FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 東京のホテルが日教組集会の使用を拒絶
2008年02月02日 (土) | 編集 |



上の写真は、グランドプリンスホテル新高輪との話し合いを終え、記者の質問に答える荘司英夫日教組副委員長=1日午前8時53分、東京都港区で(朝日新聞)



■朝日新聞 2月2日
http://www.asahi.com/national/update/0201/TKY200802010351.html?ref=rss


    日教組、全体集会開催を初めて中止へ ホテルが使用拒否

 日本教職員組合(日教組)の教育研究全国集会をめぐり、グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)が会場の使用を拒んでいた問題で、日教組は1日、使用できるめどが立たないとして、2日午前の全体集会を中止することを決めた。1951年に始まった日教組教研集会で、全体集会が開かれないのは初めて。

(中略)

 全体集会は教研集会の冒頭に毎回開かれ、今年も約2000人が参加する予定だった。昨年3月に日教組が旅行会社を通じて申し込み、5月に契約が成立。11月になってホテル側が「右翼の抗議活動で利用客や周辺に迷惑がかかる」ことを理由に契約解除を通告した。

 日教組は12月、東京地裁に会場使用の仮処分を申し立て、認められた。これに対しホテル側は保全異議申し立てや抗告をしたが、いずれも認められなかった。しかし、使用拒否の姿勢を崩さなかった。

 1日朝、日教組役員ら12人がホテルに入った。契約では、この時間から会場を予約していた。「使わせてほしい。高裁の決定も守らないのか」という役員らに、ホテル側は「使用できない」と繰り返した。日教組側が引き揚げた直後、ホテルが新たに会場を貸した企業の就職説明会への参加者が続々と入り始めた。

(中略)

 日教組の森越康雄委員長は1日の会見で「同じ会場で自民党が大会を開き、右翼が押し寄せている。福田首相も出席し、大変な警備が必要だ。そこにも貸しているのに」と批判。「司法よりも企業の論理を優先する判断で、この国の自由は死んだという状況にさえなってしまう」と語った。 (後略)



 

■同じ宿泊施設(規模はまったく違うけど(^^;)を経営している側としては、宿泊契約を一方的に破ったこのホテルの態度はまったく解せないし許しがたい。

いったんは予約を引き受けたのに後から断ったというのは、どこからか圧力があったからだろう。東京地裁の判決にも従わないなど、普通の企業では考えられない。つまり司法よりも強い何者かの指示ということになる。
上の記事にもあるように、自民党が平素からよく使用しているようだが…。



■司法判断を踏みにじり、集会の自由を踏みにじるこの暴挙を決して許してはいけない。

  憲法第21条  集会・結社・表現の自由、通信の秘密
     集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。





スポンサーサイト