、テレビの人気シリーズ「スーパー戦隊」だった。
時期的にはサンバルカンとかゴーグルファイブ、ダイナマンをよく観ていた(^^;;
このシリーズはほとんどが5名(3名とか例外があるが)のヒーローたちが悪と戦うストーリーで、わかりやすいように色分けされているのだ。
75年に始まった初回の「ゴレンジャー」シリーズが以後の戦隊ものの基本になっているので、最もシンプルでわかりやすいだろう。この色分けはシリーズによって黒や白が加わったりするが、基本は上の写真のように赤、青、黄、緑、ピンク(桃)になっている。



■で、色によってキャラクターも分類できるのだ。

ゴレンジャーの場合は――

アカレンジャー…統率力に優れたリーダーで熱血漢。

アオレンジャー…クールなサブリーダー。頭脳派。一番年長。

キレンジャー…子供っぽい性格で怪力。食い意地が張っている。デブキャラ。

モモレンジャー …紅一点のお嬢様タイプ。

ミドレンジャー…最年少。やさしい性格で動物や自然好き。



■実にわかりやすい。
あまりにわかりやすくてゾッとしてしまう
国民の潜在心理を利用するこうした人選の裏側には、広告代理店による巧みな戦略があるのだろう。
ゆめゆめこうした心理戦に乗ってだまされてはいけない。

同じようなわかりやすいキャラ・パターンが繰り返し出てくる例としては、ドラえもんをはじめとした藤子不二雄の一連の作品を思い浮かべてもらうと、なるほどと納得できるだろう。



■おまけとして、You Tubeにあったゴレンジャーの初回イントロ映像を貼っておく。








 やっぱりと誰もが思う事故米接待
2008年09月15日 (月) | 編集 |





■NHKニュース 9月15日
 http://www3.nhk.or.jp/news/t10014119391000.html

          農政事務所元課長 接待受ける

大阪の加工米販売会社「三笠フーズ」が食用に使えない輸入米などを不正に転売していた問題で、農林水産省の大阪農政事務所で食用に使えないコメを扱っていた課長が三笠フーズの社長から飲食の接待を受けていたことがわかりました。大阪農政事務所は、利害関係者からの接待を禁じた国家公務員倫理規程に違反する疑いがあるとみて調べています。

接待を受けていたのは大阪農政事務所の62歳の元課長です。大阪農政事務所によりますと、この元課長は、平成16年から2年間、食用に使えないコメの販売や入札、適正に使用されているかのチェックを手がける消費流通課長を務めていましたが、平成17年から18年にかけて2回にわたって三笠フーズの冬木三男社長ら数人から飲食の接待を受けていたということです。元課長は、接待の場でのやりとりについて「仕事以外の一般的な話しかしておらず、三笠フーズに対して便宜を図ったことはない」と話しているということです。大阪農政事務所は、利害関係者との飲食接待を禁止した国家公務員倫理規程に違反する疑いがあるとみて詳しく調べています。大阪農政事務所の松浦克浩所長は「今回、国民の信頼を損ねるコメの不正転売を起こした会社から接待を受けたのは公務員としてあるまじき行為だと思っています」と話しています。

  




■関連記事

    時事通信 9月15日
      農政事務所元課長に飲食接待=三笠フーズ社長、居酒屋で-大阪 
      http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008091500161

    朝日新聞 9月15日
       三笠フーズ、農政事務所元課長を接待 05~06年          
       http://www.asahi.com/national/update/0914/OSK200809140075.html?ref=rss




■もうあらゆる箇所が汚職や利権にまみれ、根元から腐りきっている自公体制。
いったいどこの途上国の賄賂政治かと目と耳を疑う出来事ばかりが続いてうんざりする。
国のトップは政権を放り投げ、権力をめぐる茶番総裁選は全国を練り歩き、国民は疲弊して生きる力を失いつつある。
そして日本は世界の潮流から急速にはぐれ始め、その地位を低下させているのだ。
そんな中で、国籍不明の潜水艦の領海侵犯などといった不可思議な事件が起きている。

こうした負の連鎖を断ち切るには、国民の懸命な判断で一刻も早い政権交代を実現する以外にない。




     

 パンダの赤ちゃんとキム・ジョンイル
2008年09月14日 (日) | 編集 |

■といっても、両者に特別の関係はない(^^;;




パンダの双子の赤ちゃん誕生




「アドベンチャーワールド」で生まれたばかりの
雌の赤ちゃんパンダ。(時事通信社)




     時事通信社 9月13日
      http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date2&k=2008091300304&rel=y&g=soc

        パンダの双子生まれる=母親は8歳ラウヒン-和歌山

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は13日、国内生まれの雌のジャイアントパンダ「良浜(ラウヒン)」(8歳)が雄と雌の双子を出産したと発表した。日本で生まれたパンダが出産したのは初めて。同施設は、体調が安定すれば公開するとしている。
 同施設によると、雌は13日午前5時35分、雄は同6時49分に生まれた。体重はそれぞれ194グラムと116グラム。
 ラウヒンは、4月30日に死んだ上野動物園のリンリンのおいに当たる雄の「永明(エイメイ)」(7歳)と同月27日と28日に自然交配。同月27日には受精の確率を高めるために、自然交配後に人工授精を1回実施した。









キム・ジョンイル重病か?




将軍さま不在の淋しい軍事パレード(ロイター通信)




■片や祝福されて生まれてくる新しい命あれば、片や尽きかけている厄介者の命もある
いずれにしても世界の注目度は拮抗している。
えっ、パンダの方が注目度が高いって? 

北朝鮮情勢の専門家によるとキム総書記はとっくの昔に死亡していて、今回病気になったのは影武者だということなのだが…。果たして真相はどうなのだろうか。



■ところで今回の将軍病気報道に、日本はいたって関心度が低い。
拉致事件にはいつもヒートアップする政府もメディアも、いったいどの報道が正しいのか判断しかねているように見える。独自の情報網がない悲しさか。
総裁選に出ている連中も、なぜかこの話題に触れないし。

今回のニュースソースも中国や韓国の諜報機関が伝えてきたもので、これでは意図的な情報撹乱があったとしても、日本には対抗するすべがない。
ほんとにこの国は大丈夫なのか?
私が他国のトップだったら、今が狙い目と日本をターゲットにいろいろ介入するところだけど。
などとため息をついていたところ、同じように憤っている内容の新聞記事を見つけた。


      産経新聞 9月13日
       http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080913/plc0809131948003-n1.htm 

        金総書記重病説「日本政府あまりに鈍感」 懸念の声も

 9日に表面化した北朝鮮の金正日総書記の重病説を受けて、韓国、米国が「不測の事態」を視野に走り出す中、日本政府は関係省庁による公式の情報分析・対策会議も開いていない。北朝鮮での異変の兆候は日本の安全保障に直結する重大問題なだけに、「日本政府はあまりに鈍感だ」(北朝鮮問題専門家)と対応を懸念する声も聞こえる。(北朝鮮問題取材班)

      福田首相辞任で“官邸機能休止”影響?

 金総書記の重病説が伝えられた後、「日本周辺」国の動きは素早かった。
 韓国では李明博大統領が10日、緊急安全保障関係閣僚会議を招集。総書記の病状に関する情報収集や分析を行ったほか、国家情報院も同日の国会情報委員会で分析を報告した。
 米国も、ブッシュ大統領が9日以降、米中央情報局(CIA)など情報機関から総書記の容体に関する報告を刻々と受けている。また韓国とは、緊急事態を想定した共同対応計画の具体化への交渉を加速させる方向のほか、中国とも北朝鮮の体制崩壊に備え、対応の協議を開始したとされる。
 一方、北朝鮮の核やミサイルの脅威にさらされ、拉致問題も抱えている日本政府は現段階で、「さまざまな情報はあるが具体的なコメントしない」(町村信孝官房長官)との立場。表立った動きも金総書記の重病説が流れた10日の昼前、三谷秀史内閣情報官が福田康夫首相に約15分間、総書記の容体をめぐる情報の分析を報告した程度だ。
本来なら早い段階で警察庁、外務省、防衛省、公安調査庁など関係省庁幹部をメンバーとする内閣情報合同会議を開き、現状分析や今後の対応を協議すべきだが、「その予定は今のところない」(首相官邸筋)という。12日の閣議でも、関係閣僚が閣議後に総書記問題について短時間でも議論した形跡もない
 政府関係者は「そもそも統一した情報収集機関がないのに加え、独自ルートで情報がとれないから動くに動けない」と説明する。自民党内には、「福田康夫首相が1日に辞任を表明した後、官邸機能は事実上休止状態になっている。自民党も総裁選一色で、眼下の北の脅威を忘れてしまっているのではないか」(閣僚経験者)との声もある。
 三谷内閣情報官は総書記の重病説をめぐり、16日に福田首相に改めて分析結果を報告する予定だが、首相が北朝鮮問題への対応を主導していく姿勢を示すかどうかは不透明だ。








 沢田研二、還暦に9条を歌う
2008年09月13日 (土) | 編集 |





■60歳の還暦を迎えて、ますます元気なジュリー(沢田研二)。
つい数日前、テレビで12月3日に開催される東京ドームコンサートのCMが流れ
ちょっとびっくり&感激
還暦の赤いちゃんちゃんこならぬ、赤いインディアンルックで熱唱するジュリー。

ライブコンサートの最年長記録は小田和正の61歳に抜かれてしまったけど
ジュリーなら、あと10年は現役でできるかも



■で、今朝の朝日新聞「ひと」欄に、なんとジュリーのインタビュー記事が!

タイトルは「還暦に憲法への思いを歌う」。

   麗しの国 日本に生まれ 誇りも感じているが
   忌まわしい時代に 遡るのは賢明じゃない
   英霊の涙に変えて 授かった宝だ
   この窮状 救うために 声なき声よ集え

 変わらぬ艶のある声。バラード風の歌は自身の作詞だ。毎年ライブツアーを重ね、新作アルバムを出す。還暦を迎えた今年のアルバムの9番目はこの歌だ。題は「我が窮状」。
 耳で聞けば、この「キュウジョウ救うために」となる。
 まぎれもない憲法9条賛歌だ。(中略)

 平和への関心は昔から強い。ある時、バンド仲間と戦争の話になり、一人が喧嘩にたとえて言った。「攻められたら、守るだろう」
 いや、一対一の喧嘩と、国と国の戦争は違う。そう思い至ったときに「少しプチッとはじけた」。(中略)

 大声で呼びかける柄じゃない、と笑う。歌はソフトに終わる。

    この窮状、救えるのは静かに通る言葉
    我が窮状 守りきりたい 許し合い 信じよう
 


 














 事故米汚染拡大の一方! 総裁選で浮かれている場合ではない
2008年09月12日 (金) | 編集 |

施設給食やコンビニの焼酎まで汚染が拡大



■米販売会社・三笠フーズが工業用に限定した「事故米」を食用と偽って転売していた事件は、日を追うごとに拡大の一方で、医療・福祉施設の給食にも使われ、スーパーやコンビニで販売されている焼酎にも利用されていることが判明した。
テレビの画面で老人施設の関係者が、お年寄りの誕生会に毎月1回出していたお赤飯に事故米が混入していたと、困惑した顔で話していた。
ニュース解説では「体重60キロの成人男子」を基準に安全性を説いているが、危険物を口にするのは健康な大人とは限らない。むしろこうしたお年寄りや病人、幼児の方が多く食べることを想定しなければならない。



■毎日新聞 9月12日
  http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20080912ddm003040003000c.html   

       クローズアップ2008:拡散、事故米汚染 
                      焼酎9種65万本、119施設給食にも


 殺虫剤成分を検出し、工業用「のり」になるはずだった中国米とベトナム米が、お年寄りたちの給食に使われ、スーパー、コンビニエンスストアで販売した焼酎に利用されていた。利潤だけを追求し、消費者を無視した業者たち。「公衆衛生は所管じゃない」と説明責任を果たさない農林水産省。「三笠フーズ」(大阪市)による事故米転売問題は11日、「無責任」の連鎖の中で、一気に全国の消費者レベルに広がった。

 ◇農水省、責任転嫁
 「公衆衛生の業務は農水省の仕事ではない」--農水省で11日開かれた会見では、梶島達也・食糧貿易課長らが、メタミドホスに汚染された事故米がどこの医療・福祉施設で給食用に出されたかを明らかにしないまま終わった。給食会社「日清医療食品」(東京都千代田区)が報道陣に対し、「近畿2府4県の119施設」に販売していることを認めているのにもかかわらず、「調査に支障があるから」と公表しなかった。(以下略)





■農林水産省は今頃になって、「輸入時にカビ毒や基準値を超える残留農薬が検出された場合は、原則的に事故米として流通させない方針を固めた。
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080115-899579/news/20080912-OYT1T00337.htm




  

図は2つとも朝日新聞。







汚染の元、ミニマムアクセス米って?



■この事故米の元になっているのが「ミニマム・アクセス(MA)米」だ。
5月に私もこのMA米についてブログで書いたばかりだ。
 

     日本の備蓄米を食糧不足に悩む海外へという動き (08年05月29日)
      http://tekcat.blog21.fc2.com/blog-date-20080529.html

日本の倉庫には、1993年のウルグアイ・ラウンドで海外からの輸入が定められた「ミニマムアクセス(最低輸入量)米」が150万トンも備蓄されている。
アメリカやタイ、ベトナムから輸入された米である。
日本国内で減反政策を取りながら、一方では海外から輸入して倉庫に大量に積み上げているのだ。
このミニマムアクセス米は主食には回さずに、米菓や味噌、焼酎の原料、家畜の飼料などに使われている。その上、倉庫の保管料は年間150億円もかかっているのだ。(以下略)



このときはまさかこんなに事故米があって、しかも食用として国内で転売されているとは思わなかった。
本当に怒り心頭である
もう第2のアスベストや肝炎被害と呼んでもいいのではないか。



■用語解説
事故米
【ウルグアイ・ラウンド合意に基づいて輸入されたコメの一部で、倉庫に保管中にカビが生えたり異臭が発生したりして食用に適さないと判断されたコメ。年間2千トン程度あり、最近は17社が購入している。工業用のりの原料のほか、灰にして建設資材に使うために売られることもある。1トンあたり平均で6千円程度。輸入されるコメは現在、年77万トン。国内の主食用の米価に影響しないようにいったん倉庫に保管され、2~3年後に販売される。みそ、焼酎、せんべいへの加工用が最も多く、1トン8万円程度で年間20万~30万トンが売却される。ほかにも飼料用、外食用としても売られ、海外への援助用にも使われる。(9月6日朝日新聞)】

アフラトキシン
【カビ毒の一種。最も強い天然の発がん性物質といわれ、B1など複数の種類がある。1960年に英国で10万羽以上の七面鳥が死亡した事件をきっかけに発見された。人に対する急性中毒の例では、70年代にインドで100人以上が肝炎のため死亡した事件や、ケニアでの急性中毒事件などがある。加熱処理しても毒性は消えない。国内では、これまで輸入されたピーナツなどから検出されたケースがある。(東奥日報) 】







危険なカビ毒アフラトキシン



■アフラトキシンは最強の毒物である。
昔、同人誌のメンバー評で各々を毒物にたとえると…といったコーナーがあって、私は「アフラトキシン」だった(^^;;  「ダイオキシン」と評された人の10倍以上の強毒。恐ろしいですねえ



■このアフラトキシンについて、「東京都健康安全研究センター・くらしの健康」にはこう記されている。
 http://www.tokyo-eiken.go.jp/issue/health/08/1-1.html

アフラトキシンは、加熱調理でも減少しないことが分かりましたので、残念ながら、消費者自身がリスクを減少させることは困難です。従って、汚染された食品は、消費者の手に渡る前に排除する必要があります。

危険とわかっていながら食用に転用するなど、とんでもない大犯罪なのだ。








ミニマムアクセス米の輸入は義務ではない



■さてそのミニマムアクセス米だが、政府はこれまで輸入は義務だと言ってきた。
それは本当なのだろうか?
輸入義務などないと否定する意見もある。

      農民運動全国連合会
        http://www.nouminren.ne.jp/dat/9903/99032201.htm

      「MA(ミニマム・アクセス)米の輸入義務」は大ウソ
      関税化・減反の論拠崩れる
      政府側、しどろもどろ
      共産党中林議員が質問追及に再三答弁不能




      しんぶん赤旗 9月10日
       http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-09-10/2008091002_01_0.html

         ミニマムアクセス米  破たんした「義務」的輸入

 国民が必要としていないにもかかわらず、政府は毎年、外国米を大量に輸入しています。食の安全と食料自給率引き上げが求められる中、ミニマムアクセス(MA)米と呼ぶ外国米の輸入に、国民の目が一段と厳しくなっています。
 MA米の輸入が始まって十三年、制度の破たんは国内、国際の両面で明らかになっています。政府はMA米の輸入を中止するとともに、輸入を押し付ける世界貿易機関(WTO)協定の抜本改定を追求すべきです。 (以下略)  





■ウルグアイラウンドの経過や内容についての参考に

     提携米ネットワーク
      http://teikeimai.net/main/file/1999/02/post_43.html






 911から7年目
2008年09月11日 (木) | 編集 |

■911によって世界は劇的に変わってしまった。
あれから7年。
日本政府はイラク戦争支持の総括もないまま、イラクから航空自衛隊を撤収するという。
世界からは相変わらず戦争や紛争が絶えず、キム・ジョンイルは病気だというニュースが駆け巡っている。

当初はそうしたことを少し詳しく書こうと思ったのだが、何か徒労感に襲われたため、困ったときのプーさま頼りではないけれど(^^;; 多少の期待と希望をこめて、以下の話題でお茶を濁すことにする



■時事通信 9月11日
 http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008091101042

        新冷戦は起こらず=ロシア首相、帝国の野望否定 

【モスクワ11日時事】ロシアのプーチン首相は11日、ロシアは帝国建設の野望は持っておらず、欧米との「新冷戦」は起こらないと強調した。黒海沿岸の保養地ソチで開かれた会議で語った。インタファクス通信などが伝えた。
 グルジア紛争をきっかけに「新冷戦」の危機が深まっているが、首相は「欧米との間にイデオロギー対立はなく、テロや感染症、大量破壊兵器拡散などの共通の問題を抱えている」と述べ、冷戦が起きる基盤はないと指摘した。また、これらの問題に対処する「共通の規則」で合意できれば、世界の安定化につながると述べたが、「双方が歩み寄る必要がある」とも付け加えた。








キッシンジャーとお茶するプーチン。

プーチン「部長!」
キッシンジャー「なんだね、エーベルバッハ少佐?」
プーチン「角砂糖は控えた方がいいですよ」
キッシンジャー「ふん。君こそもっと砂糖を入れたまえ」

「エロイカより愛をこめて」的妄想の会話でした