FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 捕鯨支持国1票差で勝つ!
2006年06月19日 (月) | 編集 |
■遅い夕食を取っていたら、TVニュースが上のように報じていた。

☆(*^o^)乂(^-^*)☆ ヤッタネ!!

サッカーの試合はさんざんだが、久しぶりにうれしい話題だ。
朝日新聞によると、

   日本など捕鯨支持国提案の正常化宣言、IWCで採択

 セントクリストファー・ネビスのフリゲートベイで開催中の国際捕鯨委員会(IWC)総会は18日、日本など捕鯨支持国が提案したIWCの正常化を求める宣言を賛成33、反対32(棄権1)で採択した。捕鯨支持国が重要な決議案などの採決で過半数を制したのは、商業捕鯨の一時停止が決まった1982年以来、初めて。ただ、反捕鯨国から宣言の受け入れを事実上拒否する方針が示されるなど、双方の溝の深さも浮き彫りとなった。(時事)



商業捕鯨の再開には4分の3の賛成が必要だが、それでも最初の1歩を踏み出せた感がある。
クジラは日本の伝統的な食文化だからね。単に油を取る目的でちょっと前まで大量捕獲していたアメリカとは訳が違う。
実は入社試験の小論文でも、私しゃこの捕鯨問題について書いたことがあるのだ。特にクジラには深い思い入れはないのだが、他国の食文化へのいらぬ介入と、捕鯨反対の非科学的で感情的な理由が許せないからである。
ちなみに昨日のブログに書いた小泉武夫教授は「クジラ食文化を守る会」の会長で、取材当日もラップに包んだご飯(どんぶりに入れて電子レンジでチンする)と納豆、それにクジラのペッパーステーキをお弁当として持参していた。
教授曰く「(納豆とクジラのおかげで)顔はピカピカ、喧嘩もバンバンですよ」
スポンサーサイト