激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 またも「3分の2」の暴挙で、暫定税率が復活
2008年04月30日 (水) | 編集 |



写真は朝日新聞
左:衆院議運委理事会を阻止しようと集まった民主党議員ら
右:衆院本会議場で、再可決後に笑顔を見せる福田首相



■民意とは何か、民主主義とは何か、真の主権者とは誰か…!
そんなことを強く問いかけてみたい、この国の情けない在りようである。


   朝日新聞 4月30日
     http://www.asahi.com/politics/update/0430/TKY200804300262.html

         暫定税率復活法が再可決、成立 税率引き上げ1日施行

 ガソリン税などの暫定税率を復活させる税制改正関連法が30日午後の衆院本会議で、自民、公明両党の「3分の2」勢力により再可決、成立した。税率は5月1日に引き上げられる。原油価格高騰も加わり、レギュラーガソリン価格は1リットルあたり160円台になる見通しだ。

 与党は、税制関連など国・地方の税財政に関する5法案を否決したとみなす動議を衆院本会議で可決。5法案が衆院に返付されたのを受け30日夕、5法案が衆院本会議で再議決され、民主、社民、国民新各党は欠席し、共産党は出席し反対した。ガソリン税の暫定税率分の投票結果は賛成337票、反対12票だった。

 5法案は2月29日の衆院本会議で可決したが参院で採決にいたらず、憲法59条の規定により、60日間たった今月29日以降、否決したとみなして衆院での再議決が可能になっていた。「みなし否決」による再議決は1952年の「国立病院特別会計所属の資産譲渡に関する特措法」以来、56年ぶり2度目。





スポンサーサイト

 昭和の日に思う
2008年04月29日 (火) | 編集 |



■「天皇(昭和天皇)誕生日」が「みどりの日」になり、いつの間にか「昭和の日」に変わった。
いずれにしても国民の祝日。
個人的にはわが父の誕生日である。ついでに亡き義父の誕生日でもあった。
つまり、かつての国父と実父と義父と、3人の父たちのトリプル・バースディーってわけだ(^^;;


■父は昭和生まれで先の大戦では徴兵を免れ、その後の日本の復興期を支えつつ、今は後期高齢者の仲間入りをした
政府の老人いじめに負けずに長生きしてねって書いたバースディー・カードを送っておいた
長年地域ボランティアに邁進してきたので、その点では元気モリモリ、現役バリバリではあるが。
父の父、つまり祖父は明治生まれなのに自由恋愛を貫いた、ユニークな発想のぶっ飛んだ人物であったらしい。しかしながら関東大震災で都内の蔵が全部燃えて、一気に没落(T.T) 
ついでに母の一族も敗戦後の農地改革で土地を丸ごと没収されて、これまた没落(T.T)
そしてついに私の代で働けど働けど…の、さらにしがないワーキング・プアに転落したのだった(^^;;


■上の写真は、父が好きな京成バラ園。昔は谷津遊園の中にあったのだ。
東京ディズニーランドが出来るので谷津遊園は閉鎖され、職員はディズニーランドへ転職。バラ園も八千代市に移った。元の谷津にも少しだけバラ園が残っている。
規模や内容では比べ物にならないけれど、新式のジェットコースターから動物園、菊人形、バラ園、潮干狩り、スケートまでたっぷり楽しめた、ホットで自由な雰囲気の谷津遊園の方が私は好きだったな。
お昼時にはたくさんの家族連れがいっせいに芝生の上で手作りのお弁当を広げた、あののんびりとしたちょっとけだるい午後の風景。
もうあんななごやかでやさしい昭和の風景は、2度と見ることができないんだろうな。






 自民山口2区補選で大敗、でもそんなの関係ねぇ
2008年04月28日 (月) | 編集 |

■福田政権初の国政選挙で、自民党と民主党の総力戦となった衆院山口2区補選 は、昨日27日の投開票の結果、2万票を超える大差で民主党前職の平岡秀夫氏が当選した。

写真は朝日新聞:当選確実となり、バンザイをして喜ぶ平岡秀夫氏(右)。左は佳子夫人=27日午後8時すぎ、山口県岩国市、藤脇正真撮影


■昨夜8時過ぎには早々と平岡氏の当確がテレビのニュース速報で流れた。
道路特定財源の無駄遣い、消えた年金、そして後期高齢者医療制度に対する有権者の怒りが福田政権にNO!をつきつけたのだ。




■ところが敗北した与党の、いかにも開き直り的な言い分がひどい。(以下は話の主旨)

伊吹幹事長:選挙の結果と再可決の方針とは別。
租税特別措置法改正案を30日に再可決して成立させる。

町村官房長官:敗因の一要素は後期高齢者医療(長寿医療)制度。事前の説明が足りなかった。
しかし国民全体の判断は山口2区の人に委ねる性質のものではない。
また仕組みそのものにおかしい点はないので、制度を見直す考えはない。






このように与党のお偉いさん方は
山口2区の人々がつきつけた民意の結果など
知ったこっちゃないという態度なのだ。

司法の判決が出ても、「そんなの関係ねぇ!」
選挙で負けても、「そんなの関係ねぇ!」

いっそ党名も「そんなの関係ねぇ党」に変えたらいいのにねっ!






■内閣支持率低下で困っているのは日本だけじゃない(^^;;  かの国でもこんな騒動が…。

         
        時事通信 4月28日        
        http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008042800035

          ブラウン首相では勝てぬ=ブレア氏が禅譲を後悔-英紙

【ロンドン27日時事】ブレア前英首相の盟友で与党・労働党の元資金担当者、リービー上院議員は27日付のメール・オン・サンデー紙に掲載されたインタビューで、ブレア氏がブラウン首相では次期総選挙で保守党に勝てないと述べ、同首相に政権を移譲したことに後悔の念を示したと語った。
 労働党の支持率が低迷する中、リービー氏のこうした発言が大きく報じられることで、ブラウン首相の党内求心力の低下に拍車が掛かる可能性もある。









 北海道の福田内閣支持率は19% (゜ロ゜)
2008年04月27日 (日) | 編集 |
■がんばれ康夫ちゃん。まだまだ下には下がいるから(^◇^)


      竹下登内閣…7%(退陣表明後)     
      森喜朗内閣…9%     



■ちょっと長いけど全文掲載する。


    北海道新聞 4月23日
    http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/88823.php

    内閣支持率19%に低下 暫定税率、上乗せ反対48% 全道世論調査

 北海道新聞社は二十二日、全道世論調査(十八-二十一日実施)の結果をまとめた。福田康夫内閣の支持率は19%で、三月二十二-二十四日の前回調査から3ポイント下落し、内閣発足以来、最低となった。不支持率は前回より3ポイント上昇し、62%に達した。日銀総裁人事やガソリン税の暫定税率問題などで国会が混乱したことに加え、七十五歳以上を対象に四月から始まった後期高齢者医療制度をめぐるごたごたが影響したとみられる。暫定税率の復活については「暫定税率を上乗せしない方がよい」が48%を占め、「上乗せした方がよい」の13%を大きく上回った。

 福田内閣の支持率は発足間もない昨年十月に44%だったが、発足から半年の三月には22%に半減。さらに今回調査で20%を割り込んだ。全道世論調査で内閣支持率が20%割れしたのは、二〇〇〇年六月の森喜朗内閣の14%以来。

 年代別では、後期高齢者医療制度対象者や対象となる直前の七十歳以上の支持が前回調査から8ポイント落ち込み、26%にとどまったのが特徴だ。

 支持政党別では、自民党支持層の支持率が53%と過半数に達したのに対し、同じ与党の公明党支持層では38%に低迷。民主党支持層では8%、支持政党なしの「無党派層」でも10%にとどまった。

 政府・与党が衆院での再議決で目指している暫定税率の復活については、「どちらとも言えない」と態度を保留する回答も38%に上り、復活の是非を判断しかねている有権者が多数いることが分かった。

 支持政党別では、自民党支持層で暫定税率上乗せ支持派(30%)が反対派(27%)をわずかに上回った。公明党支持層は態度保留が六割強を占めた。民主党支持層では上乗せ反対派が60%、支持派が6%だった。

 一方、道路特定財源を道路整備以外の医療や福祉などにも使えるようにする「一般財源化」に関しては、賛成が61%、反対が14%で、前回調査と大差がなかった。支持政党別では、自民党支持層、民主党支持層とも63%が賛成した。

 政党支持率では、民主党が29・5%で前回調査に続いてトップ。自民党20・5%、共産党3・8%、公明党3・5%、新党大地3・1%、社民党1%、国民新党0・4%と続いた。無党派層は36・5%だった。







 大荒れの長野聖火リレー
2008年04月26日 (土) | 編集 |


北京五輪聖火リレーで卓球の福原愛選手(左奥)が走行中に
沿道から飛び出し取り押さえられる男(中央)
(26日午前9時すぎ、長野市=代表撮影) 【時事通信社】



■もはや何のための聖火リレーなのか、中国のメンツだけで走り継がれ、各地でトラブルを巻き起こしているイベントが、ついに小雨の長野でも行われた。
午前8時過ぎ、善光寺の代わりに急遽決まった県勤労者福祉センター跡地にて出発式。
とここで、ランタンに入った聖火が消えるというハプニングが! 
さすが心霊スポットとしても有名な福祉センター跡地だけのことはある(^^;; 
そしてこの後もペットボトルや卵、トマトなどが乱れ飛ぶ大波乱のリレーとなったのだった。


      朝日新聞 4月26日
       http://www.asahi.com/national/update/0426/TKY200804260001.html

        騒然聖火リレー終了 沿道からの乱入など男5人逮捕

 北京五輪の聖火リレーが26日、長野市内であった。ギリシャで採火された聖火を80人のランナーが4時間余でつないだ。チベット問題で世界中の注目を集めたため、中国人学生やチベットの支援者などが詰めかけて市内は騒然となり、リレーに対する妨害行為も相次いだ。

 出発式は午前8時15分から長野市が所有する空き地で開かれた。北京五輪組織委員会のスタッフがランタンの火をトーチに点火。小雨模様の中、鷲沢正一市長からトーチを手渡された野球日本代表監督の星野仙一さんが同26分、地元の小学生が演奏するファンファーレに送られてスタートした。コースは18.7キロ。午後0時半には、マラソン選手の野口みずきさんが80人目のランナーとして公園にゴールし、聖火台に火をつけた。

 世界各地での混乱を受け、警察当局は当初予定の6倍の約3千人で警備にあたる厳戒態勢を取った。聖火ランナーには中国側のスタッフ2人が伴走。これを透明のプラスチック製の盾を持った警察官数人が囲み、さらにその外側左右に約50人ずつ計約100人の警察官が人垣をつくる形で聖火を守りきった。

 途中、JR長野駅前で10番目を走っていたタレントの萩本欽一さんに対しチラシなどが投げ込まれたほか、神奈川県の男(30)が道路に飛び出した。19番目に卓球選手の福原愛さんが走った際には沿道からチベットの旗を持った台湾人の男(42)が飛び込もうとし、警備の警察官に取り押さえられた。51番目のランナーのときにも東京都の男(25)が飛び出して卵のパックを投げ込み、取り押さえられた。

 県警はこの3人をいずれも威力業務妨害容疑で現行犯逮捕。ゴール地点近くでも走者の列に飛び出した男を同容疑で、トマトを投げた男を暴行容疑で、それぞれ現行犯逮捕した。別の地点でも、男1人が車道に飛び出して取り押さえられた。(後略)




■土曜日とあって、テレビ局はどこもリレー中継を細切れに伝え、中には通常の録画取りの番組をずっと流すだけの局もあった。テレビの持つ即時性とかニュース力といったものが年々薄れてきているのではないか。
最初の妨害行為が起きた直後、NHKの中継が途切れ、違うニュースに変わった。民放も肝心なところで違う話題に変更。あとでその場面をダイジェスト的に報じたけれど、これじゃあ聖火の点火式での危ない部分をカットした中国と、程度の差はあれ、どっこいどっこいになってしまう。

今回の一連の抗議の発信源となった「国境なき記者団」が発表している各国の報道の自由度でも、日本はかなり低いし、監視や締め付けもだんだん厳しくなっている。報道の自由がない独裁国家中国と一方的に批判するのもちょっとはばかれる、というのが残念ながら現実なのだ。



■混乱が続くチベット問題。しかしながら一方でダライ・ラマ14世の代理人と会談する用意があると、昨日25日中国政府が発表した。本当にその用意があるかは不明だが、今のところは両者の会談にしか突破口は見出せないわけで、このニュースに期待したい。







 福田首相、初のロシア会談でモスクワへ
2008年04月25日 (金) | 編集 |




■内政に行き詰ると外遊で国民の目をそらす。
これは古くからの常套手段だが。そうはうまくいかないのが世の習い(^^;;


      時事通信 4月25日
       http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008042500627
 

      日ロ首脳、26日に会談=福田首相、サミット協力要請へ

 【モスクワ25日時事】福田康夫首相は25日夕(日本時間同日深夜)、初の日ロ首脳会談に臨むためモスクワ入りした。7月の北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)に向けた環境整備の一環。プーチン大統領、メドベージェフ次期大統領との会談では、サミットの重要テーマとなる地球温暖化防止対策について協議。日ロの懸案である北方領土問題についても提起する。
 プーチン、メドベージェフ両氏とは26日午後(日本時間同日夜)にクレムリンで個別に会談する。今回の訪ロは非公式訪問のため、共同文書などの発表は予定しておらず、共同記者会見も行わない。





■ロシアに向かう前の記者会見で、「領土問題を解決して平和条約を締結する大きな課題がある。一歩でも前進するようにしたい」と稀有壮大に語っちゃった康夫ちゃん。
でもロシアからは事前に、「非公式訪問にしてね」って念を押されてしまったのだ(T.T)
足元見られてるわぁ。

おまけに洞爺湖サミットに向けて来日した各国のNGOから、「ぜひ指導力を発揮して。これまでのサミットで決まったことを実行して」と強く期待されちゃった康夫ちゃん。

ど~する?
行く(やり手プーちゃんの待つロシア)も地獄、戻る(日本)も地獄。

「でもそんなの関係ねえ」って開き直るのかな。





 蒲島熊本県知事が自ら月給を24万円に削減
2008年04月24日 (木) | 編集 |

■テレビのニュース番組やワイドショーは、相変わらず宮崎や大阪のタレント知事ばかりを取り上げて報じている。その内容も、怒った、涙ぐんだなどとの情緒的なシーンを繰り返し映し、肝心の政策については一向に伝わってこない。
そんな折、熊本県知事が自分の月給を100万円カットしたというニュースが流れてきた。

■この熊本県の蒲島郁夫知事は3月の選挙で当選したばかりのホヤホヤの新人知事だ。残念ながら自民党からの出馬だったが、その経歴が異色のため話題になった。
熊本生まれの蒲島氏は高校時代は後ろから数えた方が早いくらいの成績の落ちこぼれで、卒業後は地元の農協に就職した。その後アメリカへの農業研修生制度に応募し、21歳で渡米した。牧場で大変な思いで働きながら、その合間にネブラスカ大学で畜産学を学んだことが学問の道へ進むきっかけになった。オックスフォード大に進み、ついには東大教授へ。そして東大教授から今度は政治家へと転身したのだ。

■このように苦労して自ら道を切り拓いてきた蒲島氏ゆえに、その言動にも迫力と説得力がある。
中央と違って地方議会は、本業を持った少数の議員たちがボランティアで運営すれば事足りるのだ。そうすれば無駄な経費もかからず、賄賂や利権も生まれない。本当の民主政治を目指す気持ちがあるのなら、今のシステムを根本的に変える必要がある。それには政治家と同様、住民(国民)の意識の大転換も欠かせないわけであるのだが…。



      共同通信 4月24日
        http://www.47news.jp/CN/200804/CN2008042401000455.html
       

        熊本県知事月給が24万円に 本年度特例、全国一の削減

 熊本県の蒲島郁夫知事は24日の臨時県議会で、財政再建策の一環として、2008年度末までの特例として知事給与を月額100万円カットし、24万円とする条例改正案を提出、議会は賛成多数で可決した。県人事課は「1月現在での比較で、知事給与として削減幅は全国最大で、額では最も低い」としている。

 当初、蒲島知事は、ボーナスに相当する期末手当についても、月給24万円を基に算出する条例改正案を提出した。しかし、県議から「やりすぎだ」「知事の行動を制約することになる」などの意見が出され、期末手当は現行の10%削減を維持するよう修正された。

 県によると、24万円から税金や光熱水費を差し引くと毎月、手取りは数万円程度になるが、蒲島知事は議会で「『隗より始めよ』の言葉通り、まずは私の給料を削減し、県民の平均給与月額とほぼ同額にした。私の決意だ」と説明した。








 久しぶりのお台場
2008年04月23日 (水) | 編集 |



半日休暇が取れたので、
お昼から久しぶりに東京・お台場にある「日本科学未来館」に行った。
ちょうどロボット「アシモ」の実演をやっていた。さすがに滑らかな動きだ。





  

左:日本科学未来館の全景  「技術科学と未来」「情報科学技術と社会」
「生命の科学と人間」「地球環境とフロンティア」の4つのテーマの常設展示がある。
中:未来館のシンボル、球体ディスプレー装置の「GEO-COSMOS」
リアルタイムで雲や大気の状態を表示する。
右:国際宇宙ステーション「きぼう」の宇宙居住棟。けっこう広い。





   

左:有人潜水調査船「しんかい6500」 世界で一番深い水深6500メートルまで潜れる。
右:「しんかい6500」の耐圧殻内部。内径2メートル。
ここにパイロット2名と研究者1名が乗り込む。せ、狭い!
3つある小さなのぞき窓から海の中を観察するのだ。





   

左:未来館の特別企画「エイリアン展」で。
映画に出てくるエイリアンだよ。フジテレビの主催だって(-"-;) 
中は狭くてくねくねしてるので、これ以上バックして写せないのだ。
右:いわゆるグレイ型宇宙人。なんだかな~。この企画はハズレでしょ(`×´)





   

左:未来館のすぐそばにある、新しくできた「湾岸署」。これもフジテレビの企画?
そのフジテレビもこの一角にあるのだ。昔、社屋の見学をした。
右:湾岸署全景。青島刑事はどこかいな?





  

左:お台場から東京湾を眺める。右奥に見えるのがレインボー・ブリッジ。曇ってて視界不良。
中:「台場小香港」の香港屋台料理「香港市場」のどぎつい紅しょうがが乗った昭和チャーハン。
これぞチャーハンという、あの懐かしい味と香り。高級チャーハンにはないおいしさなのだ。
右:まがい物でも、なんとなく香港のムードが感じられる内装。





  

左:「台場小香港」の一隅で出迎えてくれるジャッキーの写真。
最近ジャッキーは、中国寄りのちょっと過激な発言が多い。お口にチャック!
中:おおっ! 映画『傷だらけの男たち』のポスターが。
トニー・レオンと金城武。DVDは持ってるけど、まだ観ていないのだ(^^;;
右:帰り道。夕暮れの江ノ島。島の周りがライトアップされている。
なんか「ひょっこりひょうたん島」みたい。








 春のミニ・ガーデン
2008年04月22日 (火) | 編集 |



鉢植えの小さな桜の木が満開に。





  

左:ゴミ箱のそばでひっそり咲いた桜。ここに桜の木があるとは誰も知らなかった(^^;;
中:鉢植えのフジ。後方にある桜が風雨で散ったあとに花が咲いた。
右:芝桜。子供の頃、祖父母の家の庭にあったピンクの芝桜の丘が好きだった。





   

左: 白いチューリップと五分咲きの黄色いラナンキュラス。
右:アネモネ。一番好きなポピーの花はもう終わってしまった。








 空幕長の「そんなの関係ねえ」発言を放置してはいけない
2008年04月20日 (日) | 編集 |


約4カ月の輸送活動を終えた航空自衛隊のイラク復興支援派遣輸送航空隊
(第14期後段)の隊員約100人が19日、小牧市の航空自衛隊小牧基地に帰国。




    共同通信 4月18日

      「そんなの関係ねえ」 高裁違憲判断で空幕長

 防衛省の田母神俊雄航空幕僚長は18日の定例会見で、航空自衛隊のイラク空輸活動を違憲とした名古屋高裁判決が現地で活動する隊員に与える影響を問われ、「純真な隊員には心を傷つけられた人もいるかもしれないが、私が心境を代弁すれば大多数は『そんなの関係ねえ』という状況だ」と発言した。

 有名お笑いタレントの言葉を使い、司法判断をやゆしたと取られかねない発言に批判が出そうだ。

 判決自体については「非常に残念。与えられた任務をこなすのがわれわれ自衛隊の役割なので、今後も整斉と活動したい」と述べ、判決がイラクでの活動に影響しないことを強調した。

 判決でバグダッドが「戦闘地域」とされたことについては、「現地は日本のように安全ではないが、戦いに巻き込まれる危険はないと思っている」と話した。




■最近は政府関係者をはじめ、あまりに司法を軽視した発言や態度が多く、許しがたい。
公務員という自らの立場をどう思っているのか。
公務員こそまっさきに法を遵守するべきではないのか。
違憲判決をもっと真摯に受け止めてほしい。
そして国民も、こうした傲慢な発言を黙って見過ごしてはいけない。
放置するのもまた罪なのだ。



18日のブログにも記したが、再度掲載する。


【第99条 憲法尊重擁護の義務】
天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。