FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 病気再発
2007年09月01日 (土) | 編集 |
■今年に入って、体の抵抗力がひどく低下しているのを感じる。
電車やバスの冷房で体調を崩したり、ロビーの冷房で急な膀胱炎を発症したり。
体が冷えるのが一番悪いのだが、今までだったらどうということのない温度変化にも耐えられないのだから情けない。
それだけ疲労がたまっているのだろう。

働けど働けど…じっと手を見る、のワーキングプア女将だワ(;-_-) =3 フゥ
もっとも、これを詠んだ当の石川啄木は、せっかく金を手にしてもすぐに遊びで浪費してしまう、性格に問題ありの人物だったけど。


■昨日はなぜか異様な寒気に襲われ、こりゃまずいなと思ってた。
案の定、今朝になって激しい腹痛。
土曜で忙しいし、もうお昼近いから病院は無理か…と、痛さで半ば朦朧としながら、つい市販の風邪薬を飲んでしまった。
幸い病院はギリギリで間に合ったが、腹痛はさらに増し、尿検査でトイレに入ったら、な、なんと血尿がヾ(;゜曲゜)ノ

さらに薬局では風邪薬とガチフロ錠は成分が重複するので、痙攣を生じるかもしれない。風邪薬の効果がなくなる6時間後までおあずけ!と制されて、そんな副作用は90%出ないワとぶーたれながらも、これだけ体力が落ちてるからなぁ~とうめきながら、ちゃんと6時間待ってようやく服薬。


■しかしながらどんなに痛みがあろうと、客室の準備などしなけりゃならない。ペットボトルのウーロン茶を熱くしてガブガブ飲み、体の保温と利尿を促す手に出た。薬をすぐに服用できない分、原始的な方法で体力の回復を図るしかない。

なんとかこの方法が功を奏して、客室準備完了。
あ~辛いわ~ε=( ̄。 ̄;A フゥ。

途中、布団を3枚敷くよう指示した部屋が2枚しか敷いてないのを発見。
思わず「バカヤローヾ(`◇´)ノ彡!!」と魂の叫びが。
いい加減な仕事してさっさと帰るな!(←客室掃除に対して)
ま、その後当日予約がいくつも入って、怒りは涙とため息に変化したが。
さらに追い討ちをかけるように、近くの宿の女将から「今月の行事、参加しますぅ?」との電話が入った。
都内のはとバス観光と屋形船での宴会だと。
そんな遊んでる暇なんかあるかい。しかもその日は、またまた義母のお泊り介護の日だし。
というわけで丁重にお断り。

■客室セットの時にテレビの調整で、ほんのちらっとNHKの「どんど晴れ」を見る。
いいなあ、あんなにたくさん仲居さんたちがいて。
うちの宿も昔は住み込みの仲居やら男衆(男性従業員)が大勢いて、女将は部屋のセットや客室案内、掃除などする必要もなかったと聞く。
今でもお客のスリッパにも触らない(触るの自体がイヤ)という女将がけっこういるというのには―最初は冗談かと思った―ビックリだ。

いつかナイト・フロントを雇いたいと願いつつ、果たしていつになることやら。


しかしそれにしても、よくこれだけ長く愚痴れたもんだと自分にもビックリ。
バカヤロー!! それはYOU、おまえ(ロキ)のことでもあるのさ。
…って、もう何言ってんだか。ヾ(≧▽≦)ノギャハハ。



    と、ついに雑菌が脳まで浸潤した私の妄言でした。





スポンサーサイト