FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 ロシアで18年ぶりの軍事パレード
2008年05月11日 (日) | 編集 |
■毎年5月9日は、第2次大戦でナチスドイツを破った「戦勝記念日」に当たる。
今年のモスクワ・赤の広場では、実に18年ぶりに大規模な軍事パレードが繰り広げられた。
91年にソ連が崩壊してから初めてのパレード復活になる。8000人の兵士が参加して、1時間のパレードを展開し、最新鋭の戦車「T-90」や大陸間弾道弾「トーポリ」、戦略爆撃機「ツポレフ160」などの最新兵器が披露された。

新政権が発足したばかりのメドベージェフ大統領とプーチン首相は、ふたり並び立ってこのパレードを観閲した。メド大統領は「わが軍や艦隊は本来の力を取り戻し、ロシアと同様に強くなっていく」と演説。強いロシアの復活を掲げるプーチン路線の継承と、タンデム(2頭)体制の安定性を内外にアピールした。




■今回の軍事パレードを評して西側諸国は、ロシアの覇権への野望や旧ソ連への回帰を懸念して、ことさらに新冷戦体制を喧伝しているが、かつてプーチンはこう言った。


「ソ連が恋しくない人には心(心臓)がない。
ソ連に戻りたい人には脳がない」と。














スポンサーサイト