FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 サイクロン、火山噴火、そして食糧危機
2008年05月05日 (月) | 編集 |
■連休の間は晴れの日が続くといった天気予報がいつものように次々とはずれ、ぐずついたすっきりしないゴールデン・ウィークになった。天気図を素直に読めば雨が降るとすぐわかるのに、いたずらに高価なコンピュータばかりに頼っているせいで、最近は長期予報も短期予報も当たらない確率が大きくなっている。「天気予報」でなくて「天気占い」程度に思わないと、腹が立つことばかりだ。

そんな折、大きなサイクロンや火山の噴火といった自然災害が大きな被害をもたらしている。






■上の写真は、ミャンマーを襲ったサイクロンで倒壊した首都ヤンゴンの街路樹(時事通信社)。
2日から3日にかけて、大型のサイクロンがバングラデシュへ向かう進路をそれてミャンマーを襲った。国営テレビは5日夜、死者が3900人以上に上ったと報じたが、1万人を超えるのではないかとの見方もある。10日には軍事政権による新憲法案の是非を問う国民投票が控えている。
大きな被害を受けた市民にとって国民投票どころではないが、軍事政府はまだ国民投票の延期を発表していない。サイクロンが襲うたびに、周辺国は驚くほどの大被害に見舞われているが、しっかりした堤防を作るとかのもっと根本的な防災インフラ支援が必要ではないかと、災害報道のたびにため息が出る。







■この写真も時事通信社より(5月5日)。南米チリのチャイテン火山が噴火して周辺の町の住民5000人以上が避難した。噴煙は上空20キロまで立ち昇り、さらに大きな噴火が起きる恐れもあるという。

こうした自然災害のニュースの際、このごろはまるで判を押したように、アナウンサーが「これも地球温暖化のせいでしょうか」と付け加えるのがうざい。
温暖化だろうと寒冷化だろうと台風はやってくるし、まして火山の噴火は気候には関係ない。
いたずらに危機をあおる真似は本当にやめてもらいたいものだ。




■で、温暖化をあおった結果が、世界的な食糧の高騰を招いている。
自然災害も、こうした人為的な災害も、被害を集中して浴びるのはいつだって最も弱く貧しい人々なのだ。

    東京新聞 5月4日
    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008050301000715.html

      「米こそ食料危機の主因」 印、ブッシュ氏発言に反発

【ニューデリー3日共同】世界的な食料価格の高騰について、ブッシュ米大統領が人口11億人を抱え経済成長を続けるインドを引き合いに出し、同国の中間層が食料危機を拡大させると受け取れる発言をしたことがインド国内で伝えられ、政治家らは3日、「米が主因だ」などと一斉に反発した。

 PTI通信によると、ブッシュ大統領は2日、米ミズーリ州で「全米の人口より多い(インドの)3億5000万人の中間層がより裕福になれば、高い栄養といい食べ物を求め需要は高まり、食料価格は上昇する」と発言した。

 これに対し、インドのラメシュ商業担当閣外相は「発言は完全な誤り」と批判。与党国民会議派のテワリ氏も、地球温暖化対策で、米国など先進国の食料用耕作地がバイオ燃料用に切り替わったのが背景だと指摘した。







スポンサーサイト