FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 台風前夜
2007年09月05日 (水) | 編集 |
  



■また台風が接近中。今度は9号になる。
断続的に強い雨が降ったり止んだりの状況だ。

そうした中、久々に駅前に出かけて雑誌を買ってきた。
本当は書店のそばの図書館にも行きたかったのだが、お掃除のパートさんたちがこんな天気にもかかわらず客室のベランダの窓を開けっぱなしにしておいたので、雨が吹き込んで床やテーブルが濡れているのを発見。あわてて拭いている間に図書館の閉館時間が来てしまった。
ベランダの窓を開けて風を通すようにと毎回言ってるのだが、応用力がないというか、雨でも開けるし、逆によい天気の日でもほんの少ししか開けてないこともある。万事この調子で、私のストレス度も日々アップしてしまう。
周囲の状況を見て、たとえ指示がなくてもちゃんと自分の頭で考え判断してほしいと、これまた常に言ってることなのだが(;-_-) =3 フゥ。


■しかしながらほんのわずかな時間でも外出できたので、ちょっと気分もグリーンに。
月刊誌「論座 10月号」と季刊誌「SIGHT 夏号」を購入。
本屋といっても半分は文具やらゲームが置いてある小さなところなので、他のめぼしい月刊誌といったら「正論」「文藝春秋」「現代」くらいで選びようがない(T.T)
「SIGHT」の秋号はまだ置いてなかった。
この季刊誌は、あの「ロッキング・オン」の渋谷陽一が編集長をやっているのだ。

本屋さん、たまには「世界」なんかも入荷してくれ~い。





■で、今読んでみたい本はこれ。

『1491―先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見』
チャールズ・C・マン著 NHK出版

<本の紹介コピーより>
“発見”以前のアメリカを、私たちは何も知らない

四大文明に比肩する文明の発祥地であり、豊かな文化を築き上げてきたアメリカ大陸先住民。近年の科学的探求と発見は、誤解と先入観にまみれたコロンブス到達以前のアメリカの姿を次々と暴きだしている。歴史の常識を覆し、本国アメリカで驚きと賞賛をもって迎えられたNYタイムズ・ベストセラー。


■高校生のとき、新米の世界史の教師に向かって「新大陸発見というのは征服者の視点から書かれた歴史観なのではないか。なぜ先住民であるインディアン(当時はネイティヴ・アメリカンという言葉はまだなかった)の側に立った歴史をも教えようとしないのか。あなたはこの歴史教科書の記述を正当と考えているのか」と意地悪発言をした私。
ようやく正当な評価が与えられる時代になったか。


同様に明治政府によってひどく改ざんされてしまった江戸時代についても、早く見直して、正しい歴史記述に戻してほしいものだ。






スポンサーサイト