FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 長崎市長射殺犯に死刑判決
2008年05月26日 (月) | 編集 |



写真は、入廷する(左から)長女の横尾優子さん、次女の吉田貴子さんら (時事通信社 )



■朝日新聞 5月26日
 http://www.asahi.com/national/update/0526/SEB200805260008.html

      城尾被告に死刑判決 長崎市長射殺

 長崎市長選中の07年4月、伊藤一長・前市長(当時61)を銃撃して殺害したとして、殺人などの罪に問われた指定暴力団山口組系の元幹部、城尾哲弥被告(60)の判決公判が26日、長崎地裁であった。松尾嘉倫(よしみち)裁判長は「民主主義を根底から揺るがす犯行で、極刑はやむを得ない」と述べ、求刑通り死刑判決を言い渡した。
(略)
 判決は、城尾被告が事件前、資金源としていたとされる建設業者に公的融資制度が適用されなかったことや市発注の道路工事現場で起きた車の事故をめぐり、市役所に押しかけて助役に面会を求めるなどしていたと認定。全く理由のない主張・要求だと述べて「市への不正追及だった」との被告側の主張を退けた。

 さらに、城尾被告は、経済的困窮の中で市に要求を断られ、暴力団幹部としてのプライドを傷つけられて自暴自棄になり、前市長への恨みを一方的に募らせたと指摘。動機を「当選を阻止して市への恨みを晴らし、社会を震撼(しんかん)させて力を誇示しようとしたと推認できる」と指摘した。
(略)
  弁護側は、死亡被害者が1人であることから、83年に最高裁が示した「永山基準」に照らして「死刑選択が認められる場合にあたらない」と主張していた。

 検察側によると、選挙中に候補者が襲われて殺害された事件の判例は少なくとも戦後はない。これを重視して公選法違反(自由妨害)の罪も加えて起訴していた。





■検察側の主張がほぼ認められた今回の死刑判決。弁護側は控訴した。
しかしこの事件は単なる暴力団員の個人的恨みと片付けるにはあまりにも腑に落ちない。
背後で指令し、にんまりしている連中がいるのではないか。
そうした事件の真相が明るみに出ることを心から望みたい。





スポンサーサイト