FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 テポドン発射 その2
2006年07月05日 (水) | 編集 |

■朝日新聞より

米東部時間の4日午後6時半(日本時間5日午前7時半)過ぎに電話会見したハドリー大統領補佐官(国家安全保障担当)によると、3発目がテポドン2だったが、発射から約40秒で痕跡を絶ち、打ち上げ途中での失敗だった。1発目と4発目は短距離弾道ミサイル「スカッドC」で、2発目はスカッドか中距離弾道ミサイル「ノドン」のいずれか、5、6発目はノドンだった。




          


キムおぢさん「打ち上げ失敗? んなことないよ。寸止めできるよう液体燃料の量を加減したことくらい、あんたらネオコンさんは、よ~くご存知ざんしょ」

ふ~ん。

もしかして、これって米・北・日の秘密合同軍事演習だったりして!


アメリカ「日本の皆様 テポドンって怖いですねえ。北の脅威から身を守るために、各地域に1つずつ、ミサイル防衛システムを導入しましょう! お値段は○兆円で…」
スポンサーサイト




 北朝鮮、テポドン2号発射
2006年07月05日 (水) | 編集 |

■AFP通信によると、米政府高官は4日、北朝鮮が新型の長距離弾道ミサイル「テポドン2号」を含むミサイル6発を発射したことを確認した。テポドン2号は発射から1分後に失敗したと述べた。

またロイター通信によると、米国防総省高官は4日、北朝鮮が発射したミサイルのうち2発は短距離弾道ミサイル「スカッド」だと語った。



■朝からテレビは大騒ぎだが、大切なのはその騒ぎに乗せられないこと。落ち着いて状況を把握することだ。
たまたま昨日の晩「パックイン・ジャーナル」を観ていたら、その中で北朝鮮のミサイル発射準備に関して、注入した液体燃料がその後どうなったか報道がないが、そのことこそ大事だと言っていた。
つまり発射の可能性は大いにありうるのであって、その際はまず衛星の落下物だと発表するだろうと。

で、朝起きたら、それが現実になっていた。
まったくP・K・ディックの世界そのものだね。

日本では、すわ有事だと頭に血が上っているけれど、北朝鮮とアメリカは元々同じ穴のムジナだし、この事態をアメリカの世界戦略の一環と見なくてはならない。
米軍再編の一環ってこと。
だいたい北朝鮮がミサイル配備をした時から、これはアメリカの陰謀くさいなと感じていた。
いままでの歴史を見ても、どれほどたくさんのアメリカの裏介入があったことか。で、いつも日本人はコロッとだまされてしまう。

今目の前で起こっていることは、小泉政権5年間の集大成でもあるのだよ。


■朝急いで上記の文を書いて、その足で観光会館に行った。
9時から「おかみの会」のバザーがあるからだ。昨日は搬入と値付け。きょうと明日は販売で、私は古着販売の係になった。10時の開場と同時にドドドッと買い物客が押し寄せて、もうしっちゃかめっちゃかの大騒動で、ε-(ーдー)ハァ疲れた。
バーゲンだのバザーだの安売りだの、中高年女性のパワフルな探しっぷり買いっぷりには脱帽ですワ。列に並ぶことさえ苦痛な私にはとうてい真似できない。昔は売ることもダメダメだったけど、子供会の役員になった時に盆踊り会場で駄菓子を売って、その面白さにちょっと目覚めたのだ。食べ物関係の売り場がやっぱり一番楽しいので、きょうも暇があると他の売り場に出張ったり、ゴミの片付けなどをやっていた。
私の好きなリリーさん(故郷での元PTA副会長)とまた一緒に、こうしたバザーができたらどんなにうれしいだろう…と、ちょっとホームシックになったりしたのだった。


■午後家(旅館)に戻ったら、さらにテレビが騒がしい。当たり前か。
ここぞとばかりに仮想敵の脅威をあおって、国民を騙すのに大わらわだ。こんなふうにして戦時体制に組み込まれていくのだな。
ヘンリー・オーツ氏が事の本質を的確に表現した画像をアップしていらっしゃるので、それをお借りして下に貼っておく。

テポドンの正体とは?

あべちゃんがもっとも怖れるこの関係を世間にばんばん広めましょう!
クリックすると「北朝鮮のミサイルの脅威を悪用してロックフェラーの丸儲けMD計画」に飛びます!




で、soba氏(クエスチョン氏)のバナーもお借りして貼っておく。
みんな、悪人どもに騙されないでね!