FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 アフリカへの視線 その2   中央アフリカ
2008年05月04日 (日) | 編集 |
■チベットへの人権侵害に対する世界規模の中国非難が鳴り止まない中、毎日新聞に掲載されたある短期連載記事のタイトルに、私の目は釘付けになった。

   「陸の孤島」で何が   危機の中央アフリカ
   密猟 絶滅危惧種も犠牲に  悪いと思うが、生きていかねば


白黒の写真が載っている。炭化した何かの塊のようにも見える。
キャプションはこうだ。「テーブルの上に放り投げられたゴリラ肉の燻製」


中央アフリカの首都バンギから南西に車で約10時間のところにあるバヤンガ村。
村の木材伐採の事業所は政情が悪化した05年に閉鎖され、失業した男たちは食べるために森へ入り密猟をするようになった。絶滅危惧種のニシローランドゴリラも年間6000頭ほどが殺されている。


    毎日新聞 4月29日
      陸の孤島」で何が:危機の中央アフリカ/上 密猟 絶滅危惧種も犠牲に
      http://mainichi.jp/select/world/news/20080429ddm007030120000c.html





■下の左側の地図でわかるように、中央アフリカ共和国(オレンジの部分)は、国名の通りアフリカの真ん中に位置する。また周辺国のチャドやスーダン(ダルフール)は紛争が続き、コンゴやカメルーンへの通行も熱帯雨林や治安悪化といった要因で阻まれて、まさに「陸の孤島」になっている。


  


【毎日新聞の解説】 中央アフリカ…人口約430万人。60年に仏から独立。65年、クーデターで政権掌握したボカサ参謀総長が76年に「皇帝ボカサ1世」を名乗り、79年の政権崩壊まで「中央アフリカ帝国」と称した。現大統領は05年の選挙で選ばれたボジゼ氏。05年ごろから北西・北東部で反政府勢力の活動が活発になり、多数の難民が出ている。


    毎日新聞 4月30日
      「陸の孤島」で何が:危機の中央アフリカ/中 飢餓 国際社会、関心低く
      http://mainichi.jp/select/world/news/20080430ddm007030086000c.html


    毎日新聞 5月1日
      「陸の孤島」で何が:危機の中央アフリカ/下 暴力 政府軍、警察も略奪
      http://mainichi.jp/select/world/news/20080501ddm007030064000c.html



■日本は今アフリカ・ブームで(といっても政府主導だが)、今月末には横浜で「第4回アフリカ開発会議」が開催されるし、スーダンなどに巨額の資金援助もする予定である。
ところが同じアフリカでも、たとえばこの中央アフリカの場合は鉱物資源も少ないため国際的な注目度も低く、差し迫った人道危機についてもほとんど報じられることがない。

毎日新聞の上記の記事によると、
「中央アフリカの06年の国内総生産は、わずか15億ドル(約1500億円)。日本の中核市の年間予算程度しかない。国民の実に67%が1日1ドル以下で暮らしており、1人当たり所得は20年間、ほとんど増えていない。」
「 パウア周辺は05年以降、政府の統治が及んでいない。反政府勢力や「ザラギナ」と呼ばれる武装強盗団が勢力を伸ばし、彼らによる暴力を恐れて原野で暮らす国内避難民は約20万人。他にチャドなどへ流出した難民が約10万人。深刻な飢餓の発生で、世界食糧計画(WFP)の食糧配給が続いている。だが、この人道危機は、国際的に注目されたことがない。」
「国際社会の関心の低さは数字にも表れている。世界からアフリカ全体への援助額が85年からの20年間で1・54倍に増える中、中央アフリカへの援助は逆に6割も減った。」





■1971年にフランスで設立された非営利で国際的な民間の医療・人道援助団体「国境なき医師団(MSF)」が発表した「2007年 10の最も報じられなかった人道的危機」には、中央アフリカもランクインしている。
以下の10位までの国や地域について、アメリカ3大テレビネットワークが07年1月~11月のニュース番組内で取り上げた時間は、わずか18分!
その中でも、チェチェン、スリランカ、中央アフリカについての報道は皆無だった。




【10の最も報じられなかった人道的危機 2007年】

1.結核:新薬が試されないまま耐性結核が拡大
2.子どもの栄養失調:RUFの活用で栄養失調を減らす
3.コロンビア:紛争地帯で危険とともに生活
4.コンゴ民主共和国:東部で状況がますます悪化
5.ジンバブエ:政治・経済混乱で医療制度も崩壊
6.スリランカ:内戦で民間人が戦火にさらされる
7.ソマリア:危機に直面する避難民
8.中央アフリカ共和国:武力衝突で苦境に陥る一般市民
9.チェチェン:人道危機はいまだ去らず
10.ミャンマー:大幅に制限される人道援助





スポンサーサイト