FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 格差―それは新しい階級社会
2006年06月04日 (日) | 編集 |

■いつもながらテレビの視聴は飛び飛びという状態だが、昨夜はフジテレビの「世界がもし100人の村だったら4」の一部を観た。ようやく9時過ぎに夕食にありつき(宴会の準備をしていたので)、食事をしながら、ガーナのカカオ農園で過酷な労働をする幼い兄弟の映像を眺めていた。ところが番組のスタジオには安倍官房長官が特別ゲストとして出演し、そのフィルムを涙ながらに観るという演出がされたので、すっかり鼻白んでしまった。どうせなら北朝鮮の物乞いする子供たちのフィルムでも流せばよかったのに。


■というのも、5月31日の日刊ゲンダイに安倍がオフレコで漏らした「格差社会は朝日がつくった争点」という記事が載っていたからだ。
この記事によると、安倍官房長官は30日の「再チャレンジ推進会議」ので、「格差とかアジア外交とかは、もともと朝日新聞がつくり出した争点。格差なんていつの時代でもある」と言い放ったそうだ。
確か、格差是正は9月の総裁選での目玉だったんでは? 貧しい兄弟の映像で涙を流そうと、こうした貧困をなくさなければならないと優等生的にコメントしようと、本音はまるっとお見通しだっ!(昔の「トリック」のセリフ風に)

■写真の本は、斎藤貴男氏の『機会不平等』。
競争社会がもたらした格差がこのまま拡大すれば、日本にも新しい階級社会が出現してしまう。

不本意ながら夜中になってしまったので、続きはまた明日にでも。
スポンサーサイト