FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 新雇用政策
2006年07月28日 (金) | 編集 |



<キーワード> 経済格差 地方 ニート モス爺婆 自己責任 米軍再編 八月十五日      





NHKスペシャル『ワーキングプア』を私も観た!


働いても働いても豊かになれない…。どんなに頑張っても報われない…。今、日本では、「ワーキングプア」と呼ばれる“働く貧困層”が急激に拡大している。ワーキングプアとは、働いているのに生活保護水準以下の暮らししかできない人たちだ。生活保護水準以下で暮らす家庭は、日本の全世帯のおよそ10分の1。400万世帯とも、それ以上とも言われている。  NHKの番組解説より



■写真は秋田県仙北市角館町の仕立屋・鈴木さん。
最盛期には2人の従業員を雇って大忙しだったが、今は裾上げやサイズ直しの注文だけで、1回500円から1000円といった少額料金で糊口をしのいでいる。
1回の食事で使える金はたったの100円だ。
アルツハイマーで寝たきりの妻を抱え、老人医療費が倍になったらもう払えないと語る。
生活保護を受けるためには妻の葬式用に蓄えた100万円を取り崩さなければならず、それだけは譲れない。
現実の非情さに必死で抗っているような無言の横顔が胸を打つ。

■職を失い貯金もすべて使い果たし、路上生活を送る34歳の男性。
しかし求人の面接は住所不定という理由で断られてしまう。
妻を亡くし会社からもリストラされた父親は、2人の子供を抱えながら深夜に3つのバイトをかけもちする。
子供たちの大学進学の夢も叶うかどうかわからない。

■さまざまなケースの中で最も印象に残ったのが、古雑誌を拾い歩いている30代の青年だ。
学校の成績はよかったが、父が死に母も家を出て、結局今のような生活に入ったきり抜け出せないでいる。
もう夢は見ない、ただ目の前の現実だけと淡々と言う。
公園のベンチに一人座り、遊具で遊ぶ子供たちをながめ続ける彼。
その胸に去来する思いは、果たしてどんなものであろうか。





これでは少子化どころか「社会の再生産」すらおぼつかない


■無謀な戦争で他国を侵略し自国民にも多大な犠牲を強いながら、戦後はアメリカの庇護の下で再び他国を経済侵略し続け、自国の自然を破壊し、地域のつながりを断ち切り、固有の地名も文化も捨て去り、大多数の国民の生活を疲弊させて、今またアメリカの命令下、「戦争ができる美しい国へ」と舵取りをしている一握りのエスタブリッシュメントたち。

アメリカのワーキングプア層がイラク戦争に志願して行ったように、日本でも遠からず、こうした「働く貧困層」が出稼ぎの延長として、アメリカの戦争の「盾」の役を負わされることになるのだろうか。

■命の選別はすでに行われている。
天皇を頂点とするピラミッドの底辺は、現代の「新・賤民」としてのワーキングプアや路上生活者、そしてさまざまな棄民だ。
私たちもいつその仲間入りをするかわからない。
リストラや自然災害だけで、簡単に人生が破壊されるからだ。
自己責任が至上命題の国家は、転落した国民を救ってはくれない。

これは悪夢のシナリオか!
まさに『素晴らしい新世界』だ。

スポンサーサイト