激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 秋の言い訳  ありゃ9月…になりぬねのヽ(´Д`;)ノ  
2017年09月01日 (金) | 編集 |











スポンサーサイト

 侵入者ヒアリ、ついに東京にも100匹
2017年07月08日 (土) | 編集 |

 日本にもとうとう、恐怖の「ヒアリ」が上陸した。
体はごくごく小さいが、ハチのように人をも刺す。
刺されると激痛が走り、アナフィラキシー・ショックで死に至るケースもある
恐ろしい侵略者だ。






     NHK 7月7日
       http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170707/k10011049361000.html

          新たに100匹以上のヒアリ確認 東京 品川

東京・品川区の大井ふ頭で、コンテナから強い毒を持つ南米原産の「ヒアリ」が見つかったことを受け、7日、東京都と環境省は合同でふ頭でヒアリがいないか調査した結果、同じコンテナから100匹以上のヒアリが新たに確認されました。

今月3日、大井ふ頭で業者がコンテナの点検作業中にアリ1匹を発見し、専門機関が分析したところ、6日にこのアリが「ヒアリ」と確認されました。
これを受けて、東京都と環境省は合同でほかにもヒアリがいないか、ふ頭やその周辺を緊急に調査しました。その結果、都や環境省によりますと、ヒアリが見つかった同じコンテナ内部のベニヤ板の上から、100匹以上のヒアリが新たに見つかったということです。
このため、見つかったヒアリについてはすべて殺虫剤で駆除するとともに、コンテナの中にベイト剤と呼ばれる毒を含んだ餌やわなを設置したということです。
コンテナは中国の港を出た貨物船に積み込まれ、香港で別の貨物船に積み替えられて大井ふ頭に運び込まれたことがわかっていて、都などはコンテナにヒアリが紛れ込んだ経緯を調べています。





 幼児の頃からアリやダンゴムシ、トカゲといった小動物を愛でていた
私は、もちろんこのヒアリのことも知識として知っていて、もう20年近く
前になるが、擬人化したヒアリを主人公にした小説の構想を考えていた。
そのうちにちゃんと書こうと思いつつ、すっかり忘れてしまっていたが
今回の騒動で、昔作った、小説用の表紙などを引っ張り出してみた(;´Д`)
Invictaというのは無敵、とか敗れざるものとかいう意味だ。
しかし、こんなにも急激にヒアリの話題が広がってしまったので、小説の
方もお蔵入りだわね(;д;)







表紙





プロローグ

ヒアリという名の美女と出会い、恋に落ちた主人公は
やがて彼女の恐ろしい一面を見てしまう。
ヒアリとは誰か? 地上を破壊し人類の未来を阻む
恐ろしい征服者なのか?





 私の手持ちの本の「ヒアリ」の項に、こんな記述がある。





 2007年8月に沖縄県で開催された「国際ヒアリ対策シンポジウム」で、アメリカや台湾での深刻なヒアリ被害について、現地の研究者が報告とその対策に関する講演を行った。その中で、アメリカ農水省のヒアリ対策チームの専門家は、日本が取るべきヒアリ増加の対策として、「Nothing!」と述べていた。要するに「入られたらおしまい!」ということだ。







 沼津港深海水族館
2017年06月21日 (水) | 編集 |

 月に一度の休みは、なぜか天気の悪い日が多い
本日は悪天候も悪天候、前がよく見えないくらいの土砂降りで(昨日は晴れ、
で明日も晴れだって💢)、室内で過ごせるところということで、以前も行った
ことのある、沼津港深海水族館を再び訪れることにした。

傘も壊れそうなくらいの強風と豪雨で、足元も川の流れのようになっている
中、沼津港市場の中で朝食をとることに。






あじの干物定食 600円。
小鉢の釜揚げしらすが美味。





壁が、とっても香ばしいことに(-∀-)





ここが深海水族館。
子どもの頃、魚介図鑑の深海魚のページが好きで
夜寝そべりながら、フクロウナギだのチョウチンアンコウ、
アカナマダだのといった不気味な魚の絵を見ながら
潜水艦で深海を旅する空想をふくらませていたものだ。
最近は深海ブームで、テレビでも不思議な深海生物を
目にする機会も増えてきた。だけど熱水噴出孔(チムニー)
の周囲でうじゃうじゃしている赤や白のチューブワーム
(ハオリムシ)は、昔から大の苦手。
見るだけで、頭の中がかゆくなってしまうからだ。
なぜか、チューブワーム・アレルギーの私(。-_-。)





お気に入りのチンアナゴ。
チンという名は、犬のチンに顔が似てるからつけられたもの。
手塚治虫の『火の鳥』の中に描かれた異世界に
このチンアナゴに似た奇妙な習性の生き物が出てくる。





これも好きなイロカエルアンコウ。
昔はイザリウオと呼ばれていたが、イザリというのは
差別語でよろしくないと、最近カエルアンコウという
名称に変更された。海底を這いながら、頭の上についた
疑似餌で他の魚を誘って食べる。





ダーリアイソギンチャク。
名前の由来は、花のダリアに似ているから。
水流に乗って、転がるように移動する。





ヤマトトックリウミグモ。
カニやエビに近い節足動物で、
ほとんど胴体部分がない皆脚類。
足の中にも消化器官などが入り込んでいる。

お目当てのメンダコは死んでしまったらしく
水槽には他の魚(サケビクニン?)が泳いでいた。
残念(;д;)





この水族館独自の、冷凍保存された2体のシーラカンスの展示。
シーラカンスは他の生物と違って背骨を持たず
脊柱(空っぽの骨)を持つ独特の体の構造をしている。





透明骨格標本。こういうの好き。
新江ノ島水族館にもあった。





これも最近人気のダイオウグソクムシ。裏側。
別名・海のダンゴムシ。下側に遊泳脚が見える。
幼少の頃、陸のダンゴムシをコロコロ丸めて
遊ぶのが日課だった(;^_^A





横側。





はい、こんにちは。





ミツクリザメ(ゴブリンシャーク)。
長い吻(くちばし)を持った深海ザメで
この吻で獲物のありかを探知し、
獲物を食べるときに、下顎がググッと大きく飛び出る。





これも生きた化石の一つである古代ザメ、ラブカ。
別名・ウナギザメ。駿河湾の深海に生息している。
外に飛び出した、フリル状の赤いえらが特徴。
伊豆の戸田(へだ)にある戸田造船郷土資料博物館に
併設されている駿河湾深海生物館でも、ラブカをはじめ
たくさんの珍しい深海魚の剥製を見ることができるよ。






 焼肉pada ぱだ
2017年06月20日 (火) | 編集 |

 うちの新しいテナントの焼肉店がオープンしたので、お祝いを兼ねて
行ってみた。





炭火焼きで、こんなかんじ。
「とりあえず生ビール」の向こう側は、たくろー氏。





ねぎタン塩 1400円。
他にサンチュ 500円と
にんにく焼き(値段忘れた)を注文。





カルビ 980円。





焼いてるところ。





野菜焼き(これも値段メモ忘れ) (^^;
タケノコがおいしい。





ロース 980円。
カルビもロースも、上を頼まなくても十分美味。





カルビクッパ 980円?
そんなに辛くなくて上品なお味。





私のシメは、毎回クッパ (;´д`)
メニューの写メを撮り忘れたので
今回は値段がうろ覚えになってしまった。
外食すると、いつもたくろー氏のビール代で
けっこうな値段に跳ね上がるのだワ







 母の日  地球上のすべての生き物のママたちに
2017年05月14日 (日) | 編集 |















 激動の2017年の幕開きです
2017年01月01日 (日) | 編集 |









 メリークリスマス!
2016年12月25日 (日) | 編集 |











 蜷川群集劇「1万人のゴールド・シアター」が埼玉で開演
2016年12月08日 (木) | 編集 |

 前々から話題になっていた大迫力の群集劇が、さいたまアリーナで開催され、
なんと私の親友ヘキサどの(まくず改め)も、この中の一人として出演したのだ。
私もその昔、イェイツの戯曲をアレンジしたシナリオを書いたことがあったが
劇はたしかに面白いよね。私自身は、演じるより演出の方が好きだけど。






12月8日の東京新聞より。



 埼玉新聞 12月8日
http://www.saitama-np.co.jp/news/2016/12/08/05.html

1万人のゴールド・シアター、シニアが熱演 
蜷川さん群集劇に大拍手


 5月に亡くなった世界的演出家の蜷川幸雄さん(享年80歳)=川口市出身=が企画し、一般公募の高齢者が出演する群集劇「1万人のゴールド・シアター2016『金色交響曲~わたしのゆめ、きみのゆめ』」が7日、さいたまスーパーアリーナで開かれた。60歳以上の約1600人が出演する迫力の大群集劇に、約8千人の観客から大きな拍手が送られた。

 県と県芸術文化振興財団の主催で、2020年の東京五輪に向けて隔年で開催し、同年には1万人規模の出演を目指す壮大なプロジェクト。「高齢者にもっと外に出て輝いてほしい」と蜷川さんが発案。亡くなった蜷川さんの遺志を継いでノゾエ征爾さん(41)が演出・脚本を手掛けた。

 劇のテーマは「老人の夢」。巨大高齢者施設のシーンで幕開けした。アリーナ中央に設置された広さ約4千平方メートルの長方形の舞台。「海外旅行に行きたい」「若く楽しく過ごしたい」と一人一人が夢を語り、シェークスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」を下敷きにして物語は展開。数百人のジュリエット役は白い衣装、ロミオ役は黒い衣装に身を包み、時には笑いを交えながら約2時間にわたり、熱演を繰り広げた。

 公演後、ステージで出演者の解散式が行われた。式の最後に「蜷川さん、ありがとうございました」と全員が天を仰ぎ、長い拍手を送っていた。







 ポケモンGOも地方格差?
2016年11月10日 (木) | 編集 |

 スマホゲームの「ポケモンGO」が日本に上陸してから、レアものを求めて
一定の場所に多くの人が殺到したり、マナー違反で死傷者が出たりと大きな
社会現象になった。
単純なゲームで好きな時間や場所で遊べるとあって、今では中高年世代中心
の暇つぶしゲームとして人気を博しているが、それでもポケストップやジムの
数は圧倒的に都会や、地方都市なら駅中心に偏っていて、先月伊豆半島に
行く機会があったのだが、途中の街中を過ぎるとまったくポケストップがない
状態で、これでは観光とか経済格差がますます開いてしまうよな…と嘆息した
次第である。









私はもともと昆虫・植物採集とか鉱物収集が好きなので
ごく身近に出るモンスターをちびちび集めているだけ (^^;





左:10キロ歩いて肩乗りになったピカチュウ。
右:しっぽの先に火がついているヒトカゲ。





昔からゲーマーのたくろー氏は犬のダイの散歩のときに
周辺のジムで戦っては勝っている (´Д`;)







 SMAPへのメッセージ広告
2016年11月07日 (月) | 編集 |

 SMAPといえば、亡くなった義母が木村拓哉の大ファンで
ドラマのDVDやCDがわんさと残っている
そのSMAPが解散と、もし生前の義母が聞いたら、さぞかし
残念がったに違いない。
で、彼らのファンたちが11月1日にいっせいにメッセージ広告を
載せたという。






11月5日の東京新聞より。
個人ファンによる広告掲載なら、
可愛げがあって別にかまわないけど
少し前のNHKの夜7時のニュースをたまたま見たら
なんと一番最初のニュースがSMAP特集で
これにはビックラこいた
TPPや沖縄高江、天皇の生前退位の
ニュースの方がまず先だろーが!





1日の東京新聞を広げてみたら
あ、ほんとだ。ヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ






どさくさにまぎれて、ヤマコーのお誕生日の伝言も
しかし、行頭に「、」や「。」を持ってきちゃイカンがね。