FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 日米「奴隷」地位協定
2008年05月20日 (火) | 編集 |
■02年に神奈川県横須賀市で、在日米兵によるオーストラリア人女性暴行事件が起きた。
東京地裁は犯人の米兵に300万円の支払いを命じたが、犯人の米兵は裁判中に帰国して賠償金は支払われず、米国側も支払いを拒否した。
このため防衛省は19日に、米兵に代わって300万円の見舞金を肩代わりすることを決定。
というのは、「日米地位協定」で救済されない被害に対しては見舞金を支給できると、1964年に閣議決定されたからなのだ。
驚くことに、この決定は最近の3年間で、なんと今回で10回目の適用に当たるという。


■何が「日米同盟」だ! 「地位協定」だ!
戦後60余年も経つというのに、日本はますますアメリカの隷属、植民地度を深めるばかりではないか。
自国民が経済格差にあえぎ餓死している現実を横目に、在日米軍には湯水のように「思いやり予算」を貢ぎ続け、ひたすらアメリカ仕様の国づくりに邁進している。
自国の少女や女性たちが暴行を受けても、その多くは闇に葬られているのだ。

政府与党はどこまで国を売れば気が済むのだ。
日本人としてのプライドはないのか?

アメリカの一極支配は終焉を迎え、世界は多極化に向かってスピードを増しているというのに、日本はなぜアメリカの指定した泥舟に乗り続けているのか。
すでに足元から海水が吹き出て沈没しかかっているというのに。





スポンサーサイト