FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 ここにも地域格差が
2006年05月30日 (火) | 編集 |
■母が膝の手術で入院したので午後から久しぶりに実家に戻った。
これは娘のPCから書き込んでいる。
距離的にはそう遠くないのだが、2時過ぎの東海道線に乗り、家に着いたのはすでに夕方の5時。親の入院の時にしかこうして帰れないのが悲しい。

東京駅に近づくにつれて気分が軽くなる。取材のたびに都内へは来るのだが、錦糸町より東に戻れることはめったにない。最寄り駅に降りて、思わず深呼吸をした。都会のよどんだ大気も、今の私にはかえって癒し効果になる。そう、この活気、この喧噪。

人の流れの中に混じって、勝手知ったパルコに入る。ここしばらく手に入らなかった品々がまばゆいばかりの輝きを放って並んでいる。本も服もアクセサリーも食料品も、欲しいものは何でもすぐに手に入る便利さ。マンガ喫茶もスタバも映画館もグルメ街も24時間の大型スーパーも自宅から徒歩5~10分圏内に並んでいる。


■今まで当たり前のように享受していたこうした利便性が、今は改めて新鮮な驚きとなって迫ってくる。半分眠ったような静かな湯河原の町中と違って、久々に訪れた実家の町並みは、特に閉まった店もなく、反対にきれいにリニューアルされたり新しい店が増えて、ますます活気と賑わいを見せている。人だけでなく、地域もまた勝ち組負け組と(この言葉は嫌いだが)格差が開いてしまったのか。富や情報の一局集中の現実を、2つの故郷を通じ皮肉な形で見た思いがした。



本日のおすすめ本



左:『ルポ改憲潮流』 斎藤貴男   岩波新書
右:『憲法とは何か』 長谷部恭男  岩波新書  






スポンサーサイト