FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 「800円で辞任を要求するんですか!」と安倍ちゃん逆ギレ
2007年07月09日 (月) | 編集 |

■あきれる→→→Ah!キレる~ゥ

毎日毎日下手くそな茶番劇を見させられる我々国民は、もう爆発寸前である。

■またまた発覚した赤城農林水産相の事務所費問題で、あろうことか安倍首相が逆ギレした。




      8日の朝日新聞から一部抜粋

(前略) 

「光熱費は月に800円ですよ。800円で辞任を要求するんですか」

 8日。首相は用意した紙に目を落としながら、野党の党首たちに反論した。「月800円」は過去10年で最少の光熱水費だった05年の年9660円を月割りしたものだ。最多の99年なら、年約132万円に上る。

 首相はもともと、一連の番組出演を反転攻勢の機会にしたい考えだった。だが、赤城氏の問題発覚でまたも防戦に追われた。実家で後援会活動は行っていなかったという趣旨で赤城氏の両親が当初説明したことには「お父さんお母さんもご高齢なんでしょう」

 選挙戦の前線に立つ与党幹部はいらだちを隠さない。

 自民党幹部は7日夜、半ばあきれた調子で首相の任命責任を指摘した。「おれが首相だったら赤城氏を農水相に指名しなかった。(不祥事が)連載になりそうなぐらいに出てくる。情けない」

 与党にとって懸念はまだある。赤城氏の問題の舞台が、改正政治資金規正法の規制対象である「資金管理団体」でなく、「その他の政治団体」だった点だ。「ざる法だ」と反対した野党に対し、与党は「一歩前進」と主張してきた。公明党幹部は8日、こう苦しい胸の内を明かした。

 「自民党が困るから、妥協した法改正になった。『前進しました』と胸を張って言うような話ではない。やはり不十分だという点に焦点が当たってしまう」





■安倍や赤城の言ってる内容がまずでたらめだから弁解の余地などないが、仮にただの800円だとしても、これだけでも立派な辞任理由になるのだ。


外国の例を見てみよう。
これはゼミの教授の退官記念講義で教わったのだが、


1996年、スウェーデンのカールソン総理とモナサリン副総理が辞任した。その辞任の本当の理由は、なんと2000円のチョコレートを公用カードで買ったことがスキャンダルになったから。


これはほんの1例に過ぎない。
いかに日本の政治倫理基準がゆるいか一目瞭然ではないか。
国民も同様にもっと厳しい目で政治を監視しなければ、このズブズブの腐敗は自らの足元をも危険にさらすことになっていくだろう。






スポンサーサイト