FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 とりあえず民主党
2006年04月05日 (水) | 編集 |

■民主党代表選で珍しく小沢氏が戦闘モードに入ったという。今朝のスパモニで鳥越氏が「民主党には“旗”がない」と言っていた。旗とは理念のことね。たとえば新選組の「誠」の旗みたいな。
そもそもが民主党にはこれといった共通理念や政治的方向性がなく、あくまで選挙のために、とりあえず民主党から出馬しようって連中が集まってできた党なのだ。友人と飲みにいって、最初は「とりあえずビール」っていうのと同じ。中華ファミレスのバーミヤンのメニューに「とりあえず三種盛り」という前菜がある。叉焼と味付けタマゴとメンマがなんの脈絡もなく盛られていて、まさしく民主党を体現しているような一品なのだ。

■toxandoria さんのご指導で、フランスの「アソシエーション法」について知ることができた。
感謝です!
アソシエーションとは日本のNPO法人に当たるフランスの市民団体のことで、その数は800万近くもあるそうだ。実をいうと私も以前同人サークルを運営していて、ちゃんと規約を作って公的機関に登録したので、社会教育団体の認定を受けていたのだ。当時はNPOがぼちぼちできていた頃で、そのうち登録をと考えていたやさきに湯河原に来ざるを得ない羽目になって、結局サークルは解散した。
これ以外でも医療の患者同士の全国組織を作り、テレビや雑誌などでも取り上げられたが、これこそ今であればNPO法人にするべきだった。当時は財団法人化を勧められたが、億の金が必要なので、当然ながら無視(^^;; あとはいろいろな各種グループを作って、シンポジウムや学習会などを開催したりしていた。日本でもたいていの女性が、こうしたグループやサークルに所属しているのではないだろうか。
3年ほど前に取材した、いわゆる託老所(グループホーム)もNPO法人だった。ことに福祉関係に多い。四国の知り合いも野良猫救助のNPO法人を立ち上げる目標を持っている。
ボランティアでは立場もあいまいで金銭的な負担も多いけれど、フランスのように給与をもらって働くアソシエーションの方式が日本でも広まれば、介護や幼児の養育にも広く主婦などが進出できて、女性同士の雇用の促進にも役立つのではないだろうか。 
スポンサーサイト