FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 大量破壊兵器の情報は誤りだった
2005年12月17日 (土) | 編集 |

■12月14日、イラク戦争に関する4度目の政策演説で、ブッシュ大統領は「大量破壊兵器についての情報の多くが誤りだったのは本当だ」「大統領としてイラク戦争開戦の決断をした責任がある」と認めた。その反面、相変わらずフセイン政権打倒は正しい判断だったと強調するのも忘れなかったわけだが、このブッシュ発言にもかかわらず、いまだに大量破壊兵器情報の誤りを認めない国は、とうとう日本だけになってしまった。それがいかに危うい立場に日本を追い込むことになるのか、知るや知らずや、コイズミ首相はセグウェイなぞに乗ってご満悦だ。あんたはバカ殿か大道芸人か。映画「ラストエンペラー」に出てくる、少年時代のわがままな溥儀と彼に振り回される側近たちの姿がダブって見えた。


■そのイラクは、ついに市民の犠牲者が3万人を超えたという。イラク戦争が始まってから、フォト・ジャーナリストたちの集会などに行ったり自分なりの反戦意思を表してきたが、日々の報道を見聞きするうち、哀しいことに戦死者の数字に関する反応も次第に鈍感になってきてしまった。これではいけないと思い、目に見える形で数字を描いてみようと思い立った。その数字もだんだん増えて、1万人を超えたところで止めてしまったが、今回改めて3万人まで追加した次第である。大量破壊兵器はなかったとブッシュは言う。では何のために彼らは死ななければならなかったのか。そんな彼らの死をどう悼んだらいいというのか。

   イラク戦争死者数
http://tekcat.cool.ne.jp/iraqsisya.html


スポンサーサイト