FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 てんやわんやの北京オリンピック前日
2008年08月07日 (木) | 編集 |

  

左:開会式が行なわれる「鳥の巣」(サーチナ)
中:ギョーザ中毒事件を起こした冷凍ギョーザの製造元、「天洋食品」の工場(共同)
右:6月下旬から北京五輪のセーリング会場となる山東省青島市の
海岸に異常発生した藻(AP)




■ようやくというか早くもというか、ともあれ北京オリンピックの開会式が明日に迫った(^^;;
もう次から次へトラブル続出で、始まる前からドッと疲れが身にしみるオリンピックだ。
しかし始まってからは更なるトラブル続出の悪寒で、競技どうこう以前に、とにかく無事に終わることを願うのみだ(ノ_-;)


■開会式の演出は、映画『HERO』や『LOVERS』を手がけたチャン・イーモウ監督がかかわっているので、これはちょっと楽しみ。
またチベット暴動であれだけ中国を批判しときながら、ブッシュ大統領やサルコジ大統領にプーチン首相らと、去最多の80カ国以上の要人が開会式に出席するということで、もう何をかいわんやってかんじだ(-""-;)
要人の皆さんはマスク着用なのだろうか?


■で真ん中の写真だが、昨日6日に中国外務省が中国国内でもギョーザ中毒事件が起きていたことを認めたのだ。やっぱりというか当然なんだが。
しかも中国はその事実を6月に日本に伝えたが、サミットを控えた日本政府は今までずっと公表を控えていたというのだから、どこが「安心」できる政府だか


       共同通信 8月6日
        http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008080601000476.html

    国内でのギョーザ中毒認める 「極めて重視」と中国外務省

【北京6日共同】中国外務省は6日、中国製ギョーザ中毒事件をめぐり「中国国内で6月中旬に中毒事件が起きていた」と認めた。その上で「中国政府は事件を極めて重視している。公安省が全力を挙げて捜査を展開している」と表明した。
 共同通信の書面質問に答えた。質問は「天洋食品(中国河北省)が回収した冷凍ギョーザで、6月中旬、中国国内で中毒事件が起きたか」との内容だった。
 一方、輸出食品の安全管理を担当する中国国家品質監督検査検疫総局の報道課は「日本からの報道で初めて知った。事実関係を確認中だ」と述べ、事件発生の確認を避けた。また、工場地元の河北省衛生庁衛生監督局は天洋食品のギョーザについて「同じ皮でつくったギョーザはすべて廃棄してある」と述べ、国内で流通したとの見方に疑問を投げかけた。
 同総局は2月、中毒の原因とされる有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が中国側の生産過程で混入した可能性は低いと発表し、日本側で毒が混入した可能性を強く示唆していた。 




■またセーリング会場での藻の大量発生も記憶に新しいが、なんとこの周辺でこんな噂が流れているという。果たして真相はどうなんだろうか?


        産経新聞 7月18日
  http://sankei.jp.msn.com/sports/other/080718/oth0807180045000-n1.htm

        奇病流行のうわさ広まる セーリング会場の青島市 

 北京五輪でセーリング会場となる中国・青島市の当局者は17日、市内で奇病が流行していると海外でうわさが出ているとした上で「根拠のない話」と全面否定した。新華社電が伝えた。
 一部海外のウェブサイトは、同市で今月、頭痛や高熱の症状を起こす奇妙な感染症が大流行し、16万人が感染、1000人以上が死亡したと伝えていた。流行性の髄膜炎の可能性が疑われるとしていたが、同当局者は、髄膜炎患者は現在まで2人だけで、昨年同時期の3人より少ないと語った。(共同)




  

スポンサーサイト