FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 ドラえもんと監視社会
2006年06月11日 (日) | 編集 |

■何も小難しい本を読まなくても、子供向けのマンガからだって、この世の矛盾について学ぶことは十分可能だ。
毎年恒例のドラえもん映画ももうずいぶんの巻数になったが、劇場版映画としては第6話の『ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトル・スター・ウォーズ)』(1985年上映)は、特に印象に残っているものの1つである。

森の中でドラえもんたちは小さなロケットを発見する。そのロケットに乗っていたのは手のひらサイズの小さな宇宙人パピで、彼はピリカ星の大統領だった。そこにパピを追って反乱軍のギルモア将軍率いるミニ宇宙戦艦が襲ってきて…と、ようするに当時人気のスター・ウォーズのパロディー版なのだが、舞台がピリカ星に移ると、そこは独裁国家というか超監視社会だったのだ。
街中に貼り巡らされたギルモア将軍のポスターの目が全部監視カメラになっていて、パピを救出しようとするドラ一行は苦戦する。最後は監視・密告社会の重圧にあえいでいた市民たちが立ち上がり、独裁者を倒してパピ大統領が勝利するのだが、85年の時点で観た時はいささかワンパターンでアナクロがかってるなくらいに感じていた。

ところが21世紀に入ってからますます時代は逆行して、科学文明が発達したいわゆる未来社会としてのピリカ星に似た社会情勢になってきたではないか。手塚治虫テイストを引き継いだ藤子Fのドラえもんワールドは、マンガといえどもなかなかあなどれないのだ。

共謀罪だ、監視社会だ、右傾化だといったフレーズだけで敬遠してしまう若い世代はまだまだ多いと思う。そんな時は安心して子供と一緒に観られるアニメはいかがだろう。ドラえもんなら誰もが素直に受け入れられる。
幼い心に刻まれた監視社会の不条理さは、必ずそうした不条理を打ち破る力となって未来に甦るに違いない。
スポンサーサイト