FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 ザ・タイガースと60年代ミュージック その1 ウォーカー・ブラザース
2007年09月02日 (日) | 編集 |

■60年代のGS(グループサウンズ)ブームの先頭を常に切って走り、70年1月にその華麗な活動の幕を下ろしたザ・タイガース

サリー(岸辺修三)…ベース
タロー(森本太郎)…ギター
トッポ(加橋かつみ)…ギター
ピー(瞳みのる)…ドラムス
ジュリー(沢田研二)…ヴォーカル

■CD『ザ・タイガース GOLDEN☆BEST』は、デビュー曲「僕のマリー」から期限限定での再結成時の「十年ロマンス」「色つきの女でいてくれよ」まで主要なヒット・ナンバーを20曲まんべんなく網羅した、いわばタイガースの歴史をそのまま辿る構成になっている。

■67年2月にデビューした彼らを一躍トップスターに押し上げた曲が、2番目の「シーサイド・バウンド」と続く「モナリザの微笑」だった。私も彼らの活躍をリアルタイムで見ていたが、はっきり意識したのはやはり「モナリザの微笑」からだ。
タイガースのデビューから解散コンサートまでわずか3年。意外なほどの短い中で、他のグループにはないクラシカルな格調高さと気品を漂わせていた。

しかしながらトップグループとしての人気と重圧、そして多忙な日々は5人の結束に軋みを生じさせた。そしてトッポの脱退とシローこと岸辺シローの参加を経るものの解散に。この解散によって、GSの歴史も事実上の終焉を迎えたのである。






■タイガースもその他のGSも日常的にテレビで観ていた私だが、当時のお気に入りは
タイガースではなくて、アメリカのロック・グループ「ウォーカー・ブラザース」だった(^^;;
ブラザースといっても、3人は本当の兄弟ではない。

左:ゲイリー・ウォーカー
  (本名ゲイリー・リーズ)
中:ジョン・ウォーカー
  (本名ジョン・マウス)
右:スコット・ウォーカー
  (本名スコット・エンゲル)

ジョンとスコットは子役出身。



■1963年にグループを結成。65年にイギリスに渡り「ラヴ・ハー」で初ヒット。そして次のシングル「涙でさようなら」(Make It Easy On Yourself) が全英第1位の大ヒットに輝いた。
66年にも「太陽はもう輝かない」(The Sun Aint Gonna Shine Anymore)で全英1位。母国アメリカでも13位に入った。

この「太陽はもう輝かない」と「孤独の太陽」(In My Room)がウォーカーズの代表的なナンバーと言われる。
日本でも「ダンス天国」「孤独の太陽」が大ヒットした。


■67年に突然の解散。それぞれがソロ活動を始めるが、中でもスコットが成功を収め、「ジャッキー」「ジョアンナ」などのヒットを生んでいく。
こうした点でスコット・ウォーカーと沢田研二の軌跡には類似するものがある。ここらへんの経緯は、改めて後述することにしたい。


タイガースとウォーカーズの共通点

チョコレートのCMに出演
 タイガースは明治製菓
  ♪チョッコレ~ト チョッコレ~ト チョコレートはめ・い・じ

 ウォーカーズは不二家
  ♪不二家 ル~ック・チョコレート

音楽雑誌「ミュージック・ライフ」で、スコットとジュリーが一緒の表紙に
  当時は「なんで私のスコットと並んで写ってるのさ(`×´) 」
  なあんて思ってた。ごめん、ジュリー。

同じ曲を歌う
  タイガースがウォーカーズの「ダンス天国」をカヴァー。



ウォーカー・ブラザースなんて知らないという人のために。

「The Sun Aint Gonna Shine Anymore(太陽はもう輝かない)」を歌ってるレアな映像をどうぞ。







スポンサーサイト