FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 大荒れの長野聖火リレー
2008年04月26日 (土) | 編集 |


北京五輪聖火リレーで卓球の福原愛選手(左奥)が走行中に
沿道から飛び出し取り押さえられる男(中央)
(26日午前9時すぎ、長野市=代表撮影) 【時事通信社】



■もはや何のための聖火リレーなのか、中国のメンツだけで走り継がれ、各地でトラブルを巻き起こしているイベントが、ついに小雨の長野でも行われた。
午前8時過ぎ、善光寺の代わりに急遽決まった県勤労者福祉センター跡地にて出発式。
とここで、ランタンに入った聖火が消えるというハプニングが! 
さすが心霊スポットとしても有名な福祉センター跡地だけのことはある(^^;; 
そしてこの後もペットボトルや卵、トマトなどが乱れ飛ぶ大波乱のリレーとなったのだった。


      朝日新聞 4月26日
       http://www.asahi.com/national/update/0426/TKY200804260001.html

        騒然聖火リレー終了 沿道からの乱入など男5人逮捕

 北京五輪の聖火リレーが26日、長野市内であった。ギリシャで採火された聖火を80人のランナーが4時間余でつないだ。チベット問題で世界中の注目を集めたため、中国人学生やチベットの支援者などが詰めかけて市内は騒然となり、リレーに対する妨害行為も相次いだ。

 出発式は午前8時15分から長野市が所有する空き地で開かれた。北京五輪組織委員会のスタッフがランタンの火をトーチに点火。小雨模様の中、鷲沢正一市長からトーチを手渡された野球日本代表監督の星野仙一さんが同26分、地元の小学生が演奏するファンファーレに送られてスタートした。コースは18.7キロ。午後0時半には、マラソン選手の野口みずきさんが80人目のランナーとして公園にゴールし、聖火台に火をつけた。

 世界各地での混乱を受け、警察当局は当初予定の6倍の約3千人で警備にあたる厳戒態勢を取った。聖火ランナーには中国側のスタッフ2人が伴走。これを透明のプラスチック製の盾を持った警察官数人が囲み、さらにその外側左右に約50人ずつ計約100人の警察官が人垣をつくる形で聖火を守りきった。

 途中、JR長野駅前で10番目を走っていたタレントの萩本欽一さんに対しチラシなどが投げ込まれたほか、神奈川県の男(30)が道路に飛び出した。19番目に卓球選手の福原愛さんが走った際には沿道からチベットの旗を持った台湾人の男(42)が飛び込もうとし、警備の警察官に取り押さえられた。51番目のランナーのときにも東京都の男(25)が飛び出して卵のパックを投げ込み、取り押さえられた。

 県警はこの3人をいずれも威力業務妨害容疑で現行犯逮捕。ゴール地点近くでも走者の列に飛び出した男を同容疑で、トマトを投げた男を暴行容疑で、それぞれ現行犯逮捕した。別の地点でも、男1人が車道に飛び出して取り押さえられた。(後略)




■土曜日とあって、テレビ局はどこもリレー中継を細切れに伝え、中には通常の録画取りの番組をずっと流すだけの局もあった。テレビの持つ即時性とかニュース力といったものが年々薄れてきているのではないか。
最初の妨害行為が起きた直後、NHKの中継が途切れ、違うニュースに変わった。民放も肝心なところで違う話題に変更。あとでその場面をダイジェスト的に報じたけれど、これじゃあ聖火の点火式での危ない部分をカットした中国と、程度の差はあれ、どっこいどっこいになってしまう。

今回の一連の抗議の発信源となった「国境なき記者団」が発表している各国の報道の自由度でも、日本はかなり低いし、監視や締め付けもだんだん厳しくなっている。報道の自由がない独裁国家中国と一方的に批判するのもちょっとはばかれる、というのが残念ながら現実なのだ。



■混乱が続くチベット問題。しかしながら一方でダライ・ラマ14世の代理人と会談する用意があると、昨日25日中国政府が発表した。本当にその用意があるかは不明だが、今のところは両者の会談にしか突破口は見出せないわけで、このニュースに期待したい。






スポンサーサイト