FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 今なお安倍を支配する「背後霊・小泉」にご用心
2007年07月08日 (日) | 編集 |

■不祥事続きで求心力も支持率も下降の一途を辿るばかりの安倍内閣。そんな心もとない後輩のバックアップのため、小泉前首相が応援に乗り出した。
困ったときの「純ちゃん頼み」というわけだ。
写真は7日京都での演説風景。
未だに人気抜群で、応援要請が目白押しだとか。
会場の聴衆がさかんに携帯で写真を撮っている。
この天性の「お祭り」「パフォーマンス」男に、いったいいつまで浮かれてだまされ続けるつもりだろうか。




■さて新聞記事によると、この日小泉は「社会保険庁を民営化するなど、私も考えつかなかった」などと安倍を持ち上げ、なんと内閣支持率低下の原因について「自民党に抵抗勢力がいなくなったからだ。自民党が賛成することは改革ではないと思われてしまう。これは苦しい」と言ったそうだ。<8日の読売新聞より>


「まったくよく言うよ! 抵抗勢力を一掃したのはどこのどなた様だっけ?」とあきれ返ってしまう程の、ふざけた言い草ではないか。



■またこれも8日の<しんぶん赤旗>によると

(前略)小泉前首相は「日本は世界で最も格差のない社会です」「野党が『格差のない社会をつくる』と言っていますが、すっきり言えば努力した者も努力しない者も同じ結果を生む社会をつくろうと言うこと」などと述べ、小泉改革で広がったいまの「格差と貧困」の社会を「格差のない社会」と自画自賛しました。そして「企業が業績を上げるように頑張ってもらい、税収が上がらないと福祉対策も十分でなくなる」と相変わらずの大企業中心主義に終始しました。



■これから与党によるネガティブ・キャンペーンやマスコミを使った自画自賛&野党攻撃が次々と起きてくるだろうが、そうしたまやかしにだまされることなく、真の政権交代を目指して、今回の選挙でそれぞれが1票を正しく行使しようではないか。




下に、「雑談日記(徒然なるままに、。)」SOBAさんからお借りしたバナーを貼っておく。
   バナーをクリックするとSOBAさんのブログに飛びます。


          






スポンサーサイト