激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 この夏は時代劇で乗り切るか
2007年07月20日 (金) | 編集 |




■相も変らぬ隠蔽と放言の日々(ノ_-;)ハア~ッ。

東電柏崎刈羽原発からはなおもボロボロ不備が見つかるし、塩崎官房長官にも「事務所費」疑惑が持ち上がり、さらに麻生外相またまた失言。「アルツハイマーの人でも分かる」とやらかした。

このままでは、ほんとに「そして誰もいなくなった」になってしまう。
シャレにならないワ。


■長い間晴れ間ものぞかない、この閉塞感いっぱいの夏の日は、せめて麗しい時代劇でも観てスッキリシャッキリするっきゃない。

まず昨日から、NHK「木曜時代劇」の「居眠り磐音江戸双紙 陽炎ノ辻」が始まった。
山本耕史の久々の主演ドラマである。
昨日はちょうど義母のお泊り介護の日でもあり、大のキムタクファンの義母のためずっとキムタクやSMAP関連のDVDや録画を流していたので、ようやくさっき「陽炎ノ辻」の録画をかいつまんでチョイ見した。
おっと出演者に左右田一平の名を発見。弥七役とある。
もう1度ゆっくり見直さなきゃ。


山本耕史といえば、今月末からようやく「さんかくはぁと」の再放送が実現するわけで、こっちもとても楽しみ(左の写真)。
女の子に突然変身する―大林宣彦映画の「転校生」か!5月に成城学園の事務所に取材に行ったよ、と突っ込む―コージ君が可愛すぎ。


「陽炎の辻」の原作は佐伯泰英。本も読んだけど、プロローグから親友と斬り合いになって脱藩するなど内容が悲惨すぎ。
で江戸の下町の長屋に落ち着くわけだが、この話に限らず江戸ものはたいてい下町が舞台になるので、下町に親戚ごろごろ、私自身も両国に住んでいたせいで、懐かしい思い出にたっぷりひたることができる。
今頃は横丁の道路に縁台を置いて、隅田川の花火、9月1日には震災記念の縁日で道路の両側にずらっとどこまでもいろんな屋台が出て…。確かに見知らぬ者にも気軽に声をかけてくれる人情はたっぷりあったなあ。



■そして時代劇専門チャンネルでは、なんと「栗塚旭まつり」が!


今放映中なのが「天を斬る」
これは「用心棒シリーズ」の初のカラー作品で、しかも体制側の役を演じるってんで栗さんも戸惑ったとか。
写真左から江戸講武所頭取・牟礼重蔵の栗塚旭
京都西町奉行所与力・権田半兵衛の左右田一平
京都東町奉行所与力・桜井四郎の島田順司


自慢じゃないけど「用心棒シリーズ」から「燃えよ剣」まで全部リアルタイムで観てた私、ずいぶんませた子どもだった(^^;;


これは「用心棒」の野良犬の旦那こと栗塚旭。

栗さんといえば土方歳三。
新しい土方役者なら山本耕史。

どっちも美味しすぎ~(T▽T)






スポンサーサイト

 旭に酔う
2005年10月01日 (土) | 編集 |

京都・壬生在住のZ氏より素敵なお酒を頂戴した。
氏が芦原温泉へ行かれた折、「近藤酒店」で購入した日本酒である。
な、なんとラベルが「栗塚旭」ではないか!
私のために特別に作っていただいたラベルだそうだ。
栗塚旭といえば、そう新選組の土方歳三。去年の大河では歳三の兄・為次郎を重厚に演じたので、ご存知の方も多いだろう。
現在は話題の映画『二人日和(ふたりびより)』(原題:『Turn over 天使は自転車に乗って』)に出演。
栗塚さんのプロフィールを、『二人日和』の公式サイトより転記しよう。

栗塚旭(くりづかあさひ)
本名:栗塚 旭
出身地:北海道札幌市
1965年 テレビ時代劇シリーズ『新選組血風録』
【原作:司馬遼太郎 脚本:結束信二 監督:河野寿一 NET(現テレビ朝日)】の土方歳三役で一世を風靡する。

経歴及び出演作品等
15歳の時、兄を頼って京都へ
1958年 毛利菊枝の主宰する劇団「くるみ座」に入団
『新選組血風録』以後、シリーズ『俺は用心棒』(1967年)『燃えよ剣』(1970年)で更に人気沸騰、一躍スターダムに。
テレビシリーズでは、他に『われら九人の戦鬼』 『風』 『帰ってきた用心棒』 『新・俺は用心棒』 『天を斬る』など。映画『燃えよ剣』(1966年 松竹)でも土方歳三を演じ、土方歳三=栗塚旭のイメージを不動のものとする。
私生活では、72年京都「哲学の道」若王子の自宅に、茶房「若王子」を開き、兄嫁と運営してきたが、2年ほど前に兄嫁が逝き、今は、選んだ仕事だけをする、気ままな一人暮らし。
2004年 NHK大河ドラマ『新選組』で、歳三の長兄・盲目の土方為次郎役で出演、往年のフアンを喜ばせた。「近藤さん、世の中に新しい風が吹き始めていますよ」の台詞は、脚本家三谷幸喜から栗塚旭へのオマージュに違いない!と評判になってる。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。