FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 空自イラク活動に初めての違憲判決
2008年04月18日 (金) | 編集 |



写真左:イラクでの空自の活動が違憲と判断され、喜びに沸く支援者ら(東京新聞)
写真右:イラク派遣の違憲判決を受け、喜び合う原告ら(朝日新聞)



■不完全な形ではあるが、イラクへの自衛隊派遣は違憲だという訴訟の控訴審判決が17日、名古屋高裁で言い渡された。


 東京新聞 4月18日
  http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008041890022855.html

         空自イラク活動は違憲 名古屋高裁判決

 自衛隊のイラク派遣は武力行使の放棄などを定めた憲法9条1項に違反するとして、全国の市民や元外交官ら約1100人が国に派遣差し止めや慰謝料などを求めた訴訟の控訴審判決で、名古屋高裁は17日、多国籍軍の武装兵士を輸送する航空自衛隊(空自)の活動について「憲法に違反する活動を含んでいる」として違憲との判断を示した。同項について違憲の司法判断が示されたのは初めて。(中略)

 判決は、現在のイラクの状況について「泥沼化していて、国際的な武力紛争が行われており、イラク特措法でいう戦闘地域であると指摘。
」 空自が米国からの要請を受け、2006年7月以降から実施しているバグダッド空港への空輸活動について、多国籍軍の戦闘行為にとって必要不可欠な軍事上の後方支援を行っていると認めた。
 その上で「他国による武力行使と一体化した行動であって、自らも武力の行使を行ったとの評価を受けざるを得ない」と述べ、「イラク特措法に違反し、かつ、憲法9条1項に違反する活動を含んでいる」と認定した。
 派遣差し止めについては「控訴人(原告)らに違憲な戦争の遂行や協力などを強制される事態にはなっていない」として、原告としての訴えが認められないとした。(中略)


<判決の骨子>

▼イラク、特にバグダッドはイラク特措法が自衛隊の活動を認めていない戦闘地域に該当する
▼空自による多国籍軍武装兵員のバグダッドへの空輸は、他国の武力行使と一体化した行動で、自らも武力行使したとの評価を受ける
▼空自の空輸活動は、武力行使を禁じ活動地域を非戦闘地域に限定した特措法の規定に違反し、憲法9条1項に違反する活動を含んでいる
▼違憲確認請求と差し止め請求は不適法。平和的生存権の侵害までは認められず、損害賠償請求は認められない





■これに対し原告側は、「控訴は棄却されたが実質的な勝訴判決」と受け止め上告しない方針だ。このため「勝訴した」被告の国側は上告できず、今回の高裁判決が確定する。
やったね\(^O^)/
小泉デタラメ政治の一角がようやく崩れたわけで、これをバネにさらなるデタラメ圧政を追求・撤回していかなければ。



■ところが今回の高裁判決に対し、あきれたことに政府は空自による輸送活動を継続する方針でいる。

福田首相:判決は国が勝った。裁判のためにどうこうする考えはない。

町村官房長官:バグダッド飛行場は非戦闘地域だ。危険なら各国の旅客機が運行するわけがない。高裁の判断は納得できないし、自衛隊の活動への影響は全くない。

高村外相・石破防衛相:武力行使の解釈で裁判官はどこまで実態が分かっているのか。裁判所には誤りがある。空輸活動は継続する。

津島党税制調査会長:最高裁で争えない以上、何らかの是正措置を考えなければいけない。

稲田朋美衆院議員:(主文でなく)傍論で最高裁の判断を封印するのは憲法違反だ。

中山太郎元外相:傍論で違憲としたのは司法の分を超えている。



■この人たちは「三権分立」とか「司法権の独立」って言葉を知っているのかね?
60年も独裁政治が続くと、民主国家の基礎要件すら忘却してしまうのだろうか。
米国にひたすら追従して日頃は憲法をないがしろにしているくせに、都合のいい時だけ憲法の「衆議院の優越」条項(60条2項)を振りかざして再議決する姑息な与党議員は、次の条文を声に出して読んでね。



【第99条 憲法尊重擁護の義務】
天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。




憲法を遵守できない議員は、当然処分の対象になることを、ゆめゆめお忘れなく。




スポンサーサイト