FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 メディアは柏崎刈羽原発事故について正確に報道せよ
2007年07月17日 (火) | 編集 |



写真のキャプション:地震・柏崎刈羽原発、変圧器で火災
黒煙(中央)が上がる東京電力の柏崎刈羽原子力発電所。3号機の屋外に設置してある電源用変圧器で火災が発生した。放射能漏れなどはないという(16日午前=第9管区海上保安本部提供) 
【時事通信社】

CNNでも3号機周辺をさらに拡大した同じ写真を配信していた。
CNNのキャプション:Black smoke rises from a burning electrical transformer at the Kashiwazaki nuclear plant.


■3号機から立ち昇る黒煙の報道を最初にしたのはTBSテレビだった。民放より少し遅れた頃にNHKがヘリを飛ばし、上記の写真のような火災事故の現場がくっきり映し出された。
しかし黒煙がまだもくもく噴出している段階で、民放テレビ(これもTBSだったような記憶)が「原発施設内部でなく、屋外の電源用変圧器の家事。放射能漏れの心配はありません」と報じたので、この段階で断定しちゃっていいの?と思わず耳を疑った。

                 

■テレビでは原発施設の職員が初期消火をしていると言ってるものの、人影はなく、黒煙はさらに激しくなって、ついには炎まで上がってきた。
結局鎮火するまで2時間もかかったのだった。

ビックリしたのはフジテレビ。
各局とも地震災害の放送に切り替えてるのに、レギュラー番組の「笑っていいとも」をずっと垂れ流してるんだもんね。しかも水着コンテストみたいな内容を。

台風のときも、いや他の緊急事態のときもそうだった。
たとえミサイルが飛んできても、最後までお笑い番組を流し続けるんだろうね。


■午後2時頃の会見で、東電の広報担当者は「原因はわからない。調査中」と答えるだけだった。
加えて「放射能の心配はない」とも強調。

またテレビ画面に映し出された原発施設内の地面は波打ち、陥没した箇所もあって、東電は今後の再開の見通しは立っていないと語った。

                 


午後10時過ぎ、報道ステーションで「放射能を含む水が漏れたと東電が発表」と報じた。
しかし実際に東電がこの放射能漏れを認識したのは午後6時20分頃で、その後報道機関には「外部へは放射能の影響はない」とのファックスを送っていたという。

今回は使用済み燃料棒を保管するプールから管理区域外に、放射能を含んだ水が漏れたわけだが、なぜ漏れたかその理由は「不明」。あくまで微量なので「影響ない」と繰り返すのみだった。


                 

■この後、甘利明経済産業相は17日未明つまり真夜中に東電の勝俣社長を経済産業省に呼び出しお説教。
安全性を確認できるまで運転の再開を見合わせるよう指示した」。

なにカッコつけてんのやら_・)pgr
東電はすでに運転再開は不明と発表してるのに、あたかも自分つまり安倍内閣が指導力を発揮して命じたみたいなポーズをわざわざ取るって、どんだけ~!

イラクの場所も正しく指差せなかった無能大臣にいちいち指示されたくないワ!ってみんな腹の中では思っただろうね。




東京電力柏崎刈羽原発のHP

  「おたずねに答えてQ&A」のコーナーより

Q:大地震が起きても発電所は大丈夫ですか?

A:我が国は世界でも有数の地震国ですが、原子力発電所については次のような地震に係わる対策を実施しています。
 原子力発電所の地点選定にあたっては、活断層の存在などを詳細に調査し、活動可能性のある活断層を立地地点として回避しています。
 さらに、調査した敷地周辺の活断層、過去に起こった地震等を考慮して、直下型地震を含めて原子力発電所の敷地に最大の地震動を与えると考えられる地震を想定した上で、これに耐えられるような耐震設計を実施しています。
 これらに加え、
 (1) 全ての重要な建物、構築物を強固な岩盤に直接固定
 (2) 建築基準法の3倍の耐震性の確保
 (3) 地震時の揺れ方の大型コンピュータによる高精度解析に基づく、十分な裕度を持った安全性の確認
 (4) 発電所に設置した地震検知器が震度5以上の揺れを感知した場合に、原子炉を安全に自動停止させる仕組み
等の設計・運転上の対策を実施しています。
なお近隣で地震が発生した際には、発電所の運転状況について発電所ホームページで、皆さまにお知らせしています。






■今回の新潟県中越沖地震は3年前に起きた中越地震と同じ「逆断層型」だという。
そしてこれらの地震は「新潟―神戸ひずみ集中帯」で多発している。
左図は読売新聞のもの。

テレビではこの「ひずみ集中帯」は01年には解明されていたと報じていた。
ところが東電側はこの危険性を認識しておらず
「今回の揺れは設計上の想定を大幅に上回る。想定外だ」と言う。

実際には危険を知っていながら6年も放置していたのではないか。





■この責任は東電だけではない。
またぞろ社保庁に対するように東電の責任をあげつらう声が聞こえているが、東電とつるんで放置していた責任は政府にもある。
おまけに前回の大地震の教訓も生かすことなく、行政による民家への耐震工事推進も放置した結果がこの大被害につながったのだ。

安倍首相も選挙用のミエミエの避難住民無視のパフォーマンスをする前に、せめておにぎりやパンやテントをかき集めて新潟入りをするくらいの心配りをすべきだったよね。
って言うだけ無駄かC= (-。- ) フゥ。






スポンサーサイト