FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 ウラジーミル・クリヤキン?
2008年04月19日 (土) | 編集 |

■プーチン大統領のことをウォッチしていたら、昔のテレビ番組が無性に懐かしくなった。
そのドラマとは、60年代後半に放送されたスパイ・アクション『0011ナポレオン・ソロ』。
原題は『The Man from U.N.C.L.E.(アンクルから来た男)』。
スパイものといっても、おしゃれなコメディーってかんじで、スパイ組織アンクルのエージェントであるアメリカ人のナポレオン・ソロ(コードナンバーは0011)とロシア人のイリヤ・クリヤキン(002)が悪の犯罪組織織スラッシュ(THRUSH ツグミの意味)相手に闘う話である。
まだ子供だった私は、女たらしの主人公ナポさんより、小柄でクールなロシア人イリヤにすっかり萌え~になってしまった。




■思い起こせばなぜか幼児の頃からスパイや忍者の類いが好きで、その後も白土三平の『カムイ伝』や青池保子の『エロイカより愛をこめて』が死ぬほど大好きな私が、本物のスパイ出身で、イリヤや鉄のクラウスや仔熊のミーシャに似ているウラジーミル・プーチンが好きにならないわけがなかったのだ(^^;;



■そんなわけで、懐かしい『0011ナポレオン・ソロ』の予告編をどうぞ。
第1シーズンはまだ白黒だったのだよ  古いな~っ。










     


■一方こちらは少年時代のプーさまの写真(左)。これも白黒。
どことなく、いしだ壱成(右)に似てると思うのは、たんなる私の妄想? 
生まれつき髪の量が違うのはいたしかたないが


■ロシアでは経済が上向いてプーチン人気が急上昇した頃から、『プーチンみたいな彼(Такого, как Путин)』という応援ソングができて、時折ニュースでも耳にするようになった。
で、その映像も。画質が悪い上に音も大きいのでご注意を







《歌詞》

  プーチンみたいな彼


私の彼がまたトラブル
ケンカして、何かにラリって
うんざりしたから、出てけって言ってやった

やっぱりプーチンみたいな彼がいい
エネルギッシュなプーチンみたいな彼
酒を飲まないプーチンみたいな彼
私を傷つけないプーチンみたいな彼
私から逃げないプーチンみたいな彼

ニュースで昨日 プーチンを見た
世界は岐路に立ってるって話していた

プーチンみたいな彼だったら 家でも外でもどこででも きっとホッとできる
プーチンみたいな彼が欲しい




調子に乗って独裁者にならないでね、イリヤ・プーチン!





スポンサーサイト